広テレ!HOME

お好み焼とんとん

放送日2017/10/21

村井智奈のひとこと

こんにちは(^^)
皆さまいかがお過ごしでしょうか?
今回は広島市中区三川町にある「お好み焼 とんとん」さんをご紹介します。
とんとんは昭和37年に立町でとん平として創業され、センター街や鉄砲町にも出店された56年もの歴史のあるお好み焼き屋さんです。食べたことあるよ!という方も多いのではないでしょうか?
そんな「とんとん」のお好み焼きは関西風。店主の岡田さんがお好み焼き屋さんを始められた時は、見慣れない関西風のお好み焼きに皆さんびっくりされたそうです。お好み焼きの歴史を感じますね(^^)
焼いて頂いたのは「豚玉焼き」。生地には長芋やダシを加えます。この分量がふっくらとしたお好み焼きを作るのには重要なポイントだそう。豚肉は三枚肉じゃありませんよ!ロースを一枚生地の上に乗せて焼いていきます。高級感のある上品なお好み焼きです!仕上げに自家製ソースとマヨネーズ、からしを少し乗せて、とんとんのお好み焼きの完成です!
早速ヘラを入れ頂くと、外はカリッそして中はふっくらフワフワです。山芋のとろみが効いています。豚肉がお好み焼きの全体を覆っているので、どこを食べても食べ応えがありますし、ソースとからしの配分も絶妙です。いや、もう、止まりません!!
熱心なファンも多い一枚、ぜひ食べてみてください!

お好み焼き 鉄板焼 あり

放送日2017/10/14

村井智奈のひとこと

こんにちは^_^
今回は広島市南区的場町にある「お好み焼き 鉄板焼 あり」をご紹介します!段原小学校のすぐ近くお店です。
店主の垣内良子さんは10年間、広島駅ビルの麗ちゃんで焼き手を務め、この度独立。麗ちゃんでは1日100枚くらい焼いていたそうで、その手際の良さには取材スタッフ一同ビックリ!!そろそろのんびり焼きたいなぁと思い独立したそうですが、焼きのスピードは変わらずです!

今回は肉玉そばを注文です。麗ちゃんで焼いていたお好み焼きを基本として、オリジナルで麺を少し固めにし、味付けもプラス。野菜には秘密の液体をかけておいしさアップ!ソースだけではなく素材の味も楽しめるよう塩胡椒や昆布を使います。卵は半熟で仕上げて「あり」のお好み焼きの完成です!
あっという間に出来たお好み焼き、完成が早いので気になるのは野菜の蒸れ具合ですが、これは!最高です。口に入れたらシャキシャキとした食感があり、しっかり火が通っていて甘いんです。キャベツの一番おいしい蒸らし加減を短時間で調整されるのは、さすがベテランの技。和の風味がする、馴染みやすいお好み焼きでした。おいしかったです。
みなさんもぜひ一度訪ねて下さい^ ^

お好み焼 仔ぐま

放送日2017/10/07

村井智奈のひとこと

こんにちは^_^
今回は広島市佐伯区楽々園にある「お好み焼 仔ぐま」さんをご紹介します!
ご主人の中川さんはこちらのお店の2代目。先代のお母様が作っていらっしゃった昔ながらのお好み焼きの焼き方を守りながら、新しく、体に優しいお好み焼きを開発されています。というのも、中川さんは小さい頃に体調を崩してお好み焼きが食べられなかった時期があり、お好み焼き屋さんの息子なのに広島の味が食べられず、とても悲しい経験をしたそう。様々なアレルギーをお持ちの方や、糖尿病を患っていらっしゃる方にそういう思いをして欲しくないと、新しいお好みを始められました。もちろん定番の味も用意されていますが、様々な方が食べられるように対応をしていきたいと話していらっしいます。
焼いて頂いたのは2017年10月中旬に登場する「低糖質お好み焼き」小麦を使わない大豆を使ったお好み焼きです。お母様譲りのおもりを使った焼き方でキャベツはしっかりと火を通します。ここでふっくらと蒸し上げるのが腕の見せ所。天かすも大豆で手作りをし、ソースも低糖質のものを使います。そろそろいい香りがしてきました!大豆のお好み焼きってどんな味なんだろう、と楽しみに一口頂くと、これは!定番のおいしいお好み焼きです!大豆の風味がふわっとしますが、それがアクセントになってまたおいしい!少しパンチのあるソースがいい働きをしていてキャベツの甘みを引き出し、一気に一枚食べられます!これで低糖質。大満足です。
みなさんもぜひ食べてみてください^ ^

Reve(レーヴ)

放送日2017/09/30

村井智奈のひとこと

こんにちは(^^)
今回は佐伯区海老山町にある「Reve」さんをご紹介します!
お店に入るとまず3メートルの長い鉄板が目に入ります。白を基調とした店内でゆっくりと過ごせる雰囲気です。
切り盛りするのは大和凌さん。24歳の若い店主です。以前は別のお仕事をしていたそうですが、人と話す仕事がしたいとお好み焼き屋さんで修行をし、一年前に自分のお店をオープンしました。思い立ったら即行動タイプだという大和さん。大好きなお好焼きをお客さんと話しながら焼いている時がとても楽しいと話して下さいました。
焼いて頂いたのはRed焼きという2017年9月からの新メニューです。焼き方はスタンダードに野菜の水分を飛ばしながら焼いていきます。生麺を使ったお好み焼きです。最後に特製のチリソースをたっぷりかけて完成です!!一口大に切ってヘラに乗せ、冷まそうと息を吹きかけると、ふわっと唐辛子の痺れる香り!早速頂くと、わっ!辛い!!パンチのある辛さがすぐに口の中に広がります。一口で汗が出そうな辛さです。が、食べていくと辛さの中にしっかりと旨味と野菜の甘さがあって、これがおいしいんです!!うま辛いとってもいいバランス。はぁぁ辛い、けどもう一口!どんどん進みます。
みなさんも辛いお好み焼きをぜひ食べてみて下さい(^^)