2012年2月28日

新生サンフレッチェの見所

沖縄・宮崎と約1ヶ月間に渡るキャンプを終えたサンフレッチェ広島は、3月10日のリーグ開幕に向けて、最終調整の段階に入りました。

キャンプ中は連日、ハードなトレーニングが続いたこともあり、各選手の身体には、相当な疲労が蓄積されているものと思われます。開幕までのこれから期間は、トレーニングの負荷を落としながら、ベストコンディションにもっていってほしいと思います。

充実したキャンプを消化した森保監督率いる新生サンフレッチェ広島ですが、今シーズンの見所を二つ挙げてみたいと思います。

まず一つは、連動した守備からの多彩な攻撃です。
昨年までのサッカーを例えるなら、「攻撃は最大の防御なり」という意図のもとでの攻撃サッカーだと思います。一方、今年は、「いい防御は最大の攻撃力なり」という意図のもとでの攻撃サッカーではないでしょうか。

前から積極的にボールを奪って、一気にショートカウンターを仕掛けることもあるでしょう。また、一旦リトリートして、ゴール前でブロックを形成しながらボールを奪い、じっくりビルドアップして攻めることもあります。選手全員が共通認識の下、その状況に応じた組織的な守備を行い、そこから柔軟性のある攻撃ができるようになれば、これまでにない新たな攻撃の形になるのではないでしょうか。

次に、二つめの見所に挙げたいのが、若手選手の成長です。
宮崎キャンプでは、何人かの若手選手が、主力チームに抜擢されていましたが、その中でも特に注目を集めたのが、ユースの野津田岳人です。
ボールキープ力、シュート力、展開力、そして何よりも、質の高いチャレンジの縦パスを入れることができるのが、彼の最大の魅力です。主力選手からの信頼も既に得ており、開幕スタメンも十分に考えられます。

また、その他にも、大崎淳矢、石川大徳、清水航平など、多くの若手選手がキャンプ中、いいアピールをしていました。彼らの成長と活躍なくして、チームの上位進出は絶対にありえませんので、引き続き、レベルアップに励んでほしいと思います。

森保監督率いる新生サンフレッチェ広島に注目です!


コメント

コメントをお寄せください