2009年3月23日

開幕3戦を終えての感想

サンフレッチェは、2年ぶりのJ1の舞台となる開幕戦で、強豪・横浜Fマリノスに快勝しましたが、続くホーム開幕の大宮戦では、先制しながらも惜しくも逆転負けを喫しました。
そして、1勝1敗で迎えた第3戦目は、リーグ戦3連覇を目指す王者・鹿島アントラーズ。
結果は、終了間際のロスタイムにゴールを許し、1対2で敗れてしまいました。

残念で虚しい敗戦でしたが、その中でも、よかった点があったと思います。
それは、前節の大宮戦で見つかった課題点を修正して試合に挑んだ、ということです。
大宮戦では、リードしている状況でも無理に攻撃に出てバランスを崩してしまい、逆転負けを喫しました。その反省から、鹿島戦では、攻守のバランスを重視した、手堅い戦いをしていたように思います。今回は、それを勝ち点に結びつけられませんでしたが、先制されながらも、一時は同点に追いつき、王者・鹿島を苦しめたことは、チームが成長している証拠ではないでしょうか。

リーグ戦はまだ3試合が終わったばかりです。
1つの試合で見つかった課題を修正して、次の試合に挑む。
この地道な作業を繰り返し行なっていけば、着実にチーム力は向上し、勝ち点の積み重ねへと結びついていくのではないか、と僕は信じています。

では、鹿島戦で見えた課題は何でしょう?
それは、開幕時からずっと指摘されている“セットプレーからの失点”です。
これは、対処するディフェンダーが、ボールにつられてボールウォッチャーになり、マークする相手を一瞬、見失っているところに大きな問題があります。
この課題を克服するには、日々のトレーニング以外にないので、徹底した反復練習によって修正強化してほしいと思います。

今後のリーグ戦は、G大阪、柏、新潟、川崎、名古屋という強豪との対戦が続き、これまで以上に厳しい戦いの連続になるでしょう。
この序盤戦を乗り切るためには、自分たちのサッカーを信じて、それを貫き通すことは言うまでもありません。そして、それをベースに、時には大胆に、時には堅実に試合を進めていく臨機応変さが必要になってくるのではないでしょうか。

強豪との対戦が続く序盤戦は、チームが成長する絶好のチャンスです!!

コメント

コメントをお寄せください