2011年4月19日

クラブ史上最強チーム

リーグ再開まで1週間を切りました。

サンフレッチェ広島はリーグ戦中断期間中、チャリティーマッチを含め、ほぼ毎週末に練習試合を組み、ここまで、いいコンディションを保つことができました。

サンフレッチェ広島のOBとして、長年チームを見ていますが、現在のチームは、過去最高だと思っています。クラブ史上最強、と言ってもいいのではないでしょうか。

単純に昨年と比較しても、チームは間違いなくグレードアップしています。その要素を2つほど、挙げてみましょう。

まず1つ目は、新外国人ムジリの加入によって、サンフレッチェの攻撃パターンが一気に増すことです。

彼の良さは、シュート力、ラストパス、キープ力など、挙げればキリがありません。彼の持つポテンシャルの高いサッカーセンスが、チームに与える影響は計り知れません。

もちろん、ゴールやアシストなど、ムジリ個人のプレーがチームに直接影響を与えるでしょうが、彼のプレーによって、周りの選手たちの才能が引き出されるのではないかということに、僕は大いに期待しているのです。

まだまだ出し切れていない若い選手たちの潜在才能の数々が、視野の広いムジリのプレーによって引き出され、彼らを一気に成長させてくれるのではないか、と思うのです。

そして、ムジリ効果とともに、チームが強くなった要因として挙げられるのが、ハイレベルなポジション争いです。

これは、就任6年目のペトロヴィッチ監督の手腕により、若手選手が成長したこともありますが、今シーズンは、それプラス、本当の意味でのレベルの高いポジション争いが繰り広げられています。

そのキーマンとなっているのが、森崎ツインズ・カズ&浩司の存在です。

今シーズンは、キャンプからチームに帯同し続けて、ここまで順調に調整している森崎ツインズですが、彼らは、コンディションさえ問題なければ、必ずいいプレーをすることは、過去を振り返ってみても実証されています。

指揮官の立場からすれば、そんな選手に対し、絶大な信頼を寄せていることは言うまでもありません。

さらに、カズ・浩司は、ともに、複数のポジションを質を落とすことなく同一レベルにプレーすることのできるポテンシャルの高い選手なのです。

カズは、本来のポジションのボランチを含め、3バックの最終ラインはどこでもこなします。一方の浩司は、専門職のトップ下のポジションをはじめ、ボランチでも超一級品のプレーをチャリティーマッチでも見せてくれました。

彼ら2人の存在が、トップ下、ボランチ、3バック、それぞれのポジション争いを激化させており、日本代表クラスの選手すら、レギュラーが保障されない層の厚さを生み出しているのです。

以上のように、リーグ再開後は、ムジリ効果、森崎ツインズ効果により、さらにグレードアップしたサンフレッチェ広島が見られるのではないでしょうか。

準備は整いました。

クラブ史上最強チームが、Jリーグを席巻します!

110107-2011sanfure.jpg

コメント

コメントをお寄せください