« 2009年4月 | メイン | 2009年6月 »

2009年5月31日

すこやか2009

すこやか2009ご来場ありがとうございました♪

hatsuta.jpg

今年『きみのママより』でメジャーデビューを果た

した初田悦子さんをスペシャルゲストに招いて、

素敵な歌声を披露していただきました。

結婚、出産を経て、子どもが少し手を離れてから

夢への再チャレンジ!

同世代のママたちから熱い声援が送られていました。

『きみのママより』は、初田さんが我が子の寝顔を

見ながら書いた手紙が詞となり、音に乗せてママたち

の心に届けられています♪

優しい歌声に耳を傾け、涙を浮かべながら聞いている

方もいらっしゃいました。

 

会場では意外な出会いもありました。

高校の時、同じ塾に通っていた人が突然、家族と

一緒に目の前に現れ、嬉しい再会となりました!!

takata.jpg

このイベントで予習はバッチリ☆☆☆

あとは、私、実践あるのみです(^^)

 

2009年5月24日

昭和レトロな喫茶店

 

Cafeブームで少なくなっているように感じる喫茶店。

子どもの頃、父とモーニングを食べに行ったことを思い出し

今でも、古き良き喫茶店を見かけると扉を開けたくなります。

moon.jpg

広島市荒神町にある「む〜ん」昭和31年オープンです。

お隣は、色っぽい女の人が見られる映画館です。

 

注文したのは、トーストセット660円。

morning.jpg

厚切りのトーストにたっぷりのジャム。定番のサラダにゆで卵・・・・

ここには、モーニングサービスはなく、1日中この値段です。

店内は、ほどよく薄暗い。

カフェで見かける学生さんや、おしゃべりに夢中なグループは

いません。

豊富に取り揃えられた新聞や雑誌を読みながら、皆さんまったり

とした時間を過ごしています。

奥にいる方、見えますか?

ベテランウエイトレスさん。

お客さんひとりひとりに言葉少なに話しかけ、絶妙のタイミングで

水やお茶が出できます。

みなさんお揃いのメイド風ユニフォームです(^^)

moon-.jpg

 

続いては、戦後まもなくオープンして約60年「マツヤ」です。

matsuya.jpg

 「むーん」からも程近い、猿候橋のたもとにある喫茶店です。

 自家焙煎コーヒーと、昔懐かしい「ナポリタン」を頼みました。

naporitan.jpg

そうそう、ハムに少しのピーマン、ケチャップの感じがレトロな

一品。新球場に行くときには、ちょっと駅から足を伸ばしてぜひ

ご賞味あれ。

店内は3階吹き抜け、桜の季節は3階の窓際がよさそうです♪

2009年5月10日

恵みの野菜!

「明後日からインドに行ってくる。帰ったら連絡するね」という
電話から半年・・・・
お友だちの「エコねーちゃん」ことタカコさんが、無農薬野菜を

届けに来てくれました。

 

taka-yasai.jpg

三原市にある「畑人の森里(はるさ〜のもり」で、築150年
の古民家に住みながら無農薬の野菜作りにひたすら励ん
でいる方から頂いたもの。あまりの美味しさに感動したと
いうことで、おすそ分けしてくれました。
ありがたい。
にんにくの芽や白菜、絹さや、春菊・・・・
生命力いっぱいで、香りがいい。
これから私の口に入ります♪☆感謝☆

エコねーちゃんたかこさんは、どんなエコ生活をしているのか?
帰国したのでこれから時々ブログに登場するかもしれません(^^)

2009年5月 9日

直島 2

アーティストが滞在しながら作品をつくることで島おこしを
はかる香川県の直島。
芸術の島として各地から多くの観光客が訪れています。

そこで一組の家族に出会いました。

family.jpg

愛知県出身の写真家・青山良博さん、画家の啓子さん、娘の亜未ちゃん。
このたび直島でギャラリーを開くという話を聞きつけ、突然お邪魔しました。
作品をひとつご紹介。

sun-manndara.jpg

オープンは7月15日。
香川県香川郡直島町736-2 ギャラリー「いちんどん」

旅は出会いと発見の連続です・・・・

2009年5月 5日

直島(香川県・人口3,387人 2009年4月1日現在)

 芸術の島、直島へ行ってきました!

岡山県玉野市の宇野港からフェリーで約15分、そこは香川県です。

kabotya.jpg

直島といえば、かならずパンフレットで見かけるこの「南瓜」

「海にどうしてかぼちゃなの〜?」と疑問を持ちながらも、そこはミーハー

気分が先に立ちワンポーズ!!

何人もの観光客が南瓜を取り巻いていて、写真を撮るのに10分くらい待ち

ました。人気スポットです。

作者は、草間彌生さん。「前衛の女王」と呼ばれ、今回、ランコムとのコラボ

で水玉のポーチをつくった人ということも知りました。

 

地上からはまったく建物が見えないという「地中美術館」に向かいました。

ここには、地球の虹色の色彩を描いたモネの晩年の作品があります。

↓写真は地中美術館の入り口付近です。だって、建物は見えないんだもん。

  島は花盛りでした。

tityu-.jpg

 

直島では、1980年代から芸術家が島に滞在しながら作品をつくる

というプロジェクトがあり、多くの芸術家が作品を残し、今も製作中です。

ベネッセコーポレーションが運営する「ベネッセハウス」、民家を改修した

「家」など、島のあちらこちらで現代アートに触れることができます。

 

ここは、美術館で宿泊もできる「ベネッセハウス」建築は安藤忠雄さんです。

benesse.jpg

 

そして、こちらが民家を改修した家中まるごと現代アートです。

haisya--.jpg

 

この集落に、作品として公開されている家や神社が数か所あります。

訪れた人は1,000円のチケットを買って、チケットに付いている地図を

見ながら街を歩いていました。

naoshimamachi.jpg

一番人気は「南寺」↓建物は安藤忠雄さん、中の作品はジェームズ・タルレ。 

minamidera.jpg

 チケットを買って、南寺の前で整理券をもらいました。整理券を見ると中に

入れるのは2時間後。

ゆったり美術鑑賞というよりも、ディズニーランドのファストパスを

もらったような気分になりました。

huji.jpg

南寺の中は、漆黒の闇。あれほどの闇を久々に体感しました。

目が慣れてくると闇から薄い光が浮かび上がってきます。

明るい方へ明るい方へと導かれ、南寺を後にしました。

 

最後に訪れたのは、港の近くの「007赤い刺青の男記念館」

wo seven.jpg

小説『007赤い刺青の男』の舞台が直島に設定されている

ことに因んで、地元の観光協会がプロデュースしたそうです。

無料で、なかなか見ごたえがありました〜。

 

次回は、直島で見つけた新しいギャラリーをご紹介します!

 

2009年5月 1日

因島 2

先日「テレビ派」で放送しました因島の特産品はこれ!

杜仲茶です。 

totyu-desk.jpg

 因島産100%の杜仲茶は香りもコクもあり、

ほんのり甘みもあるんです。

取材以来、毎日のようにいただいています(^^)

しまなみ海道沿いのドライブインで販売しています。

ダイエットチュウの方にも人気だとか。

瀬戸内土産にぜひどうぞ☆☆☆