2011年3月 7日

開幕戦はベターな結果

2011J1リーグ開幕戦のサンフレッチェ広島vs.ベガルタ仙台は、両チームとも決め手を欠き、0対0のドローに終わりました。

開幕戦独特の緊張感が、ビシビシと伝わってくる試合内容でしたが、サンフレッチェの選手たちのプレーに、硬さを感じたのは、僕だけでしょうか?

さて、サッカーは90分間の戦いで勝敗を決しますが、本当の闘いというのは、実は、キックオフ以前にあると思います。

リーグ戦では、事前に対戦相手を研究・分析して、相手を知った上で、本番に臨みます。
そこから、既に、闘いは始まっているわけですが、サンフレッチェは、相手を事前に知る、という点において、仙台よりも不利な状況にあったのではないかと思うのです。

サッカースタイルもメンバーも、ほぼ昨年と変わらないサンフレッチェに対し、仙台は、ほぼ完璧なサンフレ対策を講じて開幕戦に臨むことができたはずです。

一方、マルキーニョスなど、大型選手を大量補強をした仙台は、昨年とはまったく別のチームと言えます。サンフレッチェは、相手が、どういうサッカーをしてくるのか、やってみないとわからない、という部分があったのではないでしょうか。

そんな中、前半は特に、相手の出方を見ながら、リスクを極力回避して闘わざるをえなかったのです。もし、サンフレッチェの選手たちに硬さがあったとするのなら、それが原因ではないかと思います。

しかし、そんな状況でも慌てずにプレーし、後半は積極的な攻撃が随所に見受けられました。そして、90分間、集中を切らすことなく無失点に抑えて、勝ち点1をもぎ取ったことは、十分に評価できます。

“奪取!!”をスローガンに掲げた2011シーズンは、白星発進というベストなスタートを切れませんでしたけども、決して悪くはないベターなスタート、と言えるでしょう。

大切なのは、次節の大宮戦です。開幕戦で、王者・鹿島に引き分けた大宮の闘いを分析し、しっかりとした対策を練った上で、サンフレッチェの攻撃サッカーを真正面からぶつけてほしいと思います。

次節・大宮戦は、ベストな試合内容で、ベストな結果を期待しましょう!

110107-2011sanfure.jpg

コメント

コメントをお寄せください