広テレ!

イベント・試写会

ニコライ・ホジャイノフ ピアノ・リサイタル

2020年8月29日(土) 13:30開場/14:00開演 広島国際会議場フェニックスホール

※振替公演 2021年初旬予定

ニコライ・ホジャイノフ
ピアノ・リサイタル
公演延期・払い戻しのお知らせ

広島公演は、関係各所との協議の結果、開催延期(2021年初旬で調整中)とさせていただくことになりました。
楽しみにして頂いていたお客様にはご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解いただけますようお願い申し上げます。
尚、延期日程の詳細は現在調整中の為、決まり次第発表致します。

前売券をお持ちの方には、2020年7月10日(金)以降チケット代金の払い戻しをさせていただきます。
払い戻し方法は購入されたプレイガイドやチケットの受取・支払方法により異なりますのでご注意ください。
払い戻し期間を過ぎると払い戻し出来なくなりますのでご注意ください。

  • ご購入いただいている前売券は延期(2021年初旬予定)の開催ではご利用いただけません。

▼ ローソンチケットにてご購入のお客様

◎払戻期間:2020年7月10日(金)10:00 ~ 2020年9月13日(日)23:59

全国のローソン・ミニストップ店舗設置の「Loppi」にてお手続きください。
(ローソンで購入された方はどこのローソンでも対応可能、
ミニストップで購入された方はどこのミニストップでも対応可能。)
チケット代金ならびに各種手数料をご返金致します。
公演チケットと各種手数料券をご一緒にご持参ください。
各種手数料券をお忘れの場合は、手数料のご返金は出来ませんのでご注意ください。
払戻期間を過ぎますと、払い戻しは出来なくなりますのでご注意ください。
払い戻し方法詳細は、下記のアドレスよりご確認ください。
https://l-tike.com/oc/lt/haraimodoshi/(PC・携帯共通)

◎お問い合わせ:ローソンチケット https://l-tike.com/contact/

▼ チケットぴあにてご購入のお客様

◎払戻期間:2020年7月10日(金)10:00 ~ 2020年9月13日(日)23:59

チケットのお取引方法やお支払い方法によって、払い戻し方法が異なります。
払い戻し方法詳細は、下記のアドレスよりご確認ください。
http://t.pia.jp/guide/refund.jsp

  • 店舗での払い戻しの場合、各店舗により営業時間が異なりますのでご注意ください。
  • 払戻期間を過ぎますと、払い戻しは出来なくなりますのでご注意ください。

◎お問い合わせ:チケットぴあ

  • ご不明な点は上記URLから「ヘルプ検索」へご入力ください。

▼ イープラスにてご購入のお客様

◎払戻期間:2020年7月10日(金)10:00 ~ 2020年9月13日(日)23:59

払戻方法は、チケットの受取方法や支払方法により異なります。
払戻方法詳細については下記の払戻方法チャートを確認してください。

<公演中止 払戻方法確認チャート>
https://eplus.jp/refund1/
質問に答えながらご自身の状況を確認してください。

▼ エディオン広島本店にてご購入のお客様

チケット(半券切り離し無効)と、下記①~⑤の情報を記入したメモを同封し、
「レターパックライト(青色)」にて 広島テレビ事業部「ニコライ・ホジャイノフ」係 までお送りください。
◎2020年9月13日(日)必着

①名前 ②住所 ③日中にご連絡ができる番号 ④枚数
⑤ご返金希望口座情報

  • 銀行の場合:振込銀行名、支店名、預金種別(普通or当座)、口座番号、口座名義【カナ】
  • 郵便局の場合:通帳記号、通帳番号、口座名義【カナ】

送り先
〒732-8575 広島市東区二葉の里3丁目5-4
広島テレビ事業部「ニコライ・ホジャイノフ」係

チケット代 + レターパックライトの代金(370円)をご記入の口座にお振込みいたします。
ご返金は4週間程度で順次お振込みいたしますので、通帳記帳でご確認ください。

  • 複数枚をご購入の方は、チケットをとりまとめの上、一括でお送りください。
  • 指定の方法以外で送られた場合の未着事故につきましては、弊社で責任を負いかねます。
  • チケットご返送時に370円を上回る送料がかかった場合でも、
    差額分についてはご返金致しかねますのでご了承ください。
  • 払戻期間は必ずお守りください。期間を過ぎますと、払い戻しは出来なくなりますのでご注意ください。
  • 上記以外の払い戻しはできませんので、ご了承ください。
    また、広島テレビご来社での返金もできませんのでご了承ください。
  • いずれの場合も、ご購入時および払い戻し手続き等の交通費はご返金致しません。

公演に関するお問い合わせ:広島テレビイベントンフォメーションセンター
TEL:082-567-2500(平日 10:00~18:00)

写真

©Marie Staggat

第16回ショパン国際コンクール最年少ファイナリスト
ロシアの若き天才によるオールショパンプログラム
ショパンの音楽の素晴らしき解釈者として賞賛された繊細かつ詩的な極上の響きをお楽しみください

開催概要

2020年8月29日(土)13:30開場/14:00開演
広島国際会議場フェニックスホール
(広島市中区中島町1番5号 平和記念公園内)

チラシを見る

演奏曲目

~オールショパンプログラム~
アンダンテ・スピアナート 作品22
即興曲 第2番 嬰ヘ長調 作品36
夜想曲 第7番 嬰ハ短調 作品27-1
子守唄 変ニ長調 作品57
練習曲 第7番 嬰ハ短調 作品25-7
練習曲 第2番 ヘ短調 作品25-2
練習曲 第3番 ヘ長調 作品25-3
バラード第2番 ヘ長調 作品38
華麗なる大円舞曲 変ホ長調 作品18
マズルカ 第36番 イ短調 作品59-1
マズルカ 第37番 変イ長調 作品59-2
マズルカ 第38番 嬰ヘ短調 作品59-3
ワルツ 第6番 変ニ長調 作品64-1
ワルツ 第7番 嬰ハ短調 作品64-2
ワルツ 第8番 変イ長調 作品64-3
前奏曲 第7番 イ長調 作品28-7
前奏曲 第8番 嬰ヘ短調 作品28-8
バラード 第4番 ヘ短調 作品52
※曲順・曲目は変更になる場合がございます。

チケット

全席指定:5,000円
※未就学児の入場はご遠慮ください。
※車椅子の方は、下記お問い合わせ先までご連絡ください。

プロフィール

ニコライ・ホジャイノフ

「卓抜なヴィルトゥオーゾ性と神童的テクニックもつニコライ・ホジャイノフが音楽の世界にその名を刻んだ」ニューヨーク・タイムス紙

ニコライ・ホジャイノフは同世代の中でも最も特筆すべきピアニストの一人である。その音楽性と素晴らしいテクニックによって、世界中の聴衆を感動させている。20代前半においてすでにカーネギーホール、ニューヨーク・リンカーンセンター、ワシントン・ケネディ・センター、ロンドン・ウィグモアホール、ルーヴル、パリ・シャンゼリゼ劇場、モスクワ・チャイコフスキーホール、チューリッヒ・トーンハレ、東京・サントリーホールといった世界で最も重要なホールにおいて、リサイタルやオーケストラとの共演を果たし、完売公演を含む多数の演奏会に出演してきた。

これまで、フィルハーモニア管弦楽団、東京交響楽団、シドニー交響楽団、ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団、ロシア国立交響楽団、読売日本交響楽団、アイルランドRTEナショナル交響楽団などを含む多数のオーケストラと共演。2018年1月にはサントリーホールで行われた公演に、上皇明仁陛下、上皇后美智子陛下が臨席された。

1992年、ブラゴヴェシェンスク生まれ。ニコライ・ホジャイノフは5歳でピアノを始め、早々にその恵まれた才能のために頭角を現した。モスクワに移住し、中央音楽院で勉強を続け、7歳でモスクワ音楽院大ホールにおいてヘンデルのピアノ協奏曲を演奏し、公共の場での初舞台を飾った。その後、2015年までモスクワ音楽院で学び続けた。現在はドイツを拠点とし、アリエ・ヴァルディ氏の指導を受けながらハノーヴァー音楽院で研鑽を重ねている。

2010年10月に行われた、第16回ショパン・コンクール(ワルシャワ)での最年少ファイナリストとなった折には批評家たちから、「極めて大きなスケールの素晴らしいアーティスト。偉大なるロシアン・ピアニズムの系譜を受け継ぐものとして、ホジャイノフはショパンの感受性に最も近い。その演奏には魂が込められていた。」と絶賛された。他にも、2012 年、ダブリン国際ピアノ・コンクール優勝、同年シドニー国際ピアノ・コンクールにおいて2 位入賞および、シドニー交響楽団の楽員が選出する最優秀協奏曲賞をはじめ、最優秀リスト演奏賞、最優秀シューベルト演奏
賞、最優秀ヴィルトゥオーゾ研究賞、最年少ファイナリストを同時に受賞するなど、その受賞歴は枚挙にいとまがない。

2011年にCD Accordからショパンとリストの作品を収めたCDがリリースされ、ナクソスによって販売されている。2012年にはワルシャワ・ショパン・インスティテュートよりショパンの作品のCD、JVCビクターより日本で録音されたベートーヴェン、シューベルト、ショパン、リストの作品を収めたCDを、2014年にラヴェル、ショパン、リストの作品集をリリースするなど、称賛を浴びている。

公演紹介

<ショパン自身の唯一のソロ・リサイタルを再現!>

1848年。パリの街並みにもうひとつのフランス革命が訪れます。
ショパンはすでに、20年以上にも渡る病魔との闘いで疲れ果てていました。
貴族である友人たちはみな、パリから離れてしまいました。ショパンはただひとり、収入のあてもないまま、革命のパリにいたのです。あらゆる時代における偉大な詩人の一人であるショパンは、少しずつ、しかし確実に最期の公演への準備を進めていました。そして最後の公演は英国で行われました。霧雨が降り続く英国が、ショパンにとって聴衆と最期に会話を交わす場となったのです。

ショパンは当時、自ら望む作品を弾けるような身体的状態ではありませんでした。そこで、マズルカ、ワルツ、ノクターンといった小品を弾くことにしたのです。何年にも渡って音楽に注いできた心の告白は、特別で神聖な意味を持つこととなったのです。
私がここに表したプログラムは、ショパンが1948年10月4日にエディンバラで弾いたのをベースに選曲いたしました。ソロ・リサイタルとしてはおそらくショパンにとって唯一のものと思われます。というのも、彼の演奏会はいつも声楽曲による間奏曲を伴っていたからです。

後のショパンのロンドンへの登場は、ポーランドが独立を求めて戦ったことに捧げられたものであります。それはコンサートではなく、小さな部屋で行われた舞踏会でした。ショパンは自らの曲を数曲弾きましたが、楽しいダンスを終え、息をつく参加者に何度も妨げられてしまいました。参加者の殆どが、そこにショパンがいたことに気づいていなかったのです。

ショパンがエディンバラで弾いた正確な内容についての議論は今日にまで至ります。私は、ショパンがこのリサイタルに先立って弾いていたものを調べ上げたところ、何を弾いていたのかが明らかになってきました。
イングランドでの演奏会でショパンが毎回弾いていたのは子守唄でした。この作品の揺れ動く、シンプルな、それでいて深く心に刻まれる詩的なメロディーは、まるで告別の挨拶のように聞こえます。薄れゆく意識が彷徨い、若年期に作曲した音楽から、後期のマスターピースへと移りゆく、というショパンをたどることができます。幸せだった青年期から、後期のワルツ、後期のマズルカの現実へと引き戻されてしまいます。

(ニコライ・ホジャイノフ)

主催

広島テレビ

招聘・企画

オフィス諷雅

お問い合わせ

広島テレビ イベントインフォメ-ションセンタ-
TEL:082-567-2500(平日10:00~18:00)