会社概要

COMPANY PROFILE

広島テレビ開局60周年
採用情報
みんなでSDGs
エキキタ,広テレ!

広島テレビ 放送番組審議会

第606回 広島テレビ放送株式会社 放送番組審議会(報告)

開催日

2022年4月20日(水)

場所

10階役員会議室

出席委員

鶴 衛委員長 以下9人

社側出席

佐野 会長 以下9人

議事概要
  1. 4月から新年度となり、新任委員紹介と正副委員長の互選を行いました。
  2. 2021年10月~2022年3月までの「放送番組の種別」の報告を行いました。
  3. 2022年3月21日(月)14:55~17:53放送の『広島テレビ開局60年記念特別番組 Carp Legend Game』を審議しました。

▽制作担当者から

  • 2022年に開局60年を迎えるが、周年の企画会議でカープのOB野球の企画が上がった。
  • マツダスタジアムで「レジェンドゲーム」と銘打って試合を行い、その模様を生放送した。
  • カープOB会、中国新聞、広島東洋カープを始め、様々な団体の協力があり実施できた。
  • コロナ禍であり、観客は定員のおよそ半数の15000人とした。売れ行きを心配したが、発売後40分で完売した。カープ人気に改めて驚いた。
  • OB会には全面的に協力を頂いた。声がけした選手はほぼ全員(35名)参加して頂いた。
  • 県外のカープファンに向け、アプリで映像配信を行った。SNSでも大いに話題となった。
  • 視聴者の声にこたえて、再放送やブルーレイ・DVDの発売を行う事になった。

▽委員から

  • 「いい番組」だった。見ていて飽きなかった。見事な番組だった。
  • カープをフリーエージェントなどで去った選手がプレイしていることに感動した。
  • 森アナウンサーが過去の試合を良く勉強していた。脱帽した。
  • 往年の名選手が真剣にプレイし、観客との一体感もあった。広島の街の力を感じた。
  • CMもカープ関連のものが放送され、好感を持てた。
  • 選手のフォームを見て、往年の活躍を思いだして感激する箇所がいくつもあった。
  • 球場のスクリーンでは選手の過去実績を映像で紹介していたが、放送では出ていなかった。
    見たい情報であり、残念だった。
  • 選手紹介のVTRで白い背景に白色のスーパーの文字が表示され、読みにくい箇所があった。
  • カメラが選手紹介のアナウンスについていけず、バタバタしている個所があった。
  • アプリ・SNSを活用し視聴者との双方向性を生かす企画があってもよかった。
  • 久しぶりの野球にワクワクし、ドラマを感じた。スポーツの力を感じた。
  • 始球式の時に、球場全体で医療従事者への感謝のメッセージを示す映像が流れ感動した。
  • 「共に立ち上がろう、広島は屈しない」というメッセージをもう少し表現できたのではないか。ウクライナへの支援も何かできたのではないかという印象を持った。
  • これだけのイベントをやり通す、広島テレビのスタッフのみなさんに頭が下がる。
  • 閉塞感のある昨今、この番組を楽しみにする市民・県民が多かったと思う。
戻る