アナウンサー

ANNOUNCER

広島スポーツがキニナル
2022.5.15

皆さんお久しぶりです!
毎回ブログの書き始めがこの言葉になっている気がする。笑

 

ちょっとした日常はSNSを中心に更新しているので、
ブログはの~んびり、まとまった文章を書くときに利用しようかと思います。

 

なんと!新年度まだブログを書いていなかったので!
そんな私の近況を。。。

 

4月から、「テレビ派」のスポーツキャスターを務めています。

 

主に18時台のスポーツニュースを読んでいますが、
時には自ら企画を提案して、現場に出て取材し、原稿を書いて、スタジオでお伝えします。

ずっと大事にしてきた「自分の足を使って取材すること」は今までと変わりません^^

 

4年前くらいからそういったことを継続してきて、
去年1年間はオリンピック、パラリンピック特集として
広島ゆかりのアスリートの方に話を聞くために
企画書を書きまくりました。


多くのアスリートの方に出会えたこと、
貴重なお話を聞けたことは私の財産です。

 

ニュースキャスターになっても提案するのは、
大好きな駅伝やサッカーを始めとした人間ドラマ。

そんな去年1年を通して、「やっぱりスポーツに関わりたい。テレビ派を見ている人にスポーツの楽しさを伝えたい。」と強く感じていて、やりたいこともどんどん広がっていました。

なので、今回のスポーツキャスターという形は、本当に嬉しいです!

 

入社するまでは、野球場もサッカースタジアムも行ったことがなかった私。
そんな初心者でもいまではどっぷり魅力にはまっています。

スポーツはあまり見たことがない…そんな人でもアスリートの人間性に共感してより身近に感じて楽しんでほしい!
私もそうやって好きになっていったので!


スポーツ大ファンの方が見る「元気丸」と違って、
「テレビ派」では初心者の方にも楽しんでもらえるよう
「共感性」を大事にしながら、放送にこだわっていきたいです。

 

 

さてさて、
最近取材させていただいたアスリートの方のお話も!

 

陸上女子100mハードルの福部真子選手
織田記念陸上前に取材しました。

IMG_6858

 

元気でキラキラした笑顔に取材の度に癒されます!

高校時代インターハイ3連覇の偉業を成し遂げた福部選手。
高校時代に東京オリンピックの開催が決まり
「東京オリンピックに出たい」と当時インタビューで話し
誰もがその将来を疑いませんでした。

 

しかし大学、社会人時代はタイムに伸び悩む時期も。

2019年に13秒13の自己ベストを出すも、
2021年のオリンピックイヤーは怪我に泣かされました。

夢だった東京オリンピックには届きませんでしたが、
逆に吹っ切れ、「今の自分に何が必要か」冷静に分析し
2024年のパリオリンピックに向けて気持ちを新たに再スタートを切りました。

 

去年から広島大学の尾崎教授に指導を仰ぎながら
故郷で力を伸ばしてきた福部選手。

今年それが結果になって表れます。

 

織田陸では、日本人トップの記録で2位。

セイコー陸上では13秒05の自己新記録をマーク!
3年ぶりの自己新記録です!
さらに日本記録保持者の青木益未選手や、寺田明日香選手に競り勝って日本人トップの2位!

苦しい去年のインタビューを聞いていた分、
嬉しい結果の連続に私も感動しました!

 

しかし、福部選手が目指すのはさらに上のステージ。

ずっと口にしていた「12秒台」。

現在の日本記録は「12秒86」。
東京オリンピックの標準記録は「12秒84」。
世界で戦うには12秒台が絶対条件なんです。

大会後も嬉しさを話す一方で「12秒台を出したかった」とすぐ次に向けて気持ちを新たにしていました。

 

来月はいよいよ日本選手権。
大舞台で目標を達成できるか。
再び日本の頂点へ。
福部選手の挑戦から目が離せません。

 

IMG_6992

 

織田陸当日取材の様子。
雨強かった~。。。

また色んな現場に行きます!

 

 

 

 
 
アーカイブ
月を選択