2010年8月30日

勝利への鍵は「ハイリスク」

「山形戦はサッカーではなく、闘いであり、戦争である」とペトロヴィッチ監督は言いました。
この「闘い」という表現には、2つの考え方があると思います。

まず1つは、「負けないこと」を前提とする考え方。
そしてもう1つは、「勝つこと」を前提とする考え方です。
最終目的は同じであっても、2つの違った考え方があるのです。

そして、前者の「負けないこと」を前提とした闘い方をするチームの代表格が、山形だと思います。
これは、負けないために、相手に対してスキをまったく与えずに守りを固め、極力リスクを負わずに、数少ないチャンスを活かそうとする戦術です。

一方のサンフレッチェは、後者の「勝つこと」を前提とした闘い方をするチームです。
勝つために自分たちの最大の武器である攻撃力を全面に押し出し、相手をねじ伏せるのがサンフレッチェのサッカーではないでしょうか。
そこには、自然発生的に相手にスキを与え、大きなリスクを伴います。リスク覚悟の上で攻撃するのがサンフレッチェのサッカーなのです。

このように、山形戦は、両極端なチーム同士の対決だったわけですが、この難しい「闘い」をサンフレッチェの攻撃サッカーが制したのです。
「ハイリスク」なサッカーが、「ローリスク」なサッカーを制したのです。

リーグ戦も20節を過ぎ、今後も山形のような守備意識の高い手ごわいチームとの対戦が、多く待ち構えています。特に、リーグ終盤戦になると、降格圏内のチームとの対戦では、山形以上に守備を固めて1ポイントをしぶとく奪いにくることも考えられます。
しかし、そのような状況でも、サンフレッチェは常に3ポイントを奪って上位争いをしなければなりません。

そのためには、山形戦でみせた「ハイリスク」な闘い方を貫き通してほしいと思います。

サンフレッチェのサッカーは、「ハイリスク・ハイリターン」なのです。

2010.jpg

コメント

コメントをお寄せください