広テレ!

人生を変えてくれた人 in 広島

8月25日(土)

広島テレビ新社屋(二葉の里)のロビーからSTU48メンバーと広島県内の情報をお届けします!

【MC】
宮脇靖知・松岡 絵梨子・西口真央(広テレアナウンサー)

【ゲスト】
STU48 藤原あずさ・矢野帆夏

藤原あずさ

矢野帆夏

8月26日(日)

"人生を変えてくれた人"が贈った「人生を変えた言葉」に注目!
西日本豪雨災害の被災地へエールを贈ります

【Part1】午前11:27〜午後0:27

イオンモール広島府中
【MC】小野宏樹、有田優理香、西口真央(広テレアナウンサー)
【ゲスト】三四郎、HIPPY

広島テレビ新社屋 特設ステージ
【MC】宮脇靖知、松岡絵梨子(広テレアナウンサー)
【ゲスト】T-BOLAN 森友嵐士、五味孝氏

T-BOLAN 森友嵐士、五味孝氏

HIPPY

三四郎

歌声を失った伝説のボーカリスト

インディーズデビューから30周年。ステージで圧倒的な存在感を放つのは、T-BOLANのボーカリスト・森友嵐士さん(52)。
『Bye For Now』、『離したくない』、『じれったい愛』、『マリア』など90年代の大ヒットソングを生み出したのが、作詞・作曲を手掛けた広島出身の森友さん。今年7月、心を揺さぶる情熱を帯びた"歌声"に包まれた30周年記念ライブ。しかし、森友さんは23年前の1995年。人気絶頂の時期に、その歌声を失っていました。その原因は、いざ歌おうとすると声帯がしまらない原因不明の「心因性発声障害」。当時の日本ではまだ病名すら浸透しておらず、14年もの間、闘病生活を送ることに…。森友さんを復活へと導いた、人たちや言葉は、どんなものだったのか?歌えることの喜び、メンバー・友人・家族への感謝の思いを込め、困難に立ち向かう方々に向けてあの名曲を熱唱します。

全盲の被災者の"今"

西日本豪雨災害の復興支援にも力をいれる、今回の24時間テレビ。今回の豪雨災害で亡くなった方の多くは支援が必要な方々で、その問題点が浮き彫りになりました。不自由な生活を強いられている被災者の中には、災害弱者ともいえる障がいがある方もいます。復興をささえる地域の方々や仲間たちとの絆を伝えながら、今、被災地で必要なものは何なのか?生中継でリポートします。そして、困難に立ち向かう方々に向けて広島出身のシンガーソングライター・HIPPYが歌でエールを贈ります。

【Part2】午後4:59〜5:23

広島テレビ新社屋 特設ステージ
【MC】宮脇靖知、松岡絵梨子
【ゲスト】三四郎、HIPPY

イレブンの快進撃を支えたガンと闘う熱血校長

部員数は11人ギリギリ。1〜2回戦退廃が続く大成館中学校サッカー部。地元でも有名な弱小チームが2017年の福山市大会で初優勝という偉業を成し遂げました。一体、何が起こったのか?そのきっかけは、「勝って友道校長を笑顔に!元気にする!」サッカー部を支え続けた熱血校長を襲ったのは…血液のガン。5年生存率は50%だと告げられました。入院直後に生徒たちの前で、校長先生が病気であることを告白した映像が残っています。そこで、友道校長が語った言葉とは…。そして今年、福山市大会で2連覇を成し遂げ、広島県大会に進出した大成館中学校サッカー部は、更なる快挙を成し遂げていました。