広テレ!

プレスリリース

カープ戦高視聴率
個人視聴率で広島地区初の20%超え!

2020年6月25日
広島テレビ放送株式会社

待ちに待ったプロ野球が19日開幕し、連日テレビを通じて熱戦の模様が届けられています。
昨日の巨人VS広島戦は、広島東洋カープが巨人の開幕連勝ダッシュを阻止する快勝を納め、
広島地区では初の個人視聴率20%超えを達成しました。

視聴率

6月24日(水) 
DRAMATIC BASEBALL2020・
巨人×広島

18:15〜19:00 個人
10.0%
占拠率
35.1%
  世帯
19.9%
19:00〜20:54 個人
20.2%
占拠率
51.3%
  世帯
36.0%
【毎分最高】 個人
25.5%
※7回表メヒアのチャンス
  世帯
43.7%
※試合終了間際

※視聴率はビデオリサーチ調べ

分析

広島地区では、今年4月期(3月30日〜)から個人視聴率の計測がスタートしました。
個人視聴率は、個人がどのくらい見ているのかを表す指標で、性別や年代の視聴動向も把握することにより正確な視聴状況を把握できるものです。個人視聴率20%超えは広島地区では初の大台です。また、占拠率51.3%は、テレビをつけていた人の半数以上にカープ戦中継を見ていただいたことになります。

個人では、コアターゲット(13〜49歳)も10.7%と二けたを獲得しました。
幅広い年代でカープの熱戦を見守ったことがうかがえ、カープに対する県民の思いが視聴率に表れていると再認識しています。

お問い合わせ先

広島テレビ 編成局 広報宣伝部(渡辺)
TEL:082-207-0409 FAX:082-567-8621
E-mail:senden@htv.jp

プレスリリース