2012年3月27日

鹿島戦を振り返って

第3節・鹿島アントラーズ戦は、相手の退場者などもあって終始圧倒したサンフレッチェ広島が、2対0で勝利しました。開幕戦の浦和戦同様、パーフェクトな試合内容と言っていいのではないでしょうか。

この勝利は、前節の清水戦での敗戦から学んだ教訓を活かして完封勝利に結びつけたという意味において、非常に価値があると思います。

清水戦は、前・後半の立ち上がりをつかれて2失点を喫したわけですが、続く鹿島戦は、この反省から、試合の入り方を強く意識して挑んだことで、完封勝利につながったのです。

一つの失敗を単なる失敗に終わらせるのではなく、失敗から学習して成功につなげたことは、チームにとって大きな収穫ではないでしょうか。

そして、この試合で得点したのが、佐藤寿人と大崎淳矢、2人のストライカーでした。
現在のエースストライカー寿人、未来のエースストライカー淳矢、この2人が得点したのも、チームにとって大きな収穫でしょう。

そして、得点したことと同じくらい、いや、それ以上に評価したいのが、彼らの前線からの献身的な守備意識です。

相手DFがボールを持ったとき、ファーストディフェンダーとしてボールを奪いにいき、相手の攻撃を遅らせていました。また、それによって、2人目、3人目と連動した守備が可能になり、90分間を通して安定した守備ができていたのです。

このような守備があったからこそ、あの2つのゴールが生まれたのではないでしょうか。

敗戦から得た教訓を勝利に結びつけたこと、そして、森保監督の目指す連動した守備をベースに攻撃的パスサッカーで勝利したこと、今回の勝利は、この2点を大いに評価したいと思います。このような戦いを続けられれば、大きな崩れはないでしょう。

次節、開幕3連勝と波に乗るFC東京との一戦は、サンフレッチェ広島の現時点での実力を図る上で、大いに興味があります。

森保カラーが、輝きを放ってきました!.


コメント

コメントをお寄せください