2013年4月 9日

劣悪ピッチでの戦い方

今シーズン、ホームゲームの公式戦で、いまだ勝利のないサンフレッチェ広島にとって、前節の横浜F・マリノス戦は、結果のみが求められる試合でした。しかし、雨によるピッチコンディション悪化が影響し、本来のパスサッカーが上手く機能せず、またしてもホーム初勝利は、お預けとなりました。

パスサッカーを武器とするサンフレッチェにとって、水たまりがあるピッチコンディションは、間違いなくネガティブな要素です。しかし、逆転の発想をすれば、それを逆手にとって、利用することが必要だったのではないかと思います。

その一つが、スリッピーなピッチを利用してのミドルシュートです。実際に、マリノスの3得点中2得点は、ミドルシュートからのものでした。また、ボールが水たまりで止まることを利用して、相手DFラインの裏のスペースをもっとついていくことも必要だったのではないでしょうか。

さらに、ピッチの全面に水たまりができていたわけではありません。水たまりができて、ボールが自由にならないエリアがある一方、さほど影響を受けないピッチコンディションがいいエリアもあったはずです。

後半、アタッキングサードの右サイドは、比較的いいピッチコンディションでした。そこを徹底的にフル活用して攻撃を仕掛けていけば、もっと違った結果になったのではないかと思います。

試合時間の経過とともに、様々な状況が変わっていく中、冷静な判断をしながらプレーを選択していくことが必要なのでしょう。それを強く意識しながらプレーしていたのが、マリノスでは中村俊輔選手であり、サンフレッチェでは高萩洋次郎選手でした。

このような悪コンディションでの試合は、今後、またあるかもしれません。そのときに、今回の悔しい敗戦から学んだいくつかの戦い方を実践し、勝利に結びつけてほしいと思います。そうすれば、この敗戦もまた、チームにとっての糧になるのではないでしょうか。

img2013nenn.jpg

コメント

コメントをお寄せください