広テレ!HOME

お好み焼き 本町五丁目

放送日2018/01/13

村井智奈のひとこと

こんにちは^_^
今日は安芸郡府中町にあるお店をご紹介します。その名も「本町五丁目」!住所そのままの店名です^ ^
店主の山内さんは以前はトラックの運転手をなさっていたそうですが、部署移動でお好み焼き屋さんになり、その後独立。もともと「ものづくり」が好きだったそうで、自分の自宅のガレージを半年かけて改装しお店をオープンされました。お話がとっても楽しい山内さん、住宅街にある隠れ家のようなお店ですが、口コミで広がり、地域の皆さんの憩いの場所となっているのも納得です^ ^!
さて、焼いて頂いたのは定番の肉玉そば。目指したのは毎日食べられるお好み焼きです。驚いたのがキャベツの細さ。サラダ用の千切りよりも細いキャベツをじっくりと蒸らします。ここまで細いキャベツは初めてです!最後に卵でとじて完成です。
早速いただくと、口の中でホロリと溶けるようなキャベツの食感!これはおいしい!さっぱりしていてシンプルなのにしっかりと個性のあるお好み焼きです。女性には食べやすい一枚だと思います。
皆さんもぜひ訪ねてみて下さい^ ^

お好み焼き 福永

放送日2018/01/06

村井智奈のひとこと

新年最初のご紹介は広島市東区温品にある「お好み焼き 福永」さんです。元茅葺き屋根の母屋の横にある、今年で49年目を迎えるお店です。
店主は福永千鶴子さん。子育てをしながら自宅で出来る仕事を、と思い始めたそうで、これまで辞めようと思ったことは一度もなく、長年通ってくれるお客さんから力をもらって頑張って続けていると話して下さいました。
そんな福永さんの焼くお好み焼き、半世紀ほど使っているとは思えないくらいにピカピカの鉄板に、まずは生地を広げてすぐにソバを乗せるという、昔ながらの焼き方です。野菜の上には厚みのあるお肉をたっぷり。手際の良さが歴史を物語っています。最後に卵でとじて昆布をかけたら完成です!
優しいソースの香りが食欲をそそります。早速ヘラを入れて頂くと、甘〜い野菜の味が口に広がります!たっぷりかかった昆布がアクセントになり、旨味が増しているようです。お肉もジューシーで、麺も食べやすく、とっても美味しかったです。
懐かしのお好み焼き屋さん、ぜひ訪ねてみて下さい^ ^

放送日2017/12/30

村井智奈のひとこと

こんにちは^_^
今回のお店は広島駅のすぐそば、お好み物語駅前ひろばにある「扇」です。
お好み物語駅前ひろばといえば、たくさんのお好み焼き屋さんが集まるお店として、みなさんご存知ですよね^ ^
店長の坪下さんは以前は証券マンをなさっていたそうですが、飲食の仕事がしたいと転職されたご経歴の持ち主。元広商野球部だそうで、とっても明るく爽やかな方です。お店には外国からのお客様も多いそうで、海外の方にも楽しんでもらえるお好み焼きを焼いていらっしゃいます。
今回焼いて頂いたのは、その中の一番人気「扇ちゃん」です。豚肉ではなくセセリを使ったお好み焼きです。キャベツは食感を残す程度に火を通し、麺は少しパリッとする所を作る程度に焼いていきます。生地が小さめかな、と思っていましたがふっくらと厚みのあるパンケーキのような形で見るからにおいしそうです!早速頂くと、まずヘラの通りが抜群に良く、キレイに切れます。セセリの旨味に大葉の風味がマッチして、これは、おいしい!!さっぱりとして飽きのこない味です。海外の方に人気とおっしゃっていましたが、広島に住むお好み焼きが大好きな皆さんにも食べて頂きたい一枚です。
みなさんもぜひ^ ^

お好み焼 カジサン(KAJIsan)

放送日2017/12/23

村井智奈のひとこと

こんにちは^ ^
今回は広島市南区比治山本町にある「カジサン」をご紹介します。
優しい笑顔の店主、梶山敏子さんが1965年にオープンしました。変わらない味を求めて常連さんでいっぱいになるお店で、みんなのお母さんのような梶山さん。大変なこともあったけど、お客さんに色々と教えてもらって続けてこられたと話していらっしゃいました。ご主人が定年されてからは夫婦二人三脚で頑張っていらっしゃいます。梶山さんに焼いて頂いたのは定番の「そば肉玉」です。値段を変えずに500円での提供です。昔ながらの焼き方に蒸し麺を使いふっくらと焼いていきますが、お話をしていたらあっという間にソースのいい香り!ベテランの腕を感じます。出来上がったお好み焼きは500円だとは思えないボリューム。早速頂くと、甘いソースにキャベツの旨味がじわっと絡み、おいしい!!昔ながらの懐かしいお好み焼きですがふっくらとしていて食べやすい、梶山さんの優しさが伝わってくるようでした。お客さんが多いのも納得です。みなさんもぜひ食べてみてください^ ^