会社概要

COMPANY PROFILE

広島テレビ開局60周年
採用情報
みんなでSDGs
エキキタ,広テレ!

プレスリリース

5Gを活用した「遠隔バスケットボール教室」プロジェクト 「ひろしまサンドボックス PITCH TRIAL 5Gチャレンジ」に採択

2020年8月7日
株式会社広島ドラゴンフライズ
株式会社エネルギア・コミュニケーションズ
広島テレビ放送株式会社

 

広島テレビ放送株式会社(広島市東区、代表取締役社長:佐野 讓顯、以下 広島テレビ)が、株式会社広島ドラゴンフライズ(広島市西区、代表取締役社長:浦 伸嘉、以下 広島ドラゴンフライズ)、株式会社エネルギア・コミュニケーションズ(広島市中区、取締役社長:渡部 伸夫、以下 エネコム)と共同で提案した「遠隔バスケットボール教室」プロジェクトが、AI・IoT等実証プラットフォーム「ひろしまサンドボックス」において、株式会社NTTドコモが提供するアセット「5G」を活用して広島発の新たなソリューションを創出する「ひろしまサンドボックス PITCH TRIAL 5Gチャレンジ」に採択されました。

「ひろしまサンドボックス PITCH TRIAL 5Gチャレンジ」の概要

「ひろしまサンドボックス」は、最新のテクノロジーを活用し、企業の新たな付加価値の創出や生産効率化にむけて取り組めるよう2018年度に広島県が構築したAI・IoT等の実証プラットフォームです。文字通り、何度でもトライできる "砂場" のように、技術・ノウハウを保有する県内外の企業や人材が共に試行錯誤できるオープンな実証実験の場です。中でも、PITCH TRIAL は「ひろしまサンドボックス」のサポートメニューの一つとして、5Gをはじめとする先進技術を活用し、広島が地域として抱える課題の解決や広島発ソリューションの創出を目指し、広島の産業振興に役立てようという実証プロジェクトです。

「遠隔バスケットボール教室」の概要

5GとMEC(モバイルエッジコンピューティング)技術を活用した低遅延映像伝送により、通信時差をほぼ感じることなく、遠隔でプロバスケットボールチームの指導を受けることが出来ます。また、VRコンテンツによるプレイイメージ体感など最新の技術を活用し、指導を支援していく仕組みや、ライブ配信技術の活用によって保護者が家にいながらスクールの見学ができるほか、受講者の復習にも利用できる環境を提供します。

「遠隔バスケットボール教室」の実施場所

広島テレビホール、NTTドコモ大手町ビル

「遠隔バスケットボール教室」の実施時期

2020年度 秋〜冬を予定

リリースに関するお問い合わせ先

広島テレビ放送株式会社
編成局 広報宣伝部 渡辺
TEL:082-207-0409 MAIL:senden@htv.jp

株式会社エネルギア・コミュニケーションズ
事業創造部 小田・土江
TEL:050-8201-1831 FAX:082-548-8871

株式会社広島ドラゴンフライズ
TEL:082-270-3007 FAX:082-270-3017

戻る