2009年10月15日

目指すところは“優勝”だ!

広島東洋カープは14日、球団事務所で野村謙二郎監督(43)の就任記者会見を行ないました。

野村監督とは、現役を引退してからの4年間、『進め!スポーツ元気丸』の番組などを通してお付き合いさせてもらい、また、同い年ということもあって、とても仲良くさせていただきました。本当に感謝しております。

それにしても、彼ほど勉強熱心で、様々なことを瞬時に考えて行動する人を僕は見たことがありません。きっと、監督としてもその能力がいかんなく発揮されることだと思います。
多くのファンが望んでいるカープ伝統のスピーディーな野球を復活させてくれるのではないでしょうか。そして、野村監督らしい、頭を使いながら常に先を読むプレー、研ぎ澄まされたプレーを期待したいと思います。

多くの人たちが、強いカープの復活を願っています。野村監督らしい野球で、日本プロ野球界に新しい風を吹き込んでほしいと思います。野村監督、頑張ってください!

ところで、野村監督は会見で、力強くこう言い切りました。
「目指すところはクライマックスシリーズ(CS)ではなく、優勝だ!」と。
野村監督らしい力強いコメントに、感動しましたし、とても格好良かったです。そして、この言葉をサンフレッチェに置き換えてみて、改めて僕は思いました。

サンフレッチェも、「目指すところはACL出場圏内の3位ではなく、優勝だ!」と。

現在、首位・清水から6位・広島までの上位6チームが、勝点5差にひしめく大混戦のリーグ戦。この厳しい闘いをサンフレッチェが制するためのポイントは、ズバリ、次節のG大阪戦にかかっているのではないか、と僕は思っています。

現時点で最も勢いに乗っているG大阪をホームで叩くことによって、チームに勢いが生まれ、優勝への期待が膨らんでくるでしょう。更には、広島の街全体に、優勝に向けた空気が自然発生するのではないかと思うのです。

サンフレッチェは優勝を目指し、これからも厳しい闘いに挑んで行きますので、サポーターのみなさんには、魅力的なサッカーを続ける紫の戦士たちを誇りに思い、これまで以上に熱い応援をお願いしたいと思います。そして、広島の街全体を紫に染めるくらいの勢いで、彼らを後押ししてもらいたいと思います。

コメント

コメントをお寄せください