メイン

 

2011年11月 7日

ぶらり しまなみ

ぶらり、しまなみ海道を旅してきました!

peizan.jpg

数年前の情報誌を手に、初めて愛媛県・大島に

立ち寄りました。

道端にポツンとたつ手作りの看板を頼りに歩いていくと

一軒の建物を発見!そこには、人が溢れていました。 

peizan-.jpg  peizan--.jpg

 天然酵母のパン屋さん「ペイザン」です。

木曜日と土曜日の週2日、11時からの営業です。

私は11時半に行ったのですが、売り切れ寸前、

最後から2人目の客でした。県外ナンバーも多く

遠くから来ても買えない人もいるようですが、事前

の予約もできるそうです。

peizan---.jpg

個性的なパンが多く、ふっくらというより

ずっしりと密度が濃く、 噛めば噛むほど味の

あるパンでした。

帰りは、因島で一度行ってみたかったナティーク

城山のテラスでお茶をいただきました。

natiku.jpg  natiku--.jpg

私の背の向うに見えているのは愛媛県・生名島です。

土生港を行き来する船を眺めながらゆったりとした時間

を過ごしました。何度も通ったしまなみ海道ですが、高速

をおりてゆっくりすることは少なく、行ってみたい所が 次々

に出てきました。

海と島と船、瀬戸内の景色はいつ見てもホッとできます♪

 

2011年10月 3日

きょうは登山の日!

ちょっぴり不格好だけど、自分で作りました(^^)
何だかわかりますか?
kohuji.jpg

日本で初めてバウムクーヘンが作られたのは
広島県の似島なんです。
少年自然の家の重末さんの指導のもと、私も
バウムクーヘン作りを体験させていただきました。

そして、それを持って安芸小富士と呼ばれる似島
山頂へ!

kohuji-.jpg  kohuji--.jpg

標高278メートルと低い山で、初心者に人気の山ですが、景色は最高!

広島市が一望できます♪

登山の日おススメ企画は、きょうのテレビ派で!
似島の歴史にもぜひ、触れてみてください。

この時期の登山、ハチには十分ご注意くださいね。

 

2011年9月12日

しまなみサイクリング 2

 かなり曇ってますが・・・2度目のしまなみサイクリングです!

simanami.jpg(後ろに見えるのは多田羅大橋です!)

 前回は、広島駅から尾道駅までのサイクルトレインに乗り、自転車持ち込みでした。

今回は、現地尾道でレンタサイクルを利用しました。

最初に到着したのは、因島田熊町のお餅屋さん「かしはら」です。

simanami-.jpg  simanami--.jpg

因島は、はっさく大福が有名ですが、はっさくのない時期に「甘夏大福」

も人気です。甘夏の酸味と白餡の甘さがよく合っていてビタミンCも補給♪

はっさく大福は10月から発売予定ということです。

これからレモンやミカンなどしまなみ海道のかんきつ類が実りの季節を

迎えます。食べる楽しみに加えて、生口島では「レモン足湯」のサービスが

サイクリング客に人気です。

simanami---.jpg〈サンセットビーチにて。要予約)

レモンの香りに癒されて、足もツルツル♪疲れた筋肉がほぐれてきて

足がす〜っと軽くなっていくのを感じました。

 

2011年8月 3日

瀬戸内海のクジラ

瀬戸内海にクジラがいる!逢いたい・・・

写真左側のニッコリ微笑んでいるような生き物が、瀬戸内海の生態系の頂点に位置す

るクジラの仲間「スナメリ」です。8月1日にリニューアルオープンした宮島水族館のシン

ボルにもなっています。

30年以上前は、20〜30頭の群れになって泳ぐスナメリを見て、漁師さんが「あそこに

は魚がいるぞっ」とスナメリを目印にしていたという話も聞いたことがあります。

suna.jpg  suna---.jpg

生態系の頂点の生き物が数多く生息するということは、その土台がしっかりとしていて

豊かな海の証といえます。

 そのスナメリの数が今、激減しているということで環境省では、一般目撃情報を集めて

います。生態系の頂点にいる生物の実態を把握することで、瀬戸内海全体の姿が見え

てくるのです。 スナメリモニタリングホームページ http://sunameri7.web.fc2.com/

スナメリを見かけましたら、ぜひホームページに情報をお寄せください↑

因みに私は、この夏、テレビ派の番組取材で船をチャーターし、広島、山口、愛媛の3県

にまた がってスナメリウオッチングをしましたが・・・収獲ゼロ。

プライベートでも頻繁にスナメリ目撃情報が寄せられている愛媛県松山市沖を航海する

  中島 汽船のフェリーに乗ってスナメリウオッチングしてきましたが・・・まだ会えません。

どうなっとるん?

海で颯爽と泳ぐスナメリが見られるまでウオッチングを続けます(^^)

   

スナメリの特徴:薄いねずみ色 体調170センチ位  背びれがない くちばしが丸っこい など 

 

2011年7月14日

江田島珍風景?!

夏晴れです!久々の江田島です。

ss.jpg

目的は、以前ブログでもご紹介した奇妙はカフェに新たな動き・・・

それを確かめるためです。

ss-.jpg

江田島町のもみじ銀行の向かい側にある「亀田石材工作所」です。

外観はどうみても石材所。ところが

ss--.jpgss-----.jpg  

中に入ると、オシャレなお店?天井は工場のまま。どうなっているの?!

石材所の親戚の男性が、作業所の一部を間借りして新たに美容室を7月7日にオープン!

車はもちろん、歩いて通っても見つけることは不可能に近いこのお店。口コミあるのみって

感じです (^^)美容室のお隣、後姿↓の女性が向かっているのは工場内にできたもう一つ

お店、カフェです。

ss----.jpg ss------.jpg

石材所に美容室にカフェ。なんとも奇妙な建物です。

この一杯のコーヒーをいただくために、江田島へ行きました。満足です(^^)

 

2011年6月20日

瀬戸内の島に日本一の建物が・・・

久しぶりに島へ出掛けました。気分が生き返ります!!

今回は、夕方の番組「テレビ派」の取材、本日夕方放送です。

seiren.jpg

        写真:犬島アートプロジェクト「精錬所」のゲート

 

芸術の島として注目を集める岡山県・犬島です。

人口49人の島に、昨年、約6万人が年間に訪れました。

約100年野ざらしになっていた工場跡地に美術館ができてい

ます。

観光客の急増は昨年行われた瀬戸内国際芸術祭の舞台に

なったのが大きなきっかけでした。

その美術館が今年、日本で一番権威があるといわれている

日本建築学会賞、そして日本建築大賞をW受賞し、いわば

日本一の建物ということで注目を集めています。

建築とアートのコラボ、犬島の歴史と環境を生かしたエコな

建築・・・みどころいっぱいです。

番組では、岡山名物ママカリの入った「ばらずし」やBBQなど

も紹介します。

長崎の軍艦島など廃墟ツアーも人気を集めているようですが、

犬島では、島の資源をうまく生かし、新しい発想を加えている

ところが魅力的でした。

 

2011年2月28日

兎人(うさんちゅ)の島 大久野島(広島県)

明日の『旬感☆テレビ派ッ!』で、広島県竹原市の大久野島をご紹介します。

終戦まで、軍の秘密工場として化学兵器が作られていた島ですが、今、すっ

かり様変わりしています。

 

rabi.jpgrabi--.jpg

島には300匹以上のウサギが暮らしています。住民は、島に唯一の

宿泊施設、休暇村大久野島のスタッフ10人とウサギたちだけです。

その休暇村が今、人気沸騰中!!全国各地から観光客が訪れています。

 

しかも、1人のお客さんが1週間、1か月と長期滞在しているんです。

こうなるともう住民です。2年間で400日泊まった方もいます(^^)

何がそんなにいいんでしょう?どうしてそんなに連泊しているんでしょう?

みなさん泊まってどんな風に過ごしているんでしょう?調査してきました。

rabi-----.jpg rabi------.jpgrabi-------.jpg  

 今年は、卯年。皆さんも海人ならぬ、兎人になりませんか?

休暇村大久野島 http://www.qkamura.or.jp/ohkuno/

 

2011年1月23日

因島 ご当地グルメ編

瀬戸内で「マルジョウ」のマークといえば・・・

いわずと知れた村上水軍です!

南北朝〜室町時代にかけて、勢力を強めた水軍。

suigun.jpg

その、水軍が出兵の前に食べたという史実をもとに、観光協会が町おこしのために

開発したのが下の写真の「水軍鍋」です!象徴的なのが「タコ」

suigun-.jpg  suigun--.jpg

「八方を食らう」という意味で、タコまるごとを入れるのです(^^)

その他の具材は、ワタリガニ、サザエ、アサリ、フグ、カワハギ、エビ、カキ、それに

春菊とサトイモ、麦など、その季節に獲れる瀬戸内の海の幸がいっぱいです。

しょう油ベースのスープに、海の幸のエキスが凝縮されいいダシがとれています!

タコは、新鮮そのものでプリッとコリコリ、歯ごたえがたまりませんでした。因島のホテ

ルみやじまなど3か所で食べることができます。

 

そして、こちらはしまなみ海道、因島の大浜パーキングのメニュー。タコがいっぱいです。

    oohama-----.jpg  oohama.jpg

         タコ天丼                     タコ天カレー

oohama-.jpg oohama---.jpg

         タコ天うどん          全部で6種類のタコメニューに囲まれて

 

タコシュウマイに、タココロ天、タコおにぎりとユニークなメニューがいっぱいです。

広島県では、三原市、そして尾道市の生口島でもタコを特産品として売り出していま

す。因島にそれほどタコのイメージはなかったのですが、水軍鍋の豪快さとパーキング

のタコメニューの多さには驚きました。

ぜひ、ご賞味あれ。

 

2011年1月18日

パワースポット!「仙酔島(せんすいじま)」

多くの人が触っているのは、珍しい岩です。

power.jpg

赤・黒・黄・白・緑の五色の岩が遊歩道

50メートル以上に渡って連なっています。

触ってみて温かく感じた岩の色が自分の

カラーで、触るとパワーをもらえるといって

皆さんあちこちの岩を触っていました。

パワースポットは、科学的根拠や定義を

示すことはなかなか難しいですが、目に

見えない力を信じたり、頼りたいという思

いはよ〜く分かります。

私、パワースポット好きな一人です。

岩は、五色の岩と呼ばれ、今から約9千

万年前、火山によってできた地層で、県

の天然記念物に指定されています。

西日本では仙酔島でしか見ることができ

ないとも言われていますので、見に行く

だけでも価値がありそうです(^^)

場所は、福山市鞆の浦の渡船乗り場から

龍馬のいろは丸を再現した船に乗って5分。

power-.jpg

 山頂の弥山からは、鞆の浦の街が一望

できます。

仙人が天上を舞っていて、あまりの美しさ

に酔いしれて臥して島になったという伝説

のある「仙酔島」。この伝説を聞いただけて

パワースポットと言われるのが分かる気が

します。

power--.jpg

本日の旬感テレビ派ッで、パワースポット

の旅、ご紹介します。

 

2011年1月10日

安芸灘大橋を渡って

安芸灘大橋を渡って、大崎下島の親戚のところへ行きました。

安芸灘大橋は、呉市と下蒲刈島を結び、さらに上蒲刈島→豊島→

大崎下島→平羅島→中ノ島→愛媛県の岡村島までが橋で繋がり

「安芸灘とびしま海道」と呼ばれています。岡村島までは30キロあ

まりです。

kamikamagari-.jpg

去年の暮れに初めてサイクリングイベントが行われ、しまなみ海道

と同じく、サイクリングロードとしても注目されています!

 

今回のベストショットは上蒲刈島の「恵みの丘」近くで撮った一枚。

kamikamagari.jpg

この景色を眺めながら頬張ったおむすびの味は格別でした。

ドライブ&サイクリングコース「安芸灘とびしま海道」おすすめです。

 

2011年1月 1日

淡路島(兵庫県)

明けましておめでとうございます。2011年がスタートしました。

awaji.jpg

ウィキペディアによると、淡路島にある伊弉

諾(いざなぎ)神宮は、日本神話の国産み、

神産みに登場する伊弉諾尊・伊弉冉尊を

祀ると書かれています。こちらです↓

awaji-.jpgawaji--.jpg awaji----.jpg

  日本最古といわれる伊弉諾神宮         樹齢約900年の「夫婦の大楠」

 

そして、同じ瀬戸内海の宮島との縁が感じられる「厳島神社」がありました!

通称は淡路島弁才天で、宮島の厳島神社と同じ、市杵島姫命が祀られています。

どんな繋がりがあるのか・・・調べるのはこれからです。

awaji-----.jpgawaji-------.jpg

        厳島神社

 

今年はうさぎ年。ぴょんぴょんと今年も島から島へ旅したい。

そして、島の本もいつか出せたらいいな・・・・と考えている2011年元日です。

今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

 

2010年11月10日

大芝島(3)島がまるごと産直市?!

広島市から車で1時間半、東広島市安芸津町の大芝島です。

これは、私が電車とバスを乗り継いで行った時の写真です。

大芝島をブログでご紹介するのは3回目。今回、『旬感☆テレ

ビ派ッ!』旬感リポートの中で大好きな大芝島をご紹介させて

いただきました。

osiba.jpg

毎週土曜日と日曜日、朝7時から開かれている大芝朝市です。

7時前に県内各地から訪れる人で行列ができることも・・・

osibaasaiti.jpg osibaasaiti-.jpg

         大芝朝市          とれたて野菜があっという間に売り切れます。       

 

大芝島は、周囲6キロ。人口は約180人です。13年前に橋が繋がってから島をドライブ

する人が増えました。そこで、島を訪れる人たちに向けて地元の人たちが考えたのが、

自分の家の軒先でとれたての野菜や果物を販売する「無人市場」です。

 osibamujin.jpg osibamujin-.jpg

      谷口さんご夫婦                     無人市場

 

一人、二人と始めたこの無人市場、今やみかんの最盛期には73世帯のうち、20世帯

以上がこうした無人市を開いています。

無人市には、貯金箱が置いてあるだけ。このご時世になんておおらかななんでしょう。

地元の方は、昼間、畑で働いているので、無人市というスタイルをとっています。

夕方畑から帰ってきて、貯金箱を開けるのがとても楽しみ♪

ところが、時には、野菜や果物だけがなくなっていることもあります。心を痛めてそれで

無人市をやめてしまった人もいます。それでも多くの人に喜んでもらっているということ

で皆さん続けられています。

 ミカンやレモンなど買いやすく100円〜300円くらいに小分けにしてあるので、とても

買いやすいです。100円ずつ、いろんなところで買っている方も見かけました。

大芝島での無人市巡りには、両替もお釣りもありませんので、100円玉をお忘れなく☆

 

ところで、大芝島のあるスポットから見えるこの島が今話題になっています。

osibahart.jpgosibahart--.jpg

            小芝島(ハート島)

最近訪れる人が増えたため、10月の終わりに看板も掲げられました。今後、この

ハートの島をお花でピンクに染めようという話も持ち上がっています。   

そして、大芝島の東側には、干潮の時だけ砂浜で陸続きになる小さな島があります。

カップルで渡ると幸せになれるという香川県・小豆島のエンジェルロードのようです。

osiba-----.jpg osiba----.jpg

 

さらに、地元の魚と野菜料理でもてなしてくれるお店もあります。(完全予約制)

osiba-.jpg osiba--.jpg

    地元野菜を使った料理           「みき亭」のご主人と一緒に

 

大芝島は、これからのミカンの最盛期と、特産のビワが出来る春がおススメです。

道が狭いので、車の運転には十分気をつけてドライブを楽しんでください♪

 

2010年11月 3日

安芸灘4島エコツアー

環境省と県の海の道プロジェクトチーム、広島工業大学が
今、瀬戸内海の自然や景観を学びながら海からエコを感じ
られるツアーを模索しています。
今後、担当している『旬感☆テレビ派ッ!!』の特集でも取
り上げたいと、雨の中、視察に同行させていただきました。

安芸灘にある4つの島を巡ります。

eco.jpg  ecoship.jpg

              船内の様子                   呉港

     広島港を出発!30分後、大型タンカーと自衛隊の潜水艦が並ぶ呉港へ寄港。

 

eco-ondo-.jpg eco-akinada.jpg

     音戸大橋                 安芸灘大橋

  音戸の瀬戸、安芸灘大橋をくぐり、下蒲刈島で朝鮮通信使をもてなした史跡

などを訪ねました。
ところで、音戸の瀬戸は、干潮と満潮を1日に4回繰り返すってご存知でした?
日本ではここでしか見られない現象だと、広島工業大学の上嶋教授が話して

くださいました。

船で移動しながら、そこから見える植物や鳥、潮流についてなど、私たちを囲

む全てのものに好奇心を持って見つめている上嶋教授の話は新鮮でした。

eco-chosen.jpg   

         下蒲刈島


 
eco-simokuro.jpg  eco-kamikuro.jpg

          下黒島                     上黒島

 産業廃棄物処分場になっている下黒島、上黒島の間を通り過ぎ・・・


上蒲刈島では、古代の塩、藻塩を再現させた松浦宣秀さんから海の恵みのありがた

さを実際に塩作りを通して体験させていただきました。

eco-mosio-.jpg eko-mosio.jpg  

藻塩作りを体験!

eco-mosio---.jpg eko-kenmin.jpg

                                 上蒲刈島 県民の浜

eko-ryori.jpg  

「恵みの丘」でいただいたお食事には、藻塩が使われていました。

 

eco-ituki.jpg  eco-ituki-.jpg

           斎島                  

そして、今回、私初上陸となる斎島へ立ち寄りました。
アビの里いつきは、今は閉鎖されていますが、もしかすると今後パワースポットとして

人気を集めるかもしれません☆☆☆

eco-osakisimo.jpg  eko-utu.jpg  

        大崎下島                宇津神社   

4島目は大崎下島です。
昭和40年代〜50年代には、山の斜面がオレンジ色になり、ここにミカンを運ぶ農船

400隻もあったそうです。
ナウマン像の化石から富嶽三十六景など様々なお宝を所蔵している宇津神社をお参

して帰途につきました。

 

エコツーリズムを資源の保護と観光の発展、地域の元気や雇用に繋げることが出来る

のか?! 
いくつもの課題を抱えながら、大きな夢と挑戦は始まったばかりです。

 

2010年8月10日

瀬戸内海でクジラウオッチング?!

瀬戸内海にクジラがいるってご存知ですか?

クジラの仲間で一番小さいスナメリです。

大きさは、人間と同じくらい、160センチ前後です。

先日、広島市の港から山口県の周防大島、松山港あたり

までぐるり5時間以上スナメリを探してきました!

sunameri.jpg

結果は・・・残念ながらスナメリちゃんに会うことはできません

でした。本当に残念です。

ただ、ここ2年間でおよそ500件の目撃情報が海運業者や

一般の方から寄せられています。

しかも、私のように船を出して探さなくても、広島や山口、愛

媛から出ているフェリーや高速船など、定期航路から度々目

撃されているのです。

現在、環境省が中心となって、スナメリの一斉調査を行って

います。瀬戸内海の生態系の頂点にいる生き物の現状を知

ることで、今、瀬戸内の海はどんな状況かを知ることができる

といいます。

sunameri-.jpg

皆さん、もし瀬戸内海の定期航路からスナメリの姿を目撃し

たら、「スナメリネットワーク スナメリ目撃情報」

http://www.denshimap.jp/setouchi/sunameri/sunamerimokugeki/index.html

までご一報ください。

スナメリが頻繁に見られる豊かな海が戻ってきますように。

 

2010年6月24日

『祝の島(ほうりのしま)』(山口県) 

広島市の横川シネマで上映している『祝の島』の初日。

劇場の外まで長い列が出来ていました。

                  山口県上関町・祝島(いわいしま)の港     

horiu---.jpg    houri----.jpg

劇場の中の半数が祝島の方、補助席が出るほどの盛況です。

私の隣に座っていた女性グループも祝島の方でした。

地域の人が待ちに待った映画『祝の島』とは・・・ 

houri.jpg

   監督:纐纈(はなぶさ)あやさんと

 

海が死ぬと人は生きていけない・・・

瀬戸内海の島で今、起きていること。

ぜひ、ご覧ください。

http://www.hourinoshima.com/(『祝の島』)

 

2010年6月15日

向島・古代ミステリーで町おこし(広島県)

尾道市・向島。この巨石にはいくつものミステリーが 秘められています!

iwaya-.jpg

坂の街尾道から渡船で3分。尾道水道を渡った向島で、

謎の巨石に迫るミステリーツアーで町おこしをはかろうと

取り組んでいます。詳しくは、きょうの旬感テレビ派ッで。

iwaya.jpg

     (写真)  向島・岩屋山山頂からの眺め

 

map.jpg

向島の魅力は、ズバリ、古代ミステリー&昭和レトロな街です。

「岩屋山ミステリーツアー」の地図は、向島の兼吉商店街などに

置いてあります。ぜひ、探検気分で行ってみてください(^^)

 

2010年5月10日

新緑の宮島

こんなに澄んだ空を見て家でじっとしていられなくなりました。

 今回、平和公園から船に乗って、はじめてのルートで宮島へ向かいました。

片道45分。料金は往復で大人3,400円とかなり高めですが、広島市中心部から

川を下り、瀬戸内 海へ出て、世界遺産宮島が見えてくるというのは、なかなか素

敵でした。 

miya-ship--.jpg miya-ship.jpg

 安芸の宮島は、紅葉が有名ですが、私はこの時期のもみじが一番好きです。

miya-momi.jpg

 紅葉谷から宮島頂上の弥山に続く道で、川のせせらぎを聞きながらひとやすみ。 

赤ちゃんもみじが太陽の光を浴びて透き通るような黄緑色に輝いていました。

miya-momi-.jpg

風が吹くと、サラサラサラッと優しい音がして 木々が喜んでいるようでした。

頂上も気持ちよかった〜。

miya-misen.jpg

 現地で待ち合わせの友人と頂上で合流。視界はこれ以上ないほどに良好!

misen-.jpg misen--.jpg

 海の青と空の青さに気分も晴れ晴れ。一気に盛り上がり、秋には屋久島へ行こうと

張り切っています(^^)

 

2010年4月30日

生口島(2)広島県尾道市

日帰りでも電車を乗り継いで海を渡れば、ちょっとした旅行気分です。

明治時代、豪商の別宅だったという「住之江旅館」で豪華なランチを

いただきました。 

tako.jpg

大林宣彦監督の『転校生』ロケ地にもなった場所です。

昼食だけでも部屋食で、この日は、地元でとれたてタコづくし

のお料理でした。お刺身は、席に座ってからさばき始めるとい

う徹底ぶり。

tako-.jpg

 料理によってタコの食感が全く違っていて、天ぷらは

ふっくらと柔らかく唸ってしまいました。

tako--.jpg

 庭のソテツは、樹齢500年?とか。見ごたえあります。

お腹がいっぱいになったところで、平山郁夫美術館に

むかいました。

 

番組のお知らせ

『旅の彼方に〜平山郁夫の画業〜』

5月22日(土)午後2時〜2時55分 

 

2010年3月 8日

宮島(5)〜春の味覚〜

 宮島の朱の大鳥居近くで潮干狩りをしました。

宮島であさり養殖一筋64年の船倉明夫さん。

ポイントを教えてもらいながら一緒に掘りました!

asari.jpg

区域を守って3キロまでなら無料で持ち帰れる

とのことです!無料で天然のあさりが獲れるこ

とを初めて知りました。

宮島の良質な山の栄養をたっぷり吸収して

これから暖かくなるにつれ大きく成長します!

 

おススメは、韓国料理のカルグックス。(うどん)

asari-.jpg

あさりから出るダシと、あさりが持っている塩分

だけで十分なおいしさ。足りなければ塩で味を

調えます。

あさりの旨みを存分に堪能しました(^^)

3月9日(火)の旬感テレビ派でご紹介します♪

 

2010年2月19日

平山郁夫さんお別れ会 広島県・生口島

日本画家、平山郁夫さんが亡くなって3か月あまりが経ちました。

先日、故郷の広島県尾道市の生口島で、お別れの会が営まれ

ました。

左の島が高根島。黄色の橋を挟んで、右側が生口島です。

この、橋の袂で平山さんは育ちました。 

hirayama.jpg

 平山郁夫さんの著書『群青の海へ』の中に、こんな一説があります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

動と静の渾然一体となったところに、私は自分の「美」を見いだすの

です。

この動と静の渾然一体となったありさまを私は潮の流れから学んだ

ように思います。

大きくうねる潮が、干満の境にピタリと静止する、その瞬間の清逸が、

美意識の原点ともなっているのです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 お別れの会では、平山さんが描いたシルクロードの朝日と、群青の

輝く月の屏風が飾られました。

見渡す限りの砂漠で、砂嵐吹き荒れる中でも、 風が ピタリと止む凪を

え、 その一瞬の安らぎのようなものをこれまで私たちにも見せてくだ さっ

たよう 感じます。

画業60年、日本の偉大な画家のご冥福を心から祈ります。 

hirayama-----.jpg

 

2010年2月11日

無人島のオーナーはいかが? 三ツ子島

無人島のオーナーになったら何をしたいですか?

広島県呉市の沖、約1キロに浮かぶ無人島「三ツ子島」が

売りに出されました。広さは約7600平方メートルです。

中国財務局が行った一般競争入札には、東京など県外から

も個人や団体18の入札があり、1億1万円で落札されました。

落札したのは、隣の島で事業を営んでいる会社となんとも現

実的な結果でした!

mituko.jpg

番組には、島を吟味してくださいとのメールも来ました。

広島工業大学の上嶋教授は「島は浦と浜と崎からなっている!」

と以前、島についてレクチャーしてくださったことがあります。

入り組んでいる湾には建物を、崎(岬)では魚釣り、そして砂浜・・・

夢が膨らみますが、この島は、上陸した記者によると砂浜はない

そうです。

う〜ん。別荘&レジャーにはむかないのかしら。

私は、島好きですがオーナーには興味がありません。

日本には無人島が6424もあります。一つでも多く上陸してみたい。

 

でも、もしオーナーになったら・・・と妄想も膨らみます。

カジノをつくろう!

世界中からいろんな人に来てもらって瀬戸内海をみてもらいたい。

カジノの収益で、瀬戸内クリーン作戦を展開!

世界一美しい海にしたい・・・

 

2010年2月 8日

カキ祭り 2 (倉橋島・音戸)

呉市音戸町のカキ祭りに行ってきました! 

kakimaturi.jpg

 青空にはためく大漁旗の下には大勢の人。大盛況です。

kakimaturi-.jpg

私も列に並んで待つこと20分。焼きガキとご対面で〜す!

  kakimaturi---.jpg

来場者に無料で振舞われたカキ。濃厚でぷっくり、炭火で焼くと

おいしさが増すような気がしました(^^)

kakimaturi----.jpg

今後もカキ祭り目白押しです。 ↓

 http://www.pref.hiroshima.lg.jp/page/1170325232110/index.html

kakimaturi------.jpg

 「音戸オイスターサービスの皆さん」

おいしいカキを届けるため各地のイベントを飛び回ります!

おいしいカキの食べ方を聞けるのもカキ祭りの魅力です♪ 

 

2010年1月29日

芸南各地でカキ祭り!(倉橋島・音戸)

カキの生産量全国1位の広島県!その広島で、もっともカキの養殖が盛んな呉市に

行ってきました!

ondo.jpg ondo-.jpg

(倉橋島の北部、音戸町から見たカキ筏) (呉市音戸町の若きカキ生産者の皆さん)

音戸漁協を訪ねると、若手生産者の皆さんが集まって会議をしていました。

これから毎週末、カキの産地では次々にカキ祭りが行われます。その作戦会議!

焼きガキとカキ雑炊、それぞれ1,000食分を用意してお客さんをもてなすそうです☆

行かなくちゃ。

 

 この冬はカキ祭りに行こう! 

カキ祭りの情報は広島かき祭りカレンダーをご覧ください。http://www.pref.hiroshima.lg.jp/page/1170325232110/index.html

ondo--.jpg

 生カキをオシャレにいただくメニュー「オイスターシューター」

手前から、生カキ・イクラ・ウズラ卵、めんつゆ

中央、生カキ・ウォッカ・トマトジュース・タバスコ・オイスターソース・コショウ・レモン

奥は、生カキ・パスタ用トマトソース・パセリ、  それぞれ適量で。

個人的には、イクラとウズラ卵、めんつゆのグラスをクイッと飲むのがお気に入りです。

 

帰りに、呉市本通7丁目にあるお好み焼き「なかつ」に寄りました。

以前から気になっていたお店です。店主の中津美代子さんは81歳。この道40年以上。

nakatsu.jpg nakatsu-.jpg

 1日に2枚でも3枚でも、お好みを食べに来てくれる人がいる限り続けるという中津さん。

素敵でした。

鉄板を挟んでマンツーマン!!しびれます。

趣味は旅行。今でも1日6千〜1万歩あるきます。

nakatsu--.jpg

帰りに「また来ます!」と約束しました。

また、お母さんのお好みが食べたい。

 

2010年1月11日

〜宮島〜

 きょうは「成人の日」。新成人にとっては、新たな船出の日ですね☆

hatumoude.jpg ootorii.jpg

 初めて、宮島に船で行きました。輝く太陽に照らされた瀬戸内の島々と

100万都市の広島の街を交互に眺めながら広島港から20分あまりのク

ルージングです♪

ootorii-.jpg  

年末、船上から宮島の七浦巡りをして神社にお参りしたので、年明けは、宮島に

上陸し、厳島神社に新年の挨拶をしてきました!

この1年の島旅の無事を祈りつつ、皆様もぜひ引き続きおつきあいくださいませ。

motoujina.jpg hirosimakou.jpg

 (40年前海水浴場だった元宇品の海岸) (広島港から宮島まで高速艇で約20分)

 

2010年1月 5日

2010年 園に浮かぶ島を眺める・・・

 ♪明けましておめでとうございます。

満月で迎えた2010年、健やかに過ごせますように・・・♪

kourakuen.jpg

 無理やりですが、美しい庭の池に浮かんでいるのも島です。

日本三名園「後楽園」を散策しながらお正月を過ごしました。

旭川の中州にある後楽園は、実は庭自体が橋で繋がっている

島?!なのです(^^)

写真の右側から島茶屋のある中の島(なかのしま)

釣殿のある御野島(みのしま)

見事な松で覆われた砂利島(じゃりじま)

かつて、お殿様は、庭園を眺めながら優雅なひと時を過ごし

ていたのですね。時は現代、庶民の私もあやかって・・・

kaiawase.jpg

 平安時代から楽しまれていたという「貝合わせの会」に参加してみました。

kai.jpg kai-.jpg

 キレイに円形に並べられた蛤。 貝合わせは、今でいう神経衰弱のようなものです。

親が差し出した貝と同じ貝を伏せてある貝のなかから探し当てます。中には絵が描

いてあり、当たれば同じ絵が揃います!

どんなに似ていても、蝶番がぴったり合うものは世界でたったひとつだけ。

探し出せるのか!!!風流な遊びに真剣に興じながら2010年が始まりました。

kai---.jpg kai-kouraku.jpg

皆様、今年もどうぞ宜しくお願いいたします。            

 

2009年12月24日

宮島七浦&エコツアー 

宮島の7つの神社を海から拝み、国立公園でもある

宮島の豊かな自然に触れる。

そんなツアーがあったらいいのに・・・・

広島工業大学上嶋英機教授と宮島の観光会社が

今、実用化に向け研究中です(^^)

miyajima-eko.jpg 

私、モニターツアーに参加してきました。

aonori.jpg kame.jpg

徒歩では行くことのできない神社です。海から、そして場所によっ

ては上陸して、七つの神社を巡ります。今年一年の無事に感謝を

込めて手を合わせました。

miyajima-tonbo.jpg siomaneki.jpg

 ここは、宮島トンボの生息地。       こちらは、ハクセンシオマネキの生息地。

春から夏にかけては、ハマヒルガオやハマボウなどの花が海岸に咲き乱れます☆

doukutu.jpg hune.jpg

侵食によってできた洞窟。

厳島神社の他にも宮島の自然には感動がいっぱいです。

瀬戸内初の海の自然を愛しむブルーツーリズム!来年の実現をお楽しみに~♪

 

2009年11月15日

瀬戸内のみかん(広島県・大崎下島)

コタツでみかんの季節がやって来ました!

orangeorange.jpg orangejuce.jpg

 大長みかんで知られる大崎下島のJA広島ゆたか前です。

「早生みかん」と「せとか」の搾りたてジュースがコップ1杯

100円でした。これ以上ないほどの新鮮な果汁に感動!!

少し傷がついただけのワケありみかんをたっぷり買いこんで

帰りにもう1杯ジュースを買いました。ホントに絶品です。

 

御手洗では、船大工・宮本国也さんと、しばしおしゃべりしました。

kitamae-hune.jpg

船大工の宮本さんは1991年の台風19号で、仕事の道具が

全て海に流されました。それ以来、ミニチュアの北前舟などを

作るようになりました。私に語りかけながら、手は休むことなく

動き続けていました。大きな船が作れなくて落胆しながらも、

作り続ける職人魂を感じました。

宮本さんの工房は、今や御手洗の人気スポットの一つです。

 

〜おしらせ〜

そう、コタツにみかんの季節です。

コタツを置かない家庭も増え、TV観ながらみかんを食べるなんて

光景も減っているのでしょうか?

生産量は、ピーク時の3分の1に落ち込んでいます。

ところが、みかんは、進化し続けているのです!!!

今年の冬はおいしいみかんを食べましょう(^^)

放送は、広島TV16:45〜の旬感テレビ派ッで。

 

2009年11月 7日

秋の尾道&鞆の浦

尾道市の千光寺とロープウェー乗り場の間に

絶好のビューポイントがあります! 

buke.jpg

 ぶらぶら散歩していたら、猫の看板。屋根の上に日向ぼっこ中の猫。

onomichi-cat.jpg onomichi-cat-.jpg

 尾道⇔鞆の浦の定期船を使うと、移動がクルージングとなって得した気分♪

tomo.JPG

鞆の浦です。医王寺まで登ると街並みが一望できます。

tomo-.jpg dongri.jpg 

 途中の山道でどんぐり発見!空高く・・・散歩で秋を感じた一日でした。

 

2009年11月 3日

さよなら大芝小学校(広島県)

 東広島市安芸津町。通称フルーツ大橋(大芝大橋470m)を渡ると大芝島です!

ooshiba-buridge.jpgorange.jpg

 ミカンやビワなどの果樹栽培の盛んな島です。去年の今頃もブログで大芝島をご紹介

したのですが・・・CMなどにも登場した木造の大芝小学校校舎が解体されることになり、

毎週末、ここで行われていた最後の「朝市」に行って参りました。

ooshiba-school.jpg asaichi.jpg

 11月中に工事が始まるそうで、この校舎が見られるのもあと少しです。

見れば見るほど趣のある校舎です。

今週末からは、小学校近くの広場で朝市が行われます!

hart-shima.jpg

 大芝島へ行ったら、ハートに見える島もぜひ探してみてください♪

 

2009年8月25日

情島(山口県・人口116人 2009年8月現在)

 周防大島諸島の情島(なさけじま)へ行ってきました!

周防大島の路線バスの終点、伊保田(いほた)港から→町営の渡船で15分です。

nasake-ship.jpgnasake-nao.jpg

 渡船は、25人乗りで味があります(^^)情の瀬戸と呼ばれるタイやスズキ、メバルなど

高級魚の宝庫は、潮の流れが速く、景色も最高!渡船ながらクルージングを楽しんで

いるようでした!

nasake-umi.jpg

情島は、広島の呉にもありますが、ここは、山口県の最も東、

広島県と愛媛県の県境です。 

人口は116人。その他、猫がいっぱいとサルが1匹住んでいます。

nasake-town.jpg

 食料品や雑貨を扱うお店が、毎日、家の前まで配達に来てくれます。

nasake-roji.jpgshop-car.jpg

  港町に猫の姿あり。島のあちらこちらで、日陰で涼む猫を見ました。

どんどん近づいていきました。

  white.jpg white--.jpg

ここまで、近づいても、警戒心ゼロ。

cat.jpg

 肉球が触れるくらいまで近づいちゃいました(^^)かわい〜

情島近海の魚は、主に広島で消費されています!

次回は、釣竿を持っていこう!!

 

 

2009年7月11日

海ゴミ(5)

4月にブログでご紹介した「海の会」の活動を取材しました!

海の中から出てきたのは、朽ち果てた自転車や空き缶、ペットボトルなど。

bicycle.jpg gomi--.jpg

ヘドロの臭いで鼻が曲がりそうになりますが、そんな海に潜ってゴミを拾っている人

がいます。

海の会の代表・海渡拓則(うとたくのり)さんは、広島市内の海や川で子どもたちが

安全に遊べるようにとゴミを拾い続けています。たった1人で7年前から始めたゴミ拾

いは、小さな広がりをみせています。最近は、子どもたちも参加しています。タバコの

吸殻を拾っている子どもたちの姿を見るのは切ないです。

umi-children.jpg

目標は、広島市の海岸で海水浴場の復活!!

放送は7月14日(火)の旬感☆テレビ派ッ!!です。

 

2009年7月 2日

大カクマ島(弁天島)・広島県

久々に海に出ました♪

やっぱり気持ちいい!

benten-naomi.jpg

後ろに見えるのは、大カクマ島(弁天島)です。

bentenshima.jpg

広島港の南西約6キロの位置にある、面積約0.02平方キロの島。

島全体が緑地です。足場が良いため、快適な釣り場として釣り人

に知られています。島へ向かう連絡船はありませんが、この日も

瀬渡しで来たと見られる釣り人発見!!(写真右側に米粒くらい

に見えてませんか?)何が釣れているんだろう・・・

そんなことを考えながら船に揺られお弁当を食べました(^^)

 

安芸の小富士と呼ばれる「似島」のすぐ西に見えます。 

niho.jpg

この日は、1年ぶりに海に潜りました。

小さなメバルの大群が元気に泳いでいました。

海中の様子もお見せしたかったです。

次回は、デジカメ装備の上で潜ろうと決意しました!!

 

2009年5月 9日

直島 2

アーティストが滞在しながら作品をつくることで島おこしを
はかる香川県の直島。
芸術の島として各地から多くの観光客が訪れています。

そこで一組の家族に出会いました。

family.jpg

愛知県出身の写真家・青山良博さん、画家の啓子さん、娘の亜未ちゃん。
このたび直島でギャラリーを開くという話を聞きつけ、突然お邪魔しました。
作品をひとつご紹介。

sun-manndara.jpg

オープンは7月15日。
香川県香川郡直島町736-2 ギャラリー「いちんどん」

旅は出会いと発見の連続です・・・・

 

2009年5月 5日

直島(香川県・人口3,387人 2009年4月1日現在)

 芸術の島、直島へ行ってきました!

岡山県玉野市の宇野港からフェリーで約15分、そこは香川県です。

kabotya.jpg

直島といえば、かならずパンフレットで見かけるこの「南瓜」

「海にどうしてかぼちゃなの〜?」と疑問を持ちながらも、そこはミーハー

気分が先に立ちワンポーズ!!

何人もの観光客が南瓜を取り巻いていて、写真を撮るのに10分くらい待ち

ました。人気スポットです。

作者は、草間彌生さん。「前衛の女王」と呼ばれ、今回、ランコムとのコラボ

で水玉のポーチをつくった人ということも知りました。

 

地上からはまったく建物が見えないという「地中美術館」に向かいました。

ここには、地球の虹色の色彩を描いたモネの晩年の作品があります。

↓写真は地中美術館の入り口付近です。だって、建物は見えないんだもん。

  島は花盛りでした。

tityu-.jpg

 

直島では、1980年代から芸術家が島に滞在しながら作品をつくる

というプロジェクトがあり、多くの芸術家が作品を残し、今も製作中です。

ベネッセコーポレーションが運営する「ベネッセハウス」、民家を改修した

「家」など、島のあちらこちらで現代アートに触れることができます。

 

ここは、美術館で宿泊もできる「ベネッセハウス」建築は安藤忠雄さんです。

benesse.jpg

 

そして、こちらが民家を改修した家中まるごと現代アートです。

haisya--.jpg

 

この集落に、作品として公開されている家や神社が数か所あります。

訪れた人は1,000円のチケットを買って、チケットに付いている地図を

見ながら街を歩いていました。

naoshimamachi.jpg

一番人気は「南寺」↓建物は安藤忠雄さん、中の作品はジェームズ・タルレ。 

minamidera.jpg

 チケットを買って、南寺の前で整理券をもらいました。整理券を見ると中に

入れるのは2時間後。

ゆったり美術鑑賞というよりも、ディズニーランドのファストパスを

もらったような気分になりました。

huji.jpg

南寺の中は、漆黒の闇。あれほどの闇を久々に体感しました。

目が慣れてくると闇から薄い光が浮かび上がってきます。

明るい方へ明るい方へと導かれ、南寺を後にしました。

 

最後に訪れたのは、港の近くの「007赤い刺青の男記念館」

wo seven.jpg

小説『007赤い刺青の男』の舞台が直島に設定されている

ことに因んで、地元の観光協会がプロデュースしたそうです。

無料で、なかなか見ごたえがありました〜。

 

次回は、直島で見つけた新しいギャラリーをご紹介します!

 

 

2009年5月 1日

因島 2

先日「テレビ派」で放送しました因島の特産品はこれ!

杜仲茶です。 

totyu-desk.jpg

 因島産100%の杜仲茶は香りもコクもあり、

ほんのり甘みもあるんです。

取材以来、毎日のようにいただいています(^^)

しまなみ海道沿いのドライブインで販売しています。

ダイエットチュウの方にも人気だとか。

瀬戸内土産にぜひどうぞ☆☆☆

 

2009年4月26日

因島

因島、テレビ塔のある展望台から眺めた景色です。

innoshima.jpg

目の前の土生(はぶ)の街のすぐ目の前にある島はもう

愛媛県です。

今回は、28日(火)放送予定の取材で因島に行ってきました。

 

テーマはこの植物です。

totyu.jpg

なんだかサバンナに生える潅木のうようにも見えます。

今、初夏の日差しをたっぷり浴びて、芽吹いたばかり。

happa.jpg

実は、この植物因島を代表する特産品の一つ

なのですが、飲むだけでなく、食べることもでき

るんです。

zenya.jpg

土生港ターミナル1Fにある

「キッチン&カフェ膳屋」では、しまなみ10周年

を記念して、因島の特産品を使った新メニュー

がお目見えです。

ご主人の木戸さんは、ベルリン総領事館、

数々の国際会議で各国の要人に料理を振舞って

きたシェフです。

5年前に、奥さんの故郷因島でお店を始めました。

放送は28日(火)の旬感テレビ派ッです☆

 

2009年4月12日

〜海の会〜 ゴミリポート4

ここは、広島市西区の草津港。 

baike.jpg

引き上げられたのは・・・・自転車です。どうして???

taia.jpg

凝視できません。写真から臭ってきそうです。

uto.jpg

写真の方、広島市に住む海渡拓則さんの趣味はダイビングです。

ところが、故郷、瀬戸内海の現状を知ってからは、自称、海の掃除屋さんです。

毎月第2日曜日、海に潜ってゴミを拾います。

思いはただひとつ。

瀬戸内の海でいつまでも遊びたい。

海渡さんは、お年寄りから、広島市の海岸で以前はハマグリが獲れたという話を聞きました。

いつかハマグリがとれる海に戻したいと一心に願っています。

そして、地道にゴミを拾い続けます。

isu.JPG

海渡さんの思いに、共感する人たちが1人、2人と徐々に集まってきました。

ボートやトラックを出してくれているのは、海渡さんの仲間たちです。

全員がボランティア、自己負担でゴミ拾いを続けて1年以上になります。

kusatsu.JPG

このたび、初めて参加した親子もいました。

superman.JPG

正義の味方スーパーマンの格好でゴミ拾い(^^)

はたらいた後のお茶はおいしい〜(^^)v

 

お母さんは「ゴミを捨ててはいけません」と教えるよりも

一緒に拾ったほうが心が通じると話していらっしゃいました。

torack.JPG

海好きの集まり「海の会」のゴミ拾いは 

毎月第2日曜日10:00〜 草津港近辺で行われています。

 

次回は島へ。

 

2009年3月19日

ようこそ瀬戸内ツアーへ!

 

第1回島ツアー「屋久島」の写真です。
yakushima.jpg

     白谷雲水峡「もののけの森」にて

 

 

2年の月日が経ち・・・

今回は「瀬戸内ツアー」を開催しました。

一緒に行ったのは「産業カウンセラー」の講習会で1週間、同じ教室で勉強した仲間&

飛び入り参加した私の島友(写真右)です。

皆さん、東京と神戸から長閑な休日を過ごしに瀬戸内まで来てくださいました!!

 

senkoji.JPG

去年、桜の咲くころ皆さんに会いに行って以来、会うのは1年ぶりです(^^)

 

まずは、私が生まれた尾道の街をご案内しました☆

千光寺の展望台は360度の大パノラマです。

北側は陸上競技場などが見える「やまなみ」の景色、南は尾道水道から四国まで

橋で繋がった「しまなみ」の風景が広がっています。

 

ここで、最年長の唐沢さんが一首

「岩を抱く 松根に聴こゆ 瀬戸内の たゆとう風に とけゆく心」

 

岩は自身の心、包み込む松の根は千光寺の観音さまの御手、

やさしさは心のゆとりから生まれるのでしょう・・・と語っております。

お見事! 

 
iwagi.jpg

夕方には、大阪出張からそのまま駆けつけた仲間が さらに加わりました。

宿泊は、愛媛県・岩城島(いわぎしま)。

「島から島へ」のトップでご紹介した島です!

2週間もすれば、島の山頂は一面、桜に覆われます!

iwagisaku.jpg

 

 2日目は、私の地元、福山・鞆の浦をご案内しました!

 

tomo.JPG 

11時過ぎと14時過ぎの2回、フェリー乗り場からボランティアガイドさんのツアーが

出ています。鞆の浦は「町並みひな祭」の真っ最中でした。 3月22日(日)まで。

ootake.JPG

 そして、旅の最後にサプライズが・・・・

広島のアナウンサーの大先輩、杉浦圭子さんにばったりお会いしました。

記念撮影にも快く応じてくださり「瀬戸内の旅」記念の1枚となりました。

 

年齢も職業もバラバラ。

たった1週間、同じ教室でカウンセラーの勉強をした皆さんが、何故か今では親戚の

ようです(笑)

 

2009年3月 8日

祝島(いわいしま)山口県・人口約580人

朝、9時30分。

iwai-hune.jpg

山口県の柳井港から定期高速船で1時間10分。
神の島「祝島」が見えてきました。

言い伝えによると、886年、豊後の国(大分県)の神職が漂着し、祝島でもてなされた
お礼に麦の種を与えました。それに感謝した祝島の人が始めた神舞が今も受け継が
れ、4年に1度、8月に古式ゆかしく神楽舞が催されています。

帰りの定期船の時間は12時30分。滞在時間は1時間50分です。
祝島の集落を歩いてみました。

この島の特徴は、家々を廻るこの壁です。
neribei.jpg

練塀(ねりべい)といって冬場の季節風から家を守るため、周囲を自然石や粘土で
囲っています。

今年1月には、ピアノを備えた練塀のギャラリーが誕生しました。
こけら落しでは、島の人たちがJazzに酔いしれたそうです♪
garally.jpg

案内してくれたのは、港で偶然お会いした「民宿くにひろ」のご主人です。
練塀の町並みの中に民宿があります。時々画家がスケッチに訪れ、泊まられるそう
です。

kunihiro.jpg

くにひろのご主人が案内してくれたのはこの場所です。

kokkou.jpg

「こっこう」という植物のあるところです。島内各所に自生しています。

実は、この実・・・・秦の始皇帝が叙福に探させた不老不死をもたらす幻の仙薬(実)と
伝えられています。

許可をいただいて、ひとついただきました。
な、なんとキウイのよう。木で熟していたので、爽やかな甘さが口に広がりました。
キウイフルーツの原種ともいわれ、島のお土産品として羊羹や果実酒として販売して
います。

hijiki.jpg

立春以降は、島の名産「ひじき」を海辺で天日干しにする風景が見られます。
生で食べられるほどの柔らかさが自慢で、水で戻し、そのままサラダで食べるのが一番
だそうです。

祝島にはまだまだ見所がいっぱい。今度は、夏の神楽舞を見に来たいと思いました☆

iwai.jpg


内田康夫さんの『赤い雲伝説殺人事件』の舞台にもなっています。

 

2009年1月 2日

仙酔島(広島県)

お正月の2日は、実家から車で15分の鞆ノ浦から仙酔島へ渡りました。

tosen.jpg

弁天島を眺めながら約5分で到着です。

hune.jpg


仙酔島には、ハイキングコースがあります。周囲5qあまりの小さな島ですが、
鳥の声を聴いたり、シイやウバメガシの木に目をやったり、のんびり縦走すると
2時間近くかかります。


antena.jpg

大弥山の山頂(159m)には立派な鉄塔が建っていました。

kanban.jpg


2011年、地上デジタル放送の移行に向け、準備万端。
昨年12月に整備されたばかりとのことでした。


kesiki.jpg

展望台から眺める真冬の瀬戸内海。
午後のやわらかい日差しを受けて、キラキラ輝いて見えました☆


nao.jpg


お正月の食べすぎには動くことが一番。
ウォーキングで汗を流して、帰りは島内にある足湯や温泉に
入るのもおススメです!

 

2009年1月 1日

元日 屋島へ!(香川県)

明けましておめでとうございます!

今年の元旦は香川県へ「こんぴら参り」に出掛けました。
そこで、「島」と名のつく源平合戦の地「屋島」を訪ねまし
た。(屋島は島ではなく半島ですが、そこからは瀬戸内の
島々が見渡せます^^)

seto-hashi.jpg

行きは、開通21年目を迎える瀬戸大橋を渡りました。
橋が架かってもう20年が過ぎたんですね〜。

yashima.jpg

屋島は、海抜293メートルの溶岩台地です。頂上の部分が
平坦で、その形状が屋根に似ている所から屋島と名づけら
れたそうです。

屋島といえば
kawara.jpg

名物、厄除け祈願「瓦投げ」です。この小さな素焼きの瓦を
展望台から海に向かって投げるのです!
なんだか乱暴な気もしますが・・・
kawaranage.jpg

北風吹き荒ぶ中、私も挑戦しました!!
「今年1年、これでよしっ」

megi.jpg
女木島(めぎじま)通称「鬼ヶ島」

展望台の南には桃太郎伝説の島「鬼ヶ島」が見えます。
垂れ込めた雲が物語を連想させませんか?!

帰りは高松港からフェリーに乗り、瀬戸内海クルーズを
楽しみました。岡山県の宇野港まで約1時間です!
yukei.jpg
往路で渡ってきた瀬戸大橋が夕陽に染まり、刻一刻と
色を変えていきます。

今年も「島から島へ♪」をどうぞよろしくお願いいたします。

 

2008年12月14日

宮島〜風に吹かれて〜

宮島・町家通り沿いにある『ぎゃらりぃ宮郷』です。
miyazato.jpg

このたび、島好き仲間の一人が、初の個展を
開催中です!

ishigaki.jpg
沖縄・竹富島

タイトルは〜風に吹かれて〜
three.jpg
右は、島根県・隠岐の街並み

oshiba.jpg
中には見たことのある風景もあり、その場で感じた
風や気温や空気感が甦ってくるようでした・・・・^^

作者は「表現するということは、自分が感じたものを
伝える相手がいるからこそでるものです」と挨拶文に
記しています。
なるほど・・・・

sakura.jpg

〜風に吹かれて〜
12月16日(火)まで10:00〜19:00
廿日市市宮島町町家通り『ぎゃらりぃ宮郷』

 

2008年12月 5日

山口県・長島(人口1,929人2008年12月1日現在)

山口県柳井市からひたすら南へ!
上関大橋を渡るとそこは長島です。

biridge.jpg

南の方角には、愛媛県の佐田岬。
西の方角には、大分県の別府湾。
空気が澄み渡る日には、四国と九州の両方が望めます!

ityo.jpg

山口県最南端にあるレストラン「瀬里家(せりか)」です。

serika.jpg

新鮮な瀬戸内の魚を使った和食はもちろん、ステーキ
などの洋食・肉料理も人気です。
私は、1,500円のハンバーグステーキランチにしました。
ham.jpg

もうすぐクリスマス。
23日〜25日まで、クリスマス限定メニューもありました!
bell.jpg

さらに、初日の出を見に行く方のために元旦から営業して
います!!晴れるといいですね〜♪
cat.jpg
食後のコーヒーは、ねこちゃんとのんびりテラスでいただき
ました。この日は風も穏やかで、目の前の海の色が変わ
っていく様子をいつまでも眺めていたい気分でした^^☆☆

「瀬里家」は基本(月)(火)休み。9:30〜19:30(LO)

 

2008年12月 1日

屋代島(周防大島) 人口190,934人・2008年12月1日現在

両親の結婚記念日の旅行にくっついて山口県の屋代島やしろじま
(周防大島)へ行ってきました!
set-.jpg
大島大橋を渡ってすぐのところにある大観荘(だいかんそう)に宿泊
しました。インターネット予約で、平日1泊2食1万円のお部屋から見
た夕陽です♪
set.jpg
大畠瀬戸と呼ばれるこのあたりは、潮の流れが速く、日本三大潮流
の一つといわれています。全長1,020mの大島大橋の眼下に渦潮を
見ることができます。私が宿泊した部屋からは渦潮と橋がバッチリ見
えました^^
uzu.jpg
今、柑橘類が美味しい季節ですが、加工品のジャムを買ってみました。
白鳥が浜の近くに「島のジャム屋カフェ」が建ち、道の駅や、大観荘でも
販売しています。旬の果物を使った手作りのこだわりジャムだそうです。
瀬戸内jam's garden(せとうちジャムズ・ガーデン)
http://www.jams-garden.com/
jam.jpg
私は、「島の青みかん蜂蜜マーマレード」にしてみました♪

jam-.jpg
早速、家でライ麦パンに塗って試食^^
さわやかな青みかんの香りと、蜂蜜のやさしい甘みが口の中に広がりまし
た〜。
今度は、ぜひ「ジャム屋カフェ」に寄ってお店の方とお話してみたいです☆

さて、お次の島は・・・
屋代島近く、山口県・長島です。海を望む美味しいレストランに行ってきました♪

 

2008年11月27日

江田島市(沖美町・人口3,690人・2008年11月末現在)

beach.jpg
江田島市沖美町から見た雨上がりの夕日です。
以前は「がんねムーンビーチ」と呼ばれていた場所。
三高港から車で約10分です。
beach-.jpg

ここに、心も体もリラックスできるカフェがあります♪
お店を営むのは、アントニー・ハウズさんと功子ハウズ
研井さんご夫妻です。お店を開いてから1年あまり。
a-teko.jpg

名前は「Arteco house(アーテコハウス)」です。
意味は、アートとエコに出逢える場所。
お2人ともアーティストです。
アントニーさんは、ライブイベントのプロデュース&
ボーカリスト。そして、巧子さんはピアニストです。
月に1度は、ゲストを招いてのライブを開催してい
ます。
店内のギャラリースペースは、絵画・写真・インスタ
レーションなど、アーティストに場所を提供しています。
東も西も海。ビーチを望みながら、美味しいお酒と料理
そしてアートに囲まれゆっくりと時間が過ぎていきます。
因みに「エコ」のほうは、古い建物に自ら手を加え、再
利用していること。これから、環境にさらに配慮しながら
暮らしの提案もしていきたいと話していました。

naomi.jpg

しばし美しい景色に見惚れてしましました・・・・

 

2008年4月22日

愛媛県・岩城島(いわぎじま)人口2,176人(2008年4月1日現在)

4月12日(土)
広島テレビ『旬感★テレビ派ッ!』が始まって10日あまり。
はじめまして。
糸永直美と申します。尾道生まれの福山育ちです!
ライフワークは島巡りです。
広島に帰ってきてから、毎月のように瀬戸内の島々を巡っています。
きょうは、愛媛県の岩城島へ行ってきました。
桜の時期が少し遅かったようで、積善山(せきぜんざん・370メートル)の満開の桜が出迎えてくれました。
麓から遊歩道を歩いて1時間あまり。360度のパノラマを見渡すと3,000本の桜が山を薄紅色に染めていました。時を忘れるほどでした。

p-1.jpg
目の前は広島県生口島

広島市からは、フラワーライナーで因島・土生港まで2時間。
そこからフェリーか高速船であっという間に岩城島です(^^)
目の前は生口島。因島や生口島から目と鼻の先の距離ですが、海を渡るとそこは愛媛県です。県境を感じた瞬間はテレビ!天気予報の画面を見た時でした。

岩城島はレモンの栽培が盛んな島です。
レモン懐石をいただけるお宅があって、体験もできます。
一緒に写っているのは、懐石料理を教えてくれる通称ちい姉さん。怒られたり褒められたりしながら楽しく作りました。
お店のご夫婦は、偶然、福山で同じ町に住んでいた高校の先輩ということが分かり、話が弾みました。こんな時、ご縁を感じます!
これからも島々を巡り、綴っていきたいと思っています。
おつきあいのほど、どうぞよろしくお願いします♪       

p-3.jpg
「レモン懐石に挑戦!」