2012年10月 1日

相手の弱点を突け!

第27節・サガン鳥栖戦は、サンフレッチェ広島の攻撃力が爆発し、見事4点を奪って大勝しましたが、そこには、ゲームの流れを的確に読む力があったのではないでしょうか。

リーグ最少失点の鉄壁守備を誇る鳥栖の唯一の弱点とは、両サイドバックのポジショニングの甘さにあると思います。4バックシステムの鳥栖は、相手がボールキープしているとき、逆サイドのサイドバックが中央に絞りすぎるという弱点があるのです。

サンフレッチェは、サイドチェンジを活用しながら、鳥栖の弱点である両サイドにできるスペースを徹底的に突いていったのです。特に、鳥栖の右サイドバックの岸田は、この試合がプロ初出場ということもあり、サンフレッチェは、そのサイドを徹底的に狙っていきました。

そして、その作戦どおり、前半30分、鳥栖の右サイドを崩して、サンフレッチェの先制点が生まれたのです。また、同34分のPKによる追加点も、1点目とは反対の鳥栖の左サイドにできた大きなスペースを狙ったことによって生まれました。

このように、対戦相手の弱点を徹底的に突くことによって、試合を優位に進め、勝利を手にすることができたのです。

この勝利により、2位・ベガルタ仙台との勝ち点差が5に広がり、ますます優勝が現実味を帯びてきました。

優勝に向けて、さらに厳しい戦いが続く中、対戦相手にはストロングポイントとウイークポイントの両面がそれぞれあります。残り7試合、そのウイークポイント(弱点)をいかに突けるかが、優勝への一つの鍵となるのではないでしょうか。

相手の弱点を徹底的に突いていこう!

コメント

コメントをお寄せください