2011年6月20日

失敗の中に成功のヒントあり

8日間で3試合目という過密日程での対戦となった前節・川崎フロンターレ戦で、サンフレッチェ広島は、持ち前のパスサッカーが影を潜め、0対2で完敗しました。これにより、一時は2位だった順位が4位まで下がり、首位との勝ち点差も6まで広がりました。

ここまで順調に勝ち点を伸ばしてきたサンフレッチェですが、過密日程の6月戦線で、今シーズン初の試練が訪れたのではないでしょうか。

物事には、常に、成功と失敗がありますが、川崎戦は、今シーズン初となる失敗ゲームだったと言えるでしょう。しかし、失敗の中からも成功へつながるヒントを見つけることができるはずです。今こそ、その原因を突き詰めて、それを元に成功へとつなげていかなければなりません。

では、失敗の原因、つまり、成功へつながるヒントとは、一体何なのでしょう?

それは、サンフレサッカーの原点ともいうべき「相手に走り勝つサッカー」であり、「球際を激しく闘うサッカー」以外にありません。

川崎戦は、残念ながら、そのようなサンフレサッカーの原点を見失っていたような気がしてなりません。確かに、連戦による疲労や、暑さによる影響で、思うように身体が動かなかったのかもしれません。しかし、それは、相手も同じ条件であり、すべては言い訳にしかなりません。

ペトロヴィッチ監督が常々口にするように、勝つためには、相手より多く走らなければならなりませんし、相手より多くの汗をかかなければならないのです。

次節・山形戦は、レギュラーと言われる選手であっても、コンディションが悪くて走れなければ、ペトロヴィッチ監督は、その選手をメンバーから外すのではないかと思います。

連敗が絶対に許されない次節・山形戦は、チームの勝利のために闘える選手のみが、ピッチに立つことになるでしょう。

6月戦線も、残すは山形戦とガンバ大阪戦の2試合のみ。川崎戦の失敗があったからこそ、その後の成功をつかむことができた。そう言えることを願ってやみません。

110107-2011sanfure.jpg


コメント

コメントをお寄せください