2008年7月29日

アウェイのスタンドを見て感じたこと

先日の横浜FC戦を、僕はテレビの前で観戦したのですが、試合開始前に映し出される画面を見て、正直驚きました。
それは、紫のサポーターの数に、です。
アウェイの地にもかかわらず、この日のサンフレゴール裏は、紫のサポーターでギッシリ埋め尽くされていたのです。どちらがホームチームなのかを疑いたくなるようでした。
実は、その前の試合(第27節・C大阪戦)も、これと同じような現象が起きていたのです。
アウェイチームのサンフレサポーターが、ホームチームのC大阪サポーターを、数と勢いで圧倒していました。

このように、ここ最近、サンフレサポーターが全国各地に急増しているように思います。
J2という格下のカテゴリーに降格したにもかかわらず…。

それは、サンフレッチェが今、魅力的なサッカーをしている証ではないか、と僕は思います。ファンやサポーターが最も期待する勝利をつかみつつ、試合内容でもサポーターの心をつかむエキサイティングなサッカーをしているからではないでしょうか。

2位以下との勝ち点差を大きく引き離し、独走態勢に突入した感のあるサンフレッチェですが、ここにきてケガ人が続出し、実は今、満身創痍(まんしんそうい)の状況です。けれど、今現在の選手層を含めたチーム力を持ってさえすれば、今後も大きな崩れは考えられないでしょう。逆に、昇格争いをするチームが、星のつぶし合いをする中で、より一層、独走することが考えられます。そこで最も注意しなければならないのが、“中だるみ”に陥ることでしょう。

1年でJ1に復帰することは、もはや当たり前のこと。
今後は、2位以下との差を、どれだけ離してフィニッシュするかを意識しながら戦って欲しい、と思います。
目指すは、年間総勝ち点数100!

そして、これからは、来シーズン以降に向けて、J1の舞台でサンフレ旋風を巻き起こすだけの下地をつくることが大切です。つまり、勝ちながら、より多くの人たちの心をつかむ魅力的なサッカーをしていく、ということです。

そうすれば、近い将来、地方都市のサンフレッチェ広島が、日本有数の強豪クラブへと成長するのではないか、と僕は思います。

先日の横浜FCにおける、ピッチで戦う選手たちと、紫色に埋め尽くされたスタンドをテレビ画面で見たとき、そんなことが頭によぎりました。

日本一のクラブを夢見て、今を戦いましょう!


sanfre

コメント

コメントをお寄せください