会社概要

COMPANY PROFILE

広島テレビ開局60周年
採用情報
みんなでSDGs
エキキタ,広テレ!

広島テレビ 放送番組審議会

第592回 広島テレビ放送株式会社 放送番組審議会(報告)

開催日

2020年11月11日(水)

場所

広島テレビ 役員会議室

出席委員

鶴 衛委員長 以下7人

社側出席

佐野 讓顯社長 以下5人

議事概要
  1. 2020年10月31日(土)24:55〜25:25放送の
    『WATCH 〜真相に迫る〜「ドラゴンフライズ B1参戦!朝山正悟39歳の挑戦」』を審議しました。

    ▽制作担当者から
    ・広島のプロバスケットボールチーム「広島ドラゴンフライズ」がB1に昇格して、今年10月にリーグ開幕を迎えた。番組化をするにあたり、キャプテンの朝山選手を中心にした構成とした。
    ・朝山選手を軸にして、バスケットを見ていこうという狙いがある。
    ・ダイジェストの形で、夕方の『テレビ派』でも放送した。

    ▽委員から
    ・広島ではバスケットボールのなじみは薄いが、この番組を見て知るきっかけとなった。
    ・朝山選手の真面目で、穏やかな人柄がよく伝わってきた。子供たちと遊ぶシーンやチームメイトとの接し方に親しみを感じた。彼の発する言葉が非常に印象的だった。
    ・なぜ、朝山選手が広島でプレーすることになったのか、その経緯・物語を知りたかった。
    ・バスケットボールのプロリーグの仕組みや、ドラゴンフライズがB2からB1に昇格した経緯の説明があれば、さらに深い内容になると思う。
    ・社長や営業活動するスタッフの取り組み、スポンサーの映像から、関係者の地元愛を感じた。
    ・是非、小さい子供に見てもらいたい番組だ。深夜の放送なのが残念に思った。
    ・朝山選手が広島でプレーすることになった紹介で「晩年」というフレーズが出たのが気になった。
    ・朝山選手を中心にしたことで、番組は成功したと思う。広島の地でバスケットに賭ける思いが伝わった。

戻る