会社概要

COMPANY PROFILE

広島テレビ開局60周年
採用情報
みんなでSDGs
エキキタ,広テレ!

広島テレビ 放送番組審議会

第589回 広島テレビ放送株式会社 放送番組審議会(報告)

開催日

2020年7月15日(水)

場所

広島テレビ 役員会議室

出席委員

鶴 衛委員長 以下8人

社側出席

佐野 讓顯社長 以下8人

議事概要
  1. 2020年6月28日(日)16:55~17:25放送の
    『~トップの秘密のぞき見バラエティ~ Dearボス』「新型コロナウイルスに立ち向かうボス④ ~平田観光農園~」を審議しました。

    ▽制作担当者から
    ・コロナ禍で番組制作がままならない環境だったが、番組の再放送では、制作者として「負け」となると思い、工夫をして制作を続けていくことにした。
    ・この環境下でも、かつて取材した「ボス」はアイデアを持ち、頑張っているに違いないと思い、平田観光農園の平田社長を取り上げることにした。
    ・平田社長は、逆境下でもアイデアを出して立ち向かっていた。また、取材中の振る舞いも暗くならず、芸人との会話で笑いも入れていた。今回、再取材して、良かったと感じている。

    ▽委員から
    ・コロナで農園が休園している中で、旬の果物を工夫して販売していくスピード感を感じた。
    社長をサポートする社員の奮闘が見えた。企業のすばらしさを感じた。
    ・社長の人柄がよく見えた。
    ・もともとこの番組は取材先での体験が多いが、今回はリモート収録で動きが少なかった。
    タレントの三四郎がジャムを作るとか、動きの映像が欲しかった。
    ・暗いニュースが多い中、この番組はプラス思考で元気を貰えた。
    ・苦しい環境でも社長は姿勢がぶれず、来園できない人へ「体験」させる取り組みを進める点に感動した。
    ・社長は広テレの社屋内に来て収録していたが、農園で収録できなかったのか?
    ・若手を生かす、社長のポジティブさに元気づけられた。
    ・前回の番組の反響について触れていた。テレビ放送後に、視聴者や取材先の反響を追跡していくと、テレビ放送の価値が立体的に見えてくると感じた。
    ・30分を通じて楽しめた。テロップも明るく、きれいにまとまっていた。
    ・社長の人柄が素晴らしかった。農園の取り組みを全国の農家にSNSで発信する姿勢に心を打たれた。
    ・前回放送の「サクランボ飛ばし」の振り返り映像が長い印象だった。今の取り組みの映像が見たかった。
    ・番組に出演を続ける三四郎の成長が見えた。落ち着いた雰囲気でも笑いを取れている。
    ・コロナ禍で、デメリットもあるが、教育界ではリモート授業が普及するなど、メリットもあった。
    様々な環境に応じて、企業・組織がどう取り組むか課題となっている。
    テレビは、予防・防止に関する情報も必要だが、一方でこの番組のようにチャレンジすることのメッセージも必要だ。
    ・番組進行の三四郎やアナウンサーから、もっと前向きなメッセージがあってもよかったのでは。

戻る