2009年6月15日

無念! ナビスコカップ敗退!

Jリーグヤマザキナビスコカップ予選リーグの全日程が終了し、サンフレッチェは3勝2敗1分け、勝ち点10の3位で惜しくも決勝トーナメント進出を逃す結果となりました。

今年は、選手もサポーターも、すべてのクラブ関係者が、ナビスコカップのタイトルを強く意識して闘ってきただけに、ショックを隠しきれません。
過去、浦和レッズなど、ナビスコカップのタイトルを取ったチームが、それを境に強豪クラブへと成長していった例がたくさんあるように、サンフレッチェもタイトルを奪い、強豪クラブの仲間入りを果たしてほしかったというのが、僕の正直な気持ちです。

ただ、決して悲観する闘いぶりだったわけではなく、むしろ素晴らしい試合を見せてくれたと思います。タイトルを懸けた約1ヶ月間の厳しい闘いを通じ、チームは急成長を遂げたのではないでしょうか。

今回のナビスコカップは、厳しい連戦が続く中での闘いを通して、若手が着実に成長していることがはっきりと見えました。また、槙野・ストヤノフの代表組や森崎兄弟を欠き、さらには多くのケガ人を抱える中でも、安定した闘いができたのは、チーム力が上がったからに他ありません。決勝トーナメント進出は果たせなかったものの、サンフレッチェの明るい未来を予感させる1ヶ月間だったのではないでしょうか。

一方、決勝トーナメント進出を逃すことになった磐田戦の敗戦は、「1点の重み」という教訓を得た試合でもありました。

勝負の世界で、“たら…れば…”を言ってはいけませんが、もし、あと1点奪っていれば、引き分けに持ち込み、決勝トーナメント進出が決まっていたわけです。
“天国”と“地獄”を分けた「1点の重み」を選手たちは、嫌というほど感じたでしょうし、そこから何かを学び取り、今後に活かさなければなりません。それは、これから再開されるリーグ戦にすべてが懸かっていることは言うまでもありません。

最後は悔しい終わり方になってしまいましたが、今回のナビスコカップで得た経験をチーム全体でいかにリーグ戦につなげるかが重要になってくるでしょう。

次なる闘いの場、リーグ戦に集中しましょう!

コメント

コメントをお寄せください