« 2010年10月 | メイン | 2010年12月 »

2010年11月25日

屋久島

 4年ぶりに素敵な仲間と屋久島へ行ってきました!!

右側の写真は4年前、同じメンバーで「もののけの森」で撮った写真です↓

nagata.jpg          yaku----.jpg

            2010年11月                       2006年11月

 

皆さんとの出会いは5年前です。

「産業カウンセラー」集中講座で、同じクラスになったというご縁です。

年齢も性別も職業も様々。産業カウンセラーの試験に向かって、お互い励ましあいながら勉強

しました。

自己紹介の時、私は「島巡りがライフワークで、もし行きたい方がいらっしゃいましたら、ツアー

を組みます!」と宣言したのがきっかけです。

その一言から始まって、4年前に屋久島ツアーを開催。私が東京から広島に引っ越してからは

「瀬戸内ツアー」に皆さんが来てくださいました。

そして、この春・・・毎年恒例となったお花見の席で、東京の皆さんから電話がかかてきたのです。

「島ツアーの第3弾で再び屋久島へ行こう!」

その電話で、すぐに半年後のスケジュールを決めて、今回の旅となりました☆

2Gというクラスで4日間一緒に勉強したというだけで、こんなにもきのおけない親戚のような仲間

ができるとは思ってもみませんでした。

家族や職場のほかに、仲間がいると思うと、いつも心強く、幸せな気持ちになれます。

出会いに感謝です。

そんなことで、ここは

            北太平洋一のウミガメ産卵地 屋久島いなか浜   です。  

yaku-.JPG   

 いなか浜の前にある「うみがめ館」で、大牟田一美さんから20年以上にわたる

いなか浜の現状についてお話を伺いました。

nagata-.jpg nagata----.jpg  

今年は約2,500頭のウミガメが屋久島で産卵しました。

戦後、屋久島では亀当番といって、砂浜にウミガメの卵を取りに行き、それを売って

学校のクラブ活動の資金にしていた時代もありました。

海砂採取で砂浜が減り、護岸工事で潮の流れが変わり・・・・

その後、地域で浜を守る活動 がボランティアで続けられ今の環境が残されています。

美しい浜を眺めながら、せめて、このまま浜を残していくにはどうしたらいいのか、考え

させられます。            屋久島うみがめ館http://www.umigame-kan.org/

ngata--.jpg        nagata-----.jpg

                                                           いなか浜に面した旅館での写真です。

  yaku---.jpg  nagata-------.jpg

 洞窟のようになっている岩の入り口を入ると・・・そこは海の前の露天風呂です。

満潮になると波しぶきがかかってくるほど野趣満点です。

波の音を聞きながら、しばし日常を忘れるひとときでした♪

2010年11月10日

大芝島(3)島がまるごと産直市?!

広島市から車で1時間半、東広島市安芸津町の大芝島です。

これは、私が電車とバスを乗り継いで行った時の写真です。

大芝島をブログでご紹介するのは3回目。今回、『旬感☆テレ

ビ派ッ!』旬感リポートの中で大好きな大芝島をご紹介させて

いただきました。

osiba.jpg

毎週土曜日と日曜日、朝7時から開かれている大芝朝市です。

7時前に県内各地から訪れる人で行列ができることも・・・

osibaasaiti.jpg osibaasaiti-.jpg

         大芝朝市          とれたて野菜があっという間に売り切れます。       

 

大芝島は、周囲6キロ。人口は約180人です。13年前に橋が繋がってから島をドライブ

する人が増えました。そこで、島を訪れる人たちに向けて地元の人たちが考えたのが、

自分の家の軒先でとれたての野菜や果物を販売する「無人市場」です。

 osibamujin.jpg osibamujin-.jpg

      谷口さんご夫婦                     無人市場

 

一人、二人と始めたこの無人市場、今やみかんの最盛期には73世帯のうち、20世帯

以上がこうした無人市を開いています。

無人市には、貯金箱が置いてあるだけ。このご時世になんておおらかななんでしょう。

地元の方は、昼間、畑で働いているので、無人市というスタイルをとっています。

夕方畑から帰ってきて、貯金箱を開けるのがとても楽しみ♪

ところが、時には、野菜や果物だけがなくなっていることもあります。心を痛めてそれで

無人市をやめてしまった人もいます。それでも多くの人に喜んでもらっているということ

で皆さん続けられています。

 ミカンやレモンなど買いやすく100円〜300円くらいに小分けにしてあるので、とても

買いやすいです。100円ずつ、いろんなところで買っている方も見かけました。

大芝島での無人市巡りには、両替もお釣りもありませんので、100円玉をお忘れなく☆

 

ところで、大芝島のあるスポットから見えるこの島が今話題になっています。

osibahart.jpgosibahart--.jpg

            小芝島(ハート島)

最近訪れる人が増えたため、10月の終わりに看板も掲げられました。今後、この

ハートの島をお花でピンクに染めようという話も持ち上がっています。   

そして、大芝島の東側には、干潮の時だけ砂浜で陸続きになる小さな島があります。

カップルで渡ると幸せになれるという香川県・小豆島のエンジェルロードのようです。

osiba-----.jpg osiba----.jpg

 

さらに、地元の魚と野菜料理でもてなしてくれるお店もあります。(完全予約制)

osiba-.jpg osiba--.jpg

    地元野菜を使った料理           「みき亭」のご主人と一緒に

 

大芝島は、これからのミカンの最盛期と、特産のビワが出来る春がおススメです。

道が狭いので、車の運転には十分気をつけてドライブを楽しんでください♪

2010年11月 3日

安芸灘4島エコツアー

環境省と県の海の道プロジェクトチーム、広島工業大学が
今、瀬戸内海の自然や景観を学びながら海からエコを感じ
られるツアーを模索しています。
今後、担当している『旬感☆テレビ派ッ!!』の特集でも取
り上げたいと、雨の中、視察に同行させていただきました。

安芸灘にある4つの島を巡ります。

eco.jpg  ecoship.jpg

              船内の様子                   呉港

     広島港を出発!30分後、大型タンカーと自衛隊の潜水艦が並ぶ呉港へ寄港。

 

eco-ondo-.jpg eco-akinada.jpg

     音戸大橋                 安芸灘大橋

  音戸の瀬戸、安芸灘大橋をくぐり、下蒲刈島で朝鮮通信使をもてなした史跡

などを訪ねました。
ところで、音戸の瀬戸は、干潮と満潮を1日に4回繰り返すってご存知でした?
日本ではここでしか見られない現象だと、広島工業大学の上嶋教授が話して

くださいました。

船で移動しながら、そこから見える植物や鳥、潮流についてなど、私たちを囲

む全てのものに好奇心を持って見つめている上嶋教授の話は新鮮でした。

eco-chosen.jpg   

         下蒲刈島


 
eco-simokuro.jpg  eco-kamikuro.jpg

          下黒島                     上黒島

 産業廃棄物処分場になっている下黒島、上黒島の間を通り過ぎ・・・


上蒲刈島では、古代の塩、藻塩を再現させた松浦宣秀さんから海の恵みのありがた

さを実際に塩作りを通して体験させていただきました。

eco-mosio-.jpg eko-mosio.jpg  

藻塩作りを体験!

eco-mosio---.jpg eko-kenmin.jpg

                                 上蒲刈島 県民の浜

eko-ryori.jpg  

「恵みの丘」でいただいたお食事には、藻塩が使われていました。

 

eco-ituki.jpg  eco-ituki-.jpg

           斎島                  

そして、今回、私初上陸となる斎島へ立ち寄りました。
アビの里いつきは、今は閉鎖されていますが、もしかすると今後パワースポットとして

人気を集めるかもしれません☆☆☆

eco-osakisimo.jpg  eko-utu.jpg  

        大崎下島                宇津神社   

4島目は大崎下島です。
昭和40年代〜50年代には、山の斜面がオレンジ色になり、ここにミカンを運ぶ農船

400隻もあったそうです。
ナウマン像の化石から富嶽三十六景など様々なお宝を所蔵している宇津神社をお参

して帰途につきました。

 

エコツーリズムを資源の保護と観光の発展、地域の元気や雇用に繋げることが出来る

のか?! 
いくつもの課題を抱えながら、大きな夢と挑戦は始まったばかりです。