« 2008年7月 | メイン | 2008年9月 »

2008年8月31日

24HTV

24時間テレビいかがでしたか?
私は、きょう広島市西区のアルパークにいました。
今年のテーマ『誓い』を広島出身・広島を拠点に
活躍しているアーティストの皆さんと音楽を通じて
感じていただこうというステージです!!
MCは森拓磨アナウンサーと私糸永直美。

mori.jpg
森さんは何度写真を撮っても面白顔をしていました!

1組目のステージは万貴音(まきね)のお二人。 
makine.jpg
万貴さん&貴音さん
誓いは「歌を通してこれからもメッセージを伝えていく!」

2組目は瑠璃の皆さんです。
gui下定さん・dr河野さん・pi/vo藤江さん
ruri.jpg
「今、この歳の8月31日は今日しかない!毎日が特別な日。
一日一日を大切にしたい☆」

3組目は森本ケンタさん
kenta.jpg
「今年中に『てっぺん〜金曜深夜放送〜』に出る!」

ラストは、GIFTのお二人
gift.jpg
「きょうできることはきょうのうちに!」

アルパークで行われたチャリティーオークション
61人の方から17万6,700円が寄せられました。
ご参加いただいた皆様、アルパークの募金会場
に来てくださった皆様ありがとうございました!!

1日中皆さんの音楽を聴きながら私も誓いをたてました・・・・
いつか、ガイドブックには載っていないような『島』の本を出してみたい☆

2008年8月27日

島根県・隠岐 再び中ノ島へ!

初夏に訪れた隠岐・中ノ島。
5月のブログで海士中学校の改修計画をご紹介しました。
その後が気になって、再び中学校にやってきました。
工事は、すでに始まっていました。
ama school.jpg
海士中学校(あまちゅうがっこう)

子どもたちが中心となってどんな学校にするかを話し合い
エコを取り入れた改修工事を行っています。
ウッドデッキや節水型トイレ、小型風力発電なども取り入れ
地域の人にも利用してもらう考えです。
library.jpg
こちらは、図書館

子どもたちの夢の計画が着々と進んでいます。
改築した校舎そのものが、生徒たちの卒業製作になります。
卒業してからもきっと訪れたくなるでしょうね・・・・


ところで、前回のブログで、知夫里島では、牛が海で泳ぐと
ご紹介しましたが、知夫村役場の方から写真を入手しました。
これが、牛の海泳ぎだ!!
umi-ushi.jpg
次回はぜひ、自分の目で見たいものです☆☆☆

2008年8月20日

島根県・隠岐 知夫里島(ちぶりじま)人口686人(2008年8月1日現在)

再び日本海・隠岐へ行ってきました!
隠岐には4つの有人島があります。
前回訪れたのは、隠岐の中で一番大きな闘牛の島「島後(どうご)」
そして、後鳥羽上皇が配流された「中ノ島(なかのしま)」
日本一の絶壁(257m)がある「西ノ島(にしのしま)」   

今回は、隠岐の中で一番本州に近くて小さな島「知夫里島(ちぶりじま)」
へ行ってきました。
島根県の七類(しちるい)港からフェリーで約2時間です。
人口686人に対し、タヌキは約2,000匹住んでいます!!
因みにこのタヌキは含まれていません。

tanu.jpg
tanu-mizu.jpg
島根の名水百選「河井の地蔵さんの水」をいただきました。

なんと、どしゃ降り、嵐になってしまいました。
島旅では住んでいる方とお話しするのが楽しみの一つ
なのですが、横殴りの大雨で、人の気配はありません。
車から一歩も出られなくなり、遭遇したのは、馬です!!

oyako-uma.jpg
お馬の親子発見!!

顔が痛くないように(?)風上にお尻を向け、雨の中、必
死に踏ん張って吹き飛ばされないように耐えていました。

uma-ippai.jpg

島には馬が約50頭、牛が約500頭います。
放牧の島で、天気が良ければ、夏は牛が海水浴をする
様子が見られるんですって!!
見たかった〜。そしてブログでもお見せしたかったです。
結局、車を降りたのはお水をいただいたほんのひととき。

minato.jpg

雨の島を後に今回も中ノ島へ渡りました・・・  つづく。

2008年8月13日

お盆

お盆に入りました!みなさま、いかがお過ごしですか?
私はお墓参りをすませ、先週末、テレビ派のスタッフと
廿日市市の「もみの木森林公園」に行ってきました!
夏はバーベキューです。
森林は広島市内に比べて気温が 5度くらい低くて心地
よかったですSmile

masuda.jpg
手前(左)の男性がテレビ派プロデューサーです!
その(後)は「気になる人たち」の大下美穂子さん
手前(右)が「健康いちばん」の荒生暁子さん
その(後)は「ズームイン」「きょうの現場」の中継担当部長
バーベキューもそこそこに、年齢層高めの人たちが木陰の
テーブルに集まってきました。(撮影した私も!)

yakiniku.jpg

そして、若手(?)の男性陣は「テレビ派」のディレクターです。
民主的にじゃんけんで何かを決めようとしています。みんなチョキ。
普段、番組に姿を現すことはめったにありませんが、この方たちが
県内各地を駆け巡って取材しています!

syabon.jpg
以上、お盆休みの「テレビ派」のひとときでした。

次回は、島へ出掛けます♪

2008年8月 6日

8月6日

けさの平和公園は、そよ風が吹いていました。
噴水の前でボーイスカウトの男の子から受け取った
赤い鶏頭の花を慰霊碑に手向け、手を合わせまし
た。

63回目の原爆の日です。

平和公園を訪れる人の中には「公園に原爆が落ち
て犠牲者が少なくてすんだのでは・・・」という人も
いるそうです。

きょうのテレビ派では、原爆ドームの柵の中に生家
があった映像作家、田邊雅章さんに当時、平和公園
がある場所がどんな街だったか語っていただきました。
ご家族が眠っているはずの自分の家のあった場所を
今、柵の外からしか見ることができません。
田邊さんは、あの瞬間まで普段通りに過ごしていた
当時の町並みをCGを通して蘇らせようとしています。
悲惨な映像ではなく、ありし日の街の姿を蘇らせる
ことで広島で起こったことを次の世代に伝えています。

平和公園に立って、自分の足元に当時何があって、
何が失われたのか、改めて考える機会を得ました。