2011年4月30日

磐田戦ドローで感じたこと

昨年のヤマザキナビスコカップ決勝戦のリベンジ戦となった第8節・ジュビロ磐田戦は、1対1のドローに終わりました。

両チームの研ぎ澄まされた集中力が、観客にビシビシ伝わり、時間があっという間に過ぎ去ってしまったと感じさせる、緊張感のある好ゲームでした。

試合内容、決定機の回数、すべてにおいて、サンフレッチェがジュビロを遙かに上回っていただけに、勝てた試合でしたし、勝たなければならない試合だったと思います。

しかし、長いシーズンは、まだ始まったばかり。今回のアウェイでの勝ち点1をポジティブに捉え、次節につなげていくことが何よりも大切でしょう。

試合後、多くの選手たちが言っていたように、このような試合で確実に勝ち点3を取っていかなければ、タイトル奪取など不可能だという見方があります。しかし、その一方で、このような闘いを継続していければ、チームは必ずいい方向へ向っていくことを確信できたのも事実です。

それは、2つの点において、そのように言えると思います。

まず1つは、ムジリの存在です。

後半19分からの途中出場でしたが、約30分間という短時間に、決定的なラストパスを幾度も出し、パス1本で局面を打開できる能力を見せてくれました。ムジリがボールを持つと何かが起こるというチームの共通認識は、今後もサンフレッチェの大きな武器になるに違いありません。今後、試合を重ねていく中で、周囲とのコンビネーションがより増していけば、ますます、ムジリというカードの存在が光り輝いてくるでしょう。

そして、もう1つが、90分間をとおして球際の局面で激しく闘い、ハードワークしていた、ということです。

サンフレッチェ特有の攻撃サッカーは、攻撃時にいかに人数をかけながら、相手にとって危険なスペースに走ることができるかが生命線です。そして、それを支えているのが、球際の争いで競り勝ち、セカンドボールへの予測や切り替えの意識を高く保つことなのです。

何度かあった決定機を決めきれなかったという反省点はあるものの、ムジリというジョーカーを持っているということ、そして、全選手が激しく球際を闘っていたこと、この2点を考えれば、磐田戦のような闘い方をしている限り、サンフレッチェは間違いなく強くなっていくと思うのです。

このままサンフレサッカーを継続しよう!

110107-2011sanfure.jpg


コメント

コメントをお寄せください