2009年4月 6日

アジア王者・ガンバ戦で見えた光

アジア王者のガンバ大阪に、2対2のドロー。
この結果は、「勝利に値する価値ある勝ち点1」なのか、それとも、「勝ち点3を逃した悔しい試合」なのか、捉え方は人それぞれでしょう。けれど、そんなことどうでもいい、と感じさせるほどのナイスゲームだった、と僕は思います。

1人のサッカーファンとして、単純にサッカーというスポーツを楽しませてもらいましたし、サッカーの醍醐味を思う存分味わうことができました。サンフレッチェ広島、ガンバ大阪、この両チームが雨の中、繰り広げた素晴らしい戦いを見終えた僕は、何だか清々しい気分に浸っていました。

このような試合が数多く見られるようになれば、自然とJリーグのレベルが上がっていくのではないでしょうか。
今後、ガンバ大阪やサンフレッチェ広島のサッカースタイルが、日本のサッカーをリードしていくような気がしてなりません。
そのためには、サンフレッチェ広島もガンバ大阪のように、常に上位に食い込んでいくことが求められます。次節・柏戦は、この素晴らしいサッカーで結果(勝ち点3)を出すこと、ただそれだけです。

さて、この試合で、敵味方関係なく、スタンドの観客からどよめきを起こさせるプレーをした選手がいました。この日、リーグ戦初ゴールを叩き出したサンフレッチェ広島・高柳一誠がその人です。

僕の記憶が確かなら、スタンドがどよめいたのは、前半と後半に1度ずつ、計2度ありました。それは、共に、高柳のドリブルシーンでした。相手DFの厳しいマークをもろともしない力強いドリブルに観客は魅了されたのです。そこには、ハイレベルな幾つかの要素があったと思います。

まずは、厳しいマークを受けながら、足からボールが離れない“スキルの高さ”。
次に、身体を回転させながらも重心がブレない“強靭なフィジカル”。
そして、何とかしてドリブルで局面を打開しようとする“強いメンタリティ”。

重戦車ばりの力強いドリブルは、高柳の持つポテンシャルの高さが垣間見られました。
このプレーがきっかけとなり、高柳一誠が覚醒するのではないか、そんなことを期待せずにはいられません。


コメント

コメントをお寄せください