広テレ!

イベント・試写会

生誕135年記念 川端龍子 (かわばた りゅうし) 展

2020年4月2日(木)〜5月31日(日) 開館時間 9:00~17:00 広島県立美術館

※月曜休館(ただし、5月4日は開館) 
※初日4月2日は10:00開場 
※入場は閉館30分前まで

新型コロナウイルス感染症の拡大予防のため、県の方針を受けて臨時休館を延長しています。
開館する際にはホームページ等でお知らせいたします。
何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

写真

《草の実》1931年 177.2 × 382.7cm 大田区立龍子記念館

『生誕135年記念 川端龍子展』とは?

生誕135年を記念し、近代日本画の世界において破格の活動を展開した川端龍子(1885-1966)の画業全体を回顧します。

「昭和の狩野永徳」と評され、横山大観・川合玉堂とともに「近代日本画の3巨匠」の一人に数えられる龍子は、洋画から日本画に転向し日本美術院で活躍するものの、脱退して絵画団体「青龍社」を立ち上げ、その規格外の大画面作品で人々を魅了し続けました。

広島県では初の回顧展となる本展では、過去の個展では取り上げられてこなかった龍子の人物像にも焦点をあて、龍子芸術の真髄を改めて紹介します。初期の洋画や青龍社創立後の超大作、素描・スケッチなどの作品群をとおして、明治・大正・昭和という激動の時代において、極めて稀有な存在として異彩を放った龍子の、画家として、人としての魅力に迫ります。

展示作品

展示作品はこちら(広島県立美術館)

チケット

  当日 前売・団体
一般 1,300円 1,100円
高・大学生 1,000円 800円
小・中学校 600円 400円

※前売券は4月1日まで。
※広島県立美術館、セブンチケット(セブンコード:081-735)、ローソンチケット(Lコード:62665)、チケットぴあ(Pコード:685-107)、イープラス、広島市・呉市内の主なプレイガイド、画廊・画材店、ゆめタウン広島、中国新聞社読者広報部、中国新聞各販売所(取り寄せ)などで販売

主催

広島県立美術館/広島テレビ/イズミテクノ/中国新聞社

特別協力

大田区立龍子記念館

企画協力

株式会社アートワン

協賛

大田鋼管株式会社

お問い合わせ

広島県立美術館:082-221-6246

写真

《爆弾散華》1945年 249.0 × 188.0cm
大田区立龍子記念館

写真

《竜巻》 1933年 293.0 × 355.0cm
大田区立龍子記念館