広テレ!

会社概要・採用情報

広島テレビ 放送番組審議会

第573回 広島テレビ放送株式会社 放送番組審議会(報告)

開催日
2019年1月16日(水)
場所
広島テレビ 役員会議室
出席委員
鶴 衛 委員長 以下10人
社側出席
佐野 讓顯 社長 以下8人

議事概要

  1. 2018年12月29日(土)16:55~17:50 放送の
    「テレビ派特番 ハルイチノオト ~空と海が交じる しまなみ故郷がえり~」を審議しました。

    制作担当者から、「因島出身 二人組の人気ロックバンド“ポルノグラフィティ”のギターを担当する新藤晴一(ハルイチ)さんには、デビュー20年という節目の去年から、テレビ派の“ハルイチノオト”というコーナーに月2回出演していただいており、今回はそのSP番組を制作した。新藤さんの故郷 因島がある“瀬戸内しまなみ海道”をキャンピングカーで移動しながら、テレビ派に出演する馬場アナや澤村アナ、野球解説者でもある池谷公二郎さんと一緒に、新藤さんがまだ知らない島の魅力や景色を紹介して、地元を盛り上げる番組にした。進行役にはレギュラーコーナーで共演し気心知れた弟分の澤村アナを起用。キャンピングカーという設定にして、二人のまるで兄弟のような会話から、新藤さんのユーモア溢れる素の部分を引き出そうと思った。」との説明がありました。

    委員からは、「あまり知られていない体験型の観光スポットを知ることができた。」「キャンピングカーという設定はアットホームな雰囲気で、新藤さんの素顔を見ることができた。」「取材先の方々の人柄の良さが、よく伝わってきた。」「澤村アナと新藤さんの息の合ったやりとりは、とても楽しかった。」などの評価がありました。

    また、「普段の放送を見ていない人のために、レギュラーコーナーの説明も加えたほうが良かった。」「しまなみの景色をもっと見たかった。」「真冬の夜に屋外で鍋を囲むのは、寒そうで無理があったし、車内でのゲームシーンには興味を持てなかった。」「全体的に詰め込み過ぎで、50分が長く感じられた。」などの意見がありました。