2012年4月16日

攻めの広島vs.守りの鳥栖

第6節・鳥栖戦は14日、アウェイの地ベストアメニティスタジアムで行われ、リーグ最少失点を誇る鳥栖の堅い守りを崩せなかったサンフレッチェ広島が0対1で敗れました。

僕は、サンフレッチェ広島が、日本で一番美しい攻撃的なパスサッカーをするチームだと思っています。そして、この日の試合を観て思ったのが、今年J1に昇格したサガン鳥栖が今、Jで最も守備意識の高いチームであるということを確信しました。

「攻めの広島」と「守りの鳥栖」。そんな対照的な両チームの対決に敗れ去ったわけですが、必要以上にネガティブになることはないと思います。

どんな強いチームであっても、長いシーズン中には、守備的な相手に対して手こずって、得点を奪えずに敗れることは、多々あるものです。サンフレッチェの場合も、それが、たまたま鳥栖戦だったと楽観的にとらえるべきだと思います。しかし、そういう相手に対しても、得点を奪えるような強さを身につける努力をし続けなければいけません。

それは、アタッキングサードにおける、サンフレッチェ特有の攻撃のコンビネーションの精度を上げていくこと以外にないと思うのです。

そのためには、パススピードや判断のスピードをもっと上げなければいけませんし、三人目の動きを駆使して、バイタルエリアをもっと積極的に突いていき、フィニッシュの精度を上げていく必要があります。

いずれにせよ、これまで取り組んできたことを継続して、やり続けること以外に道はないと思うのです。

格下相手の鳥栖に痛い黒星を喫したサンフレッチェ広島ですが、チームの目指す方向性は、このままでいいと思いますし、正直、僕には、明るい材料しか見えてきません。

今週は、Jリーグヤマザキナビスコカップ磐田戦と、Jリーグ第7節・名古屋戦の2試合が組まれていますが、ここで連勝し、再び、サンフレッチェ広島の勢いが加速するような予感がします。

連敗をしないことが大事です!

コメント

コメントをお寄せください