2009年4月13日

連動した守備

アジア王者のG大阪を試合内容で圧倒し、今シーズンのベストゲームをしたサンフレッチェにとって、柏レイソルとのホームでの1戦は、今後、上位に進出していくために、何が何でも勝たなければならない重要な試合でした。そして、その期待通り、サンフレッチェが誇るJナンバー1とも言える攻撃力が大爆発し、4得点の大勝となりました。

いずれも素晴らしいゴールでしたが、その中でも3点目の柏木陽介のゴールが、僕は特に印象に残っています。その陰には、素晴らしい守備があったのではないかと思います。

そのシーンを振り返ってみると、あの時、相手陣内でボールを持つ選手に対し、まずは、高柳一誠が強烈なプレスをかけ、ボールを奪いに行きました。そして、相手選手が苦し紛れのパスを出したところに、佐藤寿人が続けざまにディフェンスに入り、見事、2人でボールを奪取し、すぐさま攻撃に転じて、それを得点に結びつけたのです。

高柳のこのプレスが、「今、ボールを奪うところだ!行くぞ!」という強烈なメッセージとなり、近くにいた寿人がそれに見事、反応したのです。ボールの奪いどころを複数の選手(一誠と寿人)が同時に察知し、連動した守備から素早く攻撃に転じたことが、得点に結びついたと言えます。

「いい攻撃は、いい守備から」とよく言われますが、まさに、その見本が3点目のシーンではないでしょうか。特に、ボールを奪うエリアが、相手ゴールに近ければ近いほど、より得点に直結する可能性が高くなります。

もし、あのシーンで、高柳1人だけの守備であったなら、ボールを奪えていなかったでしょう。長い距離を走ってプレスをかけに行った高柳の頑張りは、無駄に終わっていたのです。「今が奪いどころだ!」という高柳の気持ちに寿人が応えたからこそ、あのエリアでボールを奪うことができ、それがゴールに直結したのだと思います。

このような素晴らしい守備が多く見られるようになれば、サンフレッチェの得点数は、更に増えていくのではないでしょうか。

Jナンバー1の得点数を誇るサンフレッチェの攻撃力は、“連動した守備”が原点なのかもしれません。

コメント

コメントをお寄せください