« 2008年10月 | メイン | 2008年12月 »

2008年11月27日

江田島市(沖美町・人口3,690人・2008年11月末現在)

beach.jpg
江田島市沖美町から見た雨上がりの夕日です。
以前は「がんねムーンビーチ」と呼ばれていた場所。
三高港から車で約10分です。
beach-.jpg

ここに、心も体もリラックスできるカフェがあります♪
お店を営むのは、アントニー・ハウズさんと功子ハウズ
研井さんご夫妻です。お店を開いてから1年あまり。
a-teko.jpg

名前は「Arteco house(アーテコハウス)」です。
意味は、アートとエコに出逢える場所。
お2人ともアーティストです。
アントニーさんは、ライブイベントのプロデュース&
ボーカリスト。そして、巧子さんはピアニストです。
月に1度は、ゲストを招いてのライブを開催してい
ます。
店内のギャラリースペースは、絵画・写真・インスタ
レーションなど、アーティストに場所を提供しています。
東も西も海。ビーチを望みながら、美味しいお酒と料理
そしてアートに囲まれゆっくりと時間が過ぎていきます。
因みに「エコ」のほうは、古い建物に自ら手を加え、再
利用していること。これから、環境にさらに配慮しながら
暮らしの提案もしていきたいと話していました。

naomi.jpg

しばし美しい景色に見惚れてしましました・・・・

2008年11月24日

江ノ島の向こう・・・

画面中央左側にある小さな島が江ノ島です。
その向こうには日本一の富士が聳えています!
fuji.jpg
神奈川県の逗子マリーナからの眺めです。
yashi.jpg
鎌倉の紅葉を楽しむ行楽客とすれ違いながら海辺で
犬と戯れました!
何の変哲もない普通の雑種犬、名前は「ランカ」です。
dog.jpg
何故「ランカ」かというと、スリランカで拾ったからだそうです!
犬の里親としては珍しいケースですよね。
遠く離れた海外から飛行機で10時間もかけて、ガリガリに
痩せた小さな野良犬を連れて帰りました。日本に着いてから
も3か月間、空港で検疫を受けたそうです。
飼い主は、週に一度は必ず、江ノ島が見えるこの海に連れて
きます。空気の澄んだ朝は、江ノ島越しに富士山がくっきり見
渡せます♪

ran-yuki.jpg
波の音を聴きながら「ランカ」は何を思っているんでしょうか・・・

2008年11月19日

海のゴミA

7月の『旬感リポート』で海のゴミについて取材し、リポートしました。
環境省などは、この秋から、瀬戸内海全域の海底に、どのくらいの
ゴミが堆積しているのかを調査することになりました!

その現場を見てきました!!

ここは、東広島市の安芸津港です!
ship.jpg

この秋、海底から出るゴミを漁師さんが持ち帰るステーションが
3か所設置されました。
box.jpg

そこにあったものとは・・・・
gomi-.jpg

海にあるはずのない湯沸かし器、それが一つではなく、何個も
積み上げられていました。そのほか、ラジカセや車のタイヤなど
家庭ごみの山でした。
gomi--.jpg

安芸津漁協の柴孝利組合長の話では、1か月間に可燃物が
190s、不燃物は11月中旬までに約200sも上がっています。
これは、安芸津漁協の芝エビ漁の漁師さん、9隻の船で仕事中
に引き上げたものなのです!!
漁は夕方から明け方にかけて、真っ暗な中での作業です。

ami.jpg
私が港を訪れた時、ちょうど漁に使う底引き網の手入れをしてい
るご夫婦に出会いました。
ゴミが網にかかると網が破れ、漁ができなくなり、さらに、全長
30メートルの網を引き上げて繕わなくてはなりません。
想像以上の負担です。
ゴミの話を聞かせて欲しいと近付いていくと、お二人は笑顔で迎
えてくださいました。
huuhu.jpg

河野芳春さん、月江さんご夫妻です。
51年間、夫婦舟。四六時中一緒にいて大の仲良しだそうです。
月江さんは「だんなさんを一番尊敬しているし、いい人よ〜。
私が2つ年上なのっ」といろいろ話してくれました。
写真を撮らせてくださいというと「手でも繋ごうかね〜」とこの
ポーズ!!
長年支えあってきたお二人の姿に「じ〜ん」ときてしまいました。


海底ごみの調査は、広島をはじめ、山口、愛媛、香川、徳島の
5県で行われます。
広島では安芸津漁協が調査に協力しています。
普段は目にすることのない海の底に沈むゴミ。
この調査は年末まで瀬戸内海全域で行われます。

2008年11月16日

東広島市・大芝島(おおしばじま)

視聴者の方からお便りを頂き、東広島市の大芝島へ行ってきました!!

oshiba.jpg

お便りの内容は「大芝島のあちらこちらに農産物の無人販売所が
あって、とくに大芝島のみかんは最高です^^」というものでした。

orange.jpg
島で早速、無人販売所を発見!!1袋200円のみかんです。
皮が薄くて柔らかい早生みかん♪瑞々しく甘みが凝縮され
ていました。

shop.jpg
お便りの通り、そこかしこに無人販売所がありました。
柑橘類をはじめ、ネギやかぼちゃなど、軒先に採れた
て新鮮野菜が並んでいます。


そして、毎週末の朝は、大芝小学校で「とれとれ果樹野菜販売」
が開かれています♪
school.jpg
とても味のある木造校舎でした!
現在は廃校になっています。週末は朝市を目当てに大勢の人が
詰め掛けます。果物や野菜以外にも限定のおそばが人気のようです。
何年か前に、坂口憲二さんがお茶のCMで撮影にも訪れたそうです☆


そんな大芝島の隠れたスポット!
hart.jpg

大芝大橋を渡って、反時計回りで小学校に行く途中に見える小芝島。
ハート型に見えませんか?
訪れた時にはぜひ、このスポットを探してみてください^^

2008年11月 3日

ドイツに島?!〜城巡り〜

ドイツにも島がありました!
ミュンヘンから南東へ約90km、向かったのは、キーム湖に浮かぶお城です。
鳥と戯れるおじさんを眺めながら、遊覧船に揺られること15分。
おじさんの向こうに見えるのが、ヘレンインゼル島です。
bird.jpg

上陸後、馬車に乗って・・・・
house.jpg

到着したのは、ヘレンキームゼ城です。
ca.jpg
19世紀、バイエルン地方の王様、ルードヴィッヒ2世が建てたお城です。
フランスのルイ14世に心酔していた彼は、ヴェルサイユ宮殿そっくりに
造りました。
島にはお城があるだけです。

noi.jpg
ルードヴィッヒ2世といえば、こちら。
ノイシュヴァンシュタイン城です。ディズニーのシンデレラ城のモデル
ともいわれています。
こんな立派なお城を造って殆ど滞在することもなく、ルードヴィッヒ2世
は城のほとりの湖で謎の死を遂げました・・・・
この写真を撮った時は、外壁工事中でしたが、天気は快晴!
世界で最も美しい城といわれるのが分かるような気がしました^^

rinda.jpg
ルードヴィッヒ2世は生涯3つの城を建てました。
一番最初に建てたリンダーホーフ城です。
お城の中で、一番神秘的なヴィーナスの洞窟は
万華鏡の中にいるような空間なんだそうです。
実はこちらも改修中で中は見られませんでした!

生涯独身、オペラに取り憑かれたワーグナーの
パトロン、謎の死、数奇な運命を辿ったルードヴィ
ッヒ2世の生涯にも触れながら、島とお城を巡る旅
となりました・・・・


beer.jpg