« 2013年2月 | メイン | 2013年4月 »

2013年3月25日

エコツーリズムフォーラム2013

 広島市で開かれた「エコツーリズムフォーラム2013」の会場です。

sima fo-ramu.JPG

このフォーラムは「瀬戸内海の生態系を見つめ、自然・文化を

探り、守っていく」ことを掲げて、エコツーリズムを新たな観光

ビジネスにしていこうというものです。

これまで、人が訪れることが少なかったことで守られてきた

自然もありますが、これからは、見て感じて知ってもらうことで、

自然を残し、地域の活性化に繋げていけたらという議論が交わ

されました。

また、人の目が向き目を輝かせる人たちが訪れると、地元の

人が改めてその土地のよさを知り、自信と誇りに繋がっている

という話も出ていました。

瀬戸内海では、ミヤジマトンボの生息地がラムサール条約に

登録され、来年は瀬戸内海国立公園80周年を迎えます!

瀬戸内海にしかない魅力を知ってもらいたい。

この会場に集まった瀬戸内ファンの皆さんから様々な情報を

いただきました(^^)

次はどこの島へ・・・

2013年3月18日

ふくやまマラソン&さようなら福山競馬

7,000人が参加した福山マラソンに初めて行ってきました。

hukuyama.jpg  hukuyama-.jpg

 こちらはウォーキングの部。ベビーカーと参加している方もいらっ

しゃいました(^^) 私の兄は、ハーフマラソンに参加!

来年は・・・と考えているうちに次の場所へ移動。

 

今月いっぱいで63年の歴史に幕を閉じる福山競馬です。

 

hukuyama--.jpg  hukuyama---.jpg 

私は自分の誕生日の枠の馬と、第10レースダービーの本命「カイロス」に期待を寄せました!

 hukuyama----.jpg   hukuyama-----.jpg

ご一緒してくださったのは、美しすぎる競馬評論家、宮島の大鳥居隣で

微笑む花岡貴子さんです。

「馬の名前って、どこで切って読んだらいいの?」「ハチワクリョウバって何?」と、競馬について何も知らない私に馬券の買い方を教えてくれました。

そして、ダービーというのは、5月に華々しく行われるレースで、福山競馬にはもうそのチャンスがないため、繰り上げて開催されることになった切なさについて語り、しっかり見ておくようにと促してくれました。

馬を見る目に愛があります。

さすがはプロ!三連単、6−1−5で見事勝利!!

 

福山競馬といえば子どもの頃、母と兄と私で競馬場に父を迎えに行き、

そこで母が初めて買った馬券が大当たり!!という賑やかで楽しかっ

た思い出が蘇りました。

福山競馬!ありがとう!! 福山競馬 http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/keiba/

hanako.jpg

                花岡貴子さん

2013年3月11日

わがまちのオーケストラ「広響」

広島交響楽団の「マイタウンオーケストラ広響」が今年も3月17日まで開かれています!

mytown-.JPG

 子どもたちに生のオーケストラに触れてもらおうと始まり、今年で23年目です。

広響のオーケストラを初めて聴いて音楽家を目指したという人も出ているそうです。

実は私も子どもの頃、消防や警察の音楽隊に憧れ、将来は音楽をしたいと思っていた頃もあります。

mytown.JPG開演2時間前から子どもたちが列をなして待ち、客席の子どもたちの顔はイキイキと輝いて見えました。

馴染みのあるクラシックの曲を披露し、解説ではベートーベンが70回も引越しをしたとか、バッハは

生涯20人の子どもに恵まれたとか、私自身も勉強になりました。

指揮者体験のコーナーでは小学生の2人が挑戦し、会場は応援の手拍子に包まれました。

「夢はピアニスト」と語った、ピンクの洋服の石橋さん。応援しています♪

mytown--.JPG

ロビーでは、安佐南区のPTAの皆さんが東日本大震災被災地の子どもたちの進学支援をしようと

募金を募りました。次のマイタウンオーケストラは、3月15日(金)アステールプラザ大ホールです♪

2013年3月 1日

広島と福島を結ぶ会・被災地支援イベント!

 2月24日(日)に開かれたチャリティーイベント「広島と福島を結ぶ会」のスタッフです。

koshi.JPG

写真中央の花束を持った背の高い男性、元中学校体育教師の腰塚勇人さんがゲストでした。

腰塚さんは、11年前のきょう、2002年3月1日、スキー事故で一時は首から下が全く動かなくなりました。その後、奇跡の復活を遂げました。その時の経験などを語る「命の授業」という講演活動をしています。 

命の授業についてhttp://www.inochi-jyugyo.com/

 

会場にはおよそ400人が詰めかけました。そして、チケットの収益が約25万円、当日は18万円

あまりの募金が寄せられました。

この募金は、春の選抜高校野球で21世紀枠に選ばれた福島県立いわき海星高等学校野球部の

遠征費として寄付されます。

震災から2年を迎えますが、これからも広島にいて何かできることを続けていきたいと感じています。