広テレ!

プレスリリース

広島テレビ放送が広島県と「連携協力協定」を締結
〜広島県民の健康寿命延伸に向け、様々な取り組みを推進します〜

2017年3月2日
広島テレビ放送株式会社

広島テレビ放送株式会社(本社:広島県広島市、代表取締役社長:三山 秀昭)は、広島県民の健康寿命延伸に社会全体で取り組むため、広島県(知事:湯崎 英彦)と「健康寿命の延伸に関する連携協力協定」を締結し、本日調印式を行いました。これにより、相互の連携を強化するともに、健康寿命の延伸を目的とした様々な取り組みを連携して推進してまいります。

背景

広島テレビ放送は、「ひろしまヘルスケアポイント」に協賛するなど、広島県民の健康増進のための取組に積極的に協力しております。
この動きをより一層推進し、広島県民の健康寿命の延伸に向けた健康増進のための取り組みを継続的かつ効果的に行っていくため、広島テレビ放送から広島県に対して連携協力協定を申し出たところ、賛同を得られたため、本日の協定締結となりました。

広島県と広島テレビ放送が連携して行う主な取り組み

(1)広島県民への健康増進に関する情報提供
(2)広島県が実施する普及啓発活動やイベントなどへの協力
(3)広島テレビが実施する「ひろしまケンケンプロジェクト」(※1)への協力
(4)広島県民の健康増進にとり組む団体等への活動支援
(5)その他、社会全体で広島県民の健康増進に取り組み、誰もが活き活きと安心して生活できる環境の整備

(※1)「ひろしまケンケンプロジェクト」について
「ひろしまケンケンプロジェクト 〜県民の健康寿命をのばそう!!〜」とは広島テレビが本年4月より、開局55年を機にスタートさせる健康寿命延伸キャンペーンです。健康寿命をのばし元気で長寿を迎えられる広島県をつくろうというコンセプトのもと、広島県にお住まいの全視聴者と共に、テレビを通して楽しみながら健康寿命の延伸に取り組むプロジェクトです。このプロジェクトの詳細は、後日あらためて発表する予定です。

「連携協力協定」調印式について

本日、平成29年3月2日 午前9時40分から、広島県庁において以下の出席者による調印式を行いました。

・広島県
広島県知事    湯崎 英彦(ゆざき ひでひこ)

・広島テレビ放送株式会社
代表取締役社長  三山 秀昭(みやま ひであき)

お問合せ

◎広島テレビ放送株式会社 編成局編成部
TEL:082-249-1208

プレスリリース