2011年5月30日

団結力による勝利

激しい雨風の中での試合は、サンフレッチェ広島が森崎浩司の2得点の活躍で、強豪・鹿島アントラーズに競り勝ちました。これで、サンフレッチェは4位に浮上し、首位・柏レイソルとの勝ち点差も4に迫ってきました。

今シーズンは、ここまで、いまひとつ本調子に乗り切れない元王者の鹿島ですが、この試合は、敗れはしたものの、今シーズンのベストゲームと言える内容だったと思います。

サンフレッチェが、そういう相手に対して粘り強く闘って競り勝ったことは、今後に向けて大きな自信になるでしょう。そして、この試合の勝因は、「勝ちたいという気持ちが相手を上回っていたこと」(ペトロヴィッチ監督)と同時に、チームの団結力・結束力が生んだ勝利ではないかと思うのです。

経験豊富なベテラン選手の堅実なプレーがチームに安定感を与え、若い選手の躍動感のある伸び伸びとしたプレーがチームに刺激を与える。まさに、ベテランと若手の力の融合(団結力・結束力)が生んだ勝利ではなかったでしょうか。

その象徴が、ベテランは森崎兄弟、若手は石川です。

前節の神戸戦、試合前日の発熱によって出場を回避した浩司は、神戸戦の敗戦に責任を感じ、自らを責めていました。そして、もう一人、この敗戦を誰よりも悔しがっていたのが、兄・カズです。「こういう試合を落とすようでは、タイトルに手は届かない!」と語気を荒げていたのです。

そんな二人が、鹿島戦では、そのうっぷんを晴らすかのように、チームを引っ張っていました。浩司は、2つの超スーパーゴールをはじめ、ボランチのポジションで相手の攻撃の芽をつむ献身的な守備も目立ち、攻守にわたって存在感をアピールしていました。

また、カズも、すべてにおいてパーフェクトなプレーをしていました。一手先を読む鋭い戦術眼によるカバーリングやインターセプト、そして、巧みなボールキープと前線へのフィードなど、「ドクトル」の名にふさわしいプレーの連続だったように思います。

一方、若手の代表格、石川も、後半頭からの投入で、素晴らしいプレーを見せてくれました。持ち前のスピードを活かしたドリブル突破や、ワンツーパスを駆使しながらのシュートなど、1つひとつのプレーが躍動感に満ち溢れ、見ていて実に気持ちよかったです。彼のプレーによって、後半、チームが甦ってきたと言っても過言ではないでしょう。
こういうプレーを継続していければ、スタメン出場も夢ではありません。

この勝利によってチームは4位に浮上し、勢いがつくでしょう。しかし、ケガ人を多く抱えるチーム状況を考えれば、毎試合、ギリギリの際どい闘いの連続になることが予想されます。

そこで重要になってくるのが、鹿島戦で見せたベテラン・若手の力の融合(チームの団結力・結束力)だと思うのです。

団結力を発揮すれば、サンフレッチェは常にいい闘いができる!
僕はそう信じています。

110107-2011sanfure.jpg


コメント

コメントをお寄せください