2012年5月 7日

勝負の鉄則 「先手必勝!」

下位に低迷するアルビレックス新潟に、まさかの敗戦を喫したサンフレッチェ広島。今後、上位に食らいついていくためには、連敗だけは絶対に避けなければなりません。その大事な一戦となったのが、第10節・柏レイソル戦でした。

相手は、今シーズンなかなか結果が伴わずに苦しんでいますが、前年度のJリーグチャンピオンであり、本来は豊富なタレントを有するJ屈指の強豪チームです。そんな相手に対し、戦前から難しい試合が予想されていたのは、言うまでもありません。しかも、この一戦は、条件的にサンフレッチェのほうが、不利な状況下で戦わざるをえなかったのです。

サンフレッチェは、新潟戦での敗戦を受け、遠征先アウェイで中2日での試合。一方の柏は、移動なしのホームで中4日での試合。この差は、想像以上に大きなアドバンテージとして、勝敗を左右すると思っていました。

しかし、ふたを開けてみると、その予想に反し、サンフレッチェが大量得点で大勝したのです。この結果をもたらした要因は、前・後半の試合の入り方にあったと思います。

前述したように、サンフレッチェにとって、この一戦は、フィジカル的にもメンタル的にも、すべての面において不利な状況下での試合となりました。通常なら、ゲームプランを立てる上で、慎重なプレーを選択しても決して間違いではなかったと思います。しかし、この日のサンフレッチェは違いました。試合開始から、自分たちの持ち味である攻撃力をあえて、いつも以上に全面に押し出し、アグレッシブな姿勢を見せたのです。

それが、前半10分の佐藤寿人の先制点につながったのでしょうし、1対0で折り返した後半開始直後の追加点にもつながったのだと思います。

その後、同点に追いつかれ、流れ的には逆転されてもおかしくない試合展開となりました。しかし、そこから脅威の反発力を見せ、3点・4点・5点と追加点を奪って突き放すことができたのは、すべて試合開始直後のアグレッシブな姿勢を貫けたからだと思います。

スポーツの世界に限らず、すべての勝負事では、勝つ鉄則として「先手必勝!」という基本セオリーがあります。肉体的にも精神的にも、すべての面で先手を取る。これこそが、必勝のための一番大事な心構えです。

攻守のバランスが完璧に整いつつあるサンフレッチェ広島に今、求められているものを一つ挙げるとするなら、それは、勝負の鉄則「先手必勝!」です。

コメント

コメントをお寄せください