2010年10月12日

ナビスコカップ準決勝第2戦

ヤマザキナビスコカップ準決勝第2戦を1―1で引き分けたサンフレッチェ広島は、2戦合計3―2で逃げ切り、初の決勝進出を決めました。

まだタイトルを手にしたわけではないので、浮かれるのは早いかもしれませんけど、サンフレイレブンが、決勝戦で国立のピッチに立つことを素直に喜びたいと思います。

こうしてみると、ペトロヴィッチ監督の就任以来、サンフレッチェは少しずつ確実に成長し、数々の成功を収めています。

成功の秘訣をまとめたものに、「運鈍根(うんどんこん)」(運根鈍ともいう)という言葉がありますが、準決勝第2戦のサンフレッチェは、これを実践していたように思うのです。

まず、「運」とは、幸運に恵まれることです。
この試合、サンフレッチェは、前半だけで相手のシュートが3本もクロスバーを直撃するという幸運に恵まれました。しかし、これは、選手たちの最後まで諦めない気持ち、絶対に優勝するんだという強い気持ちが、運を引き寄せたのだと思います。

次に、「鈍」とは、いい意味で鈍感になれ、ということ。
細かいことにこだわらず、図太い神経で立ち向かうことです。

エース寿人や、日本代表の槙野・西川の欠場など、不安要素を挙げればきりがないチーム状況の中、選手たちは図太い神経で戦い抜いてくれました。

そして最後に、「根」とは、根気があることです。
前半はロングボールを多用してしまい、サンフレッチェらしいサッカーが影を潜め、厳しい試合展開となりましたけど、後半は見事に立て直し、自分たちのサッカーを根気よくやり通していました。
その結果、生まれたのが、あの山岸の先制ゴールだったのです。
最終ラインからしっかりボールをつないで奪った先制点は、自分たちのサッカーを根気よくやり続けたから生まれたのではないでしょうか。

成功の秘訣「運・鈍・根」を実践し、見事、初の決勝進出を決めた紫の戦士たち。

11.3国立のピッチで、彼らは真の成功者になります。

2010.jpg

コメント

コメントをお寄せください