2009年11月 2日

『美しさ』と『泥臭さ』

天皇杯3回戦、サンフレッチェは格下のJ2鳥栖に2対3で敗れました。

レギュラーメンバーの半数以上をケガで欠いていたことなど、負けた原因を挙げればいくつかあるのでしょうが、それは、まったく言い訳になりません。今回の敗戦は、自滅以外の何ものでもないでしょう。

ところで、試合後の会見で、鳥栖の岸野監督がこんなことを話されていました。
「僕は広島のサッカーが大好きなんです。広島は日本でもっともボールが動き、流れるチーム。つかみどころがないというか、イマジネーションがあるサッカーをする広島に勝てて、本当にうれしい」。

今シーズン、これまでにも、このような言葉を相手監督や選手たちから何度も聞かされた記憶があります。また、全国のサッカージャーナリストからも、サンフレサッカーを高く評価されてきました。

様々な方面からリスペクトされるサンフレッチェのエレガントでファンタジックなサッカーですが、鳥栖戦の敗戦を受けて、改めて僕は思いました。そのベースとなっているのは、
「泥臭いプレー」なのだ、と。

「相手より多く走り、より多くの汗をかいて、ハードワークすること。
これができたとき始めて、イマジネーションあふれるサンフレッチェらしい魅力的で美しいサッカーが展開されるのではないでしょうか。

今回の敗戦原因を1つ挙げるとするなら、その部分が欠けていたことに尽きると思います。
つまり、「泥臭いプレー」が欠けていた、と。

サンフレサッカーの素晴らしさは、誰もが認めています。だからこそ、サンフレッチェには勝ってほしいし、強いチームになってもらいたいのです。いや、強くならなければいけない、という表現の方が適切かもしれません。サンフレッチェには、今や、それだけの責任がある、と僕は思います。

けが人が続出するなど、チーム状況は今現在、今シーズン最悪と言っていいでしょう。しかし、今シーズンここまでの素晴らしい戦いを無駄にしないためにも、今こそチーム一丸となって、『走力結蹴』して全力で戦い抜いてもらいたいと思います。

泣いても笑っても残り4試合!
サンフレッチェらしいサッカーで、有終の美を飾りましょう!


コメント

コメントをお寄せください