広テレ!HOME

進め!スポーツ元気丸進め!スポーツ元気丸

放送時間:毎週日曜日 夜11時25分〜11時55分放送時間は都合により変更になる場合があります。

最新の元気丸9月17日の放送内容

CARP

今週のカープ

茜色に照らされた木曜のマツダスタジアム。
マジック2で臨んだベイスターズ戦には26年ぶりの地元胴上げを待ちわびるファンで埋め尽くされました。
試合が動いたのは2回でした。
4番の松山が「ストレートに負けないようしっかり振った」と13号ソロホームランでカープが先制します。
その後同点で迎えた8回、1アウト満塁でバティスタ。
犠牲フライで勝ち越し点を奪い、球場に詰めかけた3万2000人を超えるファンを沸かせます。
9回は抑えの中崎。
ピンチを背負いますが、ダブルプレーに打ち取りゲームセット。
2位・タイガースが引き分けたためこの時点で優勝マジックを1としました。

雨が心配された土曜日のスワローズ戦。
ファンの願いが通じ30分遅れで開始されました。
勝つか引き分けで地元胴上げが決まります。
3回、1アウト満塁で丸が1・2塁間を破るタイムリーヒット。
幸先よく2点を先制します。
さらに4回には、新井。
およそ1か月半ぶりの9号ソロホームランで追加点。
ベテランの一振りでリードを広げます。
しかし7回に同点に追いつかれると、8回には3番手・今村が満塁のピンチを招きます。
ここで犠牲フライを許し、勝ち越し点を奪われます。
1点を追う土壇場の9回。ヒットとエラーで田中が2塁に出塁すると、打席には菊池。
ライト前へのヒットで3塁1塁とサヨナラのランナーが出ます。
2アウトとなり代打・エルドレッド。
三振に倒れ、逆転ならず。
リーグ連覇は月曜日以降に持ち越しとなりました。

SANFRECCE

今週のサンフレ

サンフレッチェはJ1第26節を地元で戦いました。
上位についるセレッソ大阪に勝利。残留圏内の15位へ浮上しました。
地元戦では2試合連続1−0の勝利。守りの完封は前節に続き2試合連続です。
ここ4試合負けなしと“こつこつ”勝ち点を重ねての順位浮上です。
しかし、まだ残り8試合、より内容を高めて安定した戦いが求められます。
決勝ゴールのF・シウバは「ゴールはうれしいが、例え今日も出場できなかったとしても、同じように努力を続けていただろう」と語りました。このメンタリティこそがチーム一丸を現しています。
元気丸でも今まで通り“残留を信じて”取材を続けます。

ケンケンプロジェクト

アスリートの健康メシ

第5回 広陵高校野球部(9月10日放送)

今回取材したのは広陵高校野球部。この夏の甲子園では強豪校を次々と撃破。
10年ぶりの準優勝に輝きました!
現在は1・2年生中心のチームがスタート。平日は放課後におよそ3時間、全体練習で汗を流します。
練習後は寮での食事。「合掌、頂きます!」
部員のほとんど、124人がここで生活をしています。楽しい食事の時間。
しかし、実はこれもトレーニングの一環なんです。

髙西恵司コーチ
「ただ単に食べるだけではなくて体が資本になってくるので体作りをしていくというのを目標にやっています。」

こだわりはエネルギーの源となる炭水化物をしっかりと摂ること。
夕食では700グラム以上のごはんを2杯も食べます。
おかずは体の回復に良いとされる鳥ムネ肉を中心に、野菜やタンパク質などをバランス良く摂ります。

山本雅也選手
「みんな入学したころから比べたら体も大きくなっているので、それが甲子園で良い結果に繋がったんじゃないかなと思います。」

谷口秀斗選手
「毎日この人数の食事をいつも作って頂いて食堂の方には感謝しています。」

食べるトレーニングでしっかり体を作り、新たな目標へ突き進みます。

猪田善貴キャプテン
「選抜に向けて全員で日本一を取りに行きます!」

バックナンバー

ひろしまケンケンプロジェクト

アスリートの健康メシ

健康づくりのヒントとして、有名アスリート達が健康や体作りのために食べている食事メニューを紹介!(月1回予定)

応援メッセージ募集中!

カープやサンフレッチェ広島への応援メッセージを受け付けています。
郵便
〒730-8575
広島テレビ「進めスポーツ元気丸」係
スタジオFAX:082-249-1292
※放送時間内にお願いします。
E-mail:genkimaru@htv.jp

赤ヘルじゃんメール

赤ヘルじゃん・ピックアッププレゼント・HPへのお問合せはこちらまで
E-mail:akaheru-jan@htv.jp
欲しいプレゼント、取り上げてほしいスポーツなど、元気丸へのご意見もお待ちしています。

Facebookで最新情報もチェック!