2010年11月15日

負けパターンにはまったG大阪戦

第30節・ガンバ大阪vs.サンフレッチェ広島は、アジアチャンピオンズリーグ出場枠の3位以内を目指す両チームにとって、内容よりも結果が求められる試合だったはずです。
そして、それを実現したのは、ガンバ大阪でした。

この試合は、サンフレッチェのほうがゴール前での決定機をより多くつくっていたのではないでしょうか。それは、ガンバ大阪の倍の12本のシュートを打っていることからも明らかですし、また、ポゼッション率も断然にサンフレッチェがガンバ大阪を上回っていたと思います。
しかし、結果は0対2でサンフレッチェの完封負けだったのです。

サッカーでは、こういったケースがよくあります。そして、それを引き起こす際は、何かしらの原因が、必ずあるのです。

それは、致命的なミスを犯したとき。
開始10分の失点は、まさにそれであり、「プレゼントゴール」(ペトロヴィッチ監督)によってすべてのゲームプランが崩れた、典型的な負けパターンと言っていいでしょう。

そしてもう1つの原因が、決定機に決めきれなかったときです。
サンフレッチェは、序盤からサイドを崩して幾度となく決定的なシーンをつくり出していましたが、フリーで打ったシュートが、ゴールの枠を大きく外れたり、ポストに当たる不運などが重なって、得点に結び付けられませんでした。

このように、2つの負の要素が重なったサンフレッチェは、自らが負けパターンを引き寄せていったのです。

こういったことは、上位進出するためには、絶対にあってはならないことかもしれません。
しかし、サッカーではどんなに強いチームでも、十分にあり得ることなのです。そうであるなら、犯した過ちをクヨクヨするより、反省するべきところは反省し、それを糧にして次の試合に活かせばいいだけのことではないでしょうか。

この敗戦によって、3位以内が厳しくなったことは間違いありません。しかし、だからと言って、今までやってきたことから何かを変える必要はないと思います。これまでどおり、自分たちのサッカーを貫き通し、残り4試合を全力で戦い抜く。ただ、それだけです。

そうすれば、今回の“不運”が、次節には“幸運”に変わるかもしれません。

2010.jpg

コメント

コメントをお寄せください