2013年3月18日

新旧王者対決で見えたもの

サッカーの醍醐味はゴールシーンであることは言うまでもありません。そのゴールシーンをレフリーの不可解なジャッジによって奪われたことは、とても残念に思います。

しかし、第3節・鹿島アントラーズ戦は、結果こそスコアレスドローであったものの、新旧王者の対決にふさわしい、見ごたえのあるハイレベルな好ゲームでした。

両チームの集中した守備は、サッカーを楽しむ要素がゴールだけではないということを改めて教えてくれたような気がします。

今シーズン最初のゼロックス杯を制し、勢いに乗るかと思われたサンフレッチェですが、その後、ホームで行われたACL初戦とJ開幕戦をいずれも勝ち点を逃す黒星スタートとなり、今一つ波に乗り切れていません。しかし、今回、鹿島戦で久しぶりに無失点完封したことで、浮上のきっかけをつかんでくれるのではないかと思います。

その一方で、無得点ということが気になるのも事実です。この改善点を一つ挙げるとするなら、それは、攻撃における“最後の仕事の部分”をもっと大事にすることではないでしょうか。“最後の仕事の部分”とは、ラストパスであったり、シュートといった、攻めきるために一番大切な要素です。

素晴らしい突破で相手DFを抜き去るものの、最後の仕事となるクロスの精度が悪く、ビッグチャンスを逃してしまうケース。または、アイディアあふれるコンビネーションで、相手DFのブロックを崩すものの、最後の仕事となるシュートが、ゴールの枠を大きく外れるケース。

シュートをはじめ、クロスやラストパスなど、これら“最後の仕事の部分”の精度を欠くがため、それまでの素晴らしいプレーの数々が台無しになっているような気がしてなりません。

この日、サポーター席には、「攻めきれ!」という横断幕が掲げられていました。それを実行するためには、各ポジションそれぞれに与えられた、一番大切な仕事となる“最後の仕事の部分”をもっと強く意識し、もっとクオリティーアップを図る必要があります。

img2013nenn.jpg

コメント

コメントをお寄せください