2008年7月 7日

2点差となるゴールを

第24節・熊本戦は、後半戦のスタートという大事な試合でしたが、結果は痛恨の引き分け。
サンフレッチェは下位のチームに対し、勝ち点2を取りこぼす結果となりました。

前節の山形戦に続き、この試合も2失点。リーグ最小失点を誇る守備力の安定が、ここまでのチームを支えていただけに、ここ最近の失点数の多さが気になります。

熊本戦の2つの失点は、共に、自分たちの単純なミスが原因であり、課題は明白です。
けれど、今回は、また別の角度から見えた課題を1つ挙げてみたい、と思います。

この試合は、後半10分に寿人のPKで2対1と勝ち越し、その12分後に失点し、同点に追いつかれた訳ですが、僕は、この12分間に、サンフレッチェが今現在、抱えている課題を見たような気がします。
それは、2対1と勝ち越した後、相手の息の根を止めるゴール(2点差となるゴール)を取りきれていない、ということです。

この試合でも、そういうチャンスは何度もありました。
それを確実に決めていれば、もっと余裕を持って自分たちでゲームをコントロールできたでしょうし、リスクマネジメントも、しっかりできたのではないか、と思うのです。
つまり、2点差となるゴールでトドメを刺していれば、2つ目の失点は生まれていなかった、と。

ストヤノフの出場停止により、チーム全体の守備に、何かしらのほころびが生じたことは確かです。けれど、何故、あのような失点が生じてしまったのかを、チーム全体で検証し、反省しなければなりません。そして、それと同時に見えたチームの課題を克服していくことが重要です。

1点リードした後、2点差となるトドメのゴールを奪う意識を、チーム全体でもっと高める必要がある、ということを。

トドメを刺して、勝利をつかみ取れ!


sanfre

コメント

カズをボランチで起用しないから。

ただそれだけじゃないですか。

いい加減あの監督に気づいてほしいです。

無理かなー

投稿者 カープファン : 2008年7月 8日 14:21

カズをボランチとか4バックにすれば良いとか
サッカーはそんな単純じゃないですよ

投稿者 もん : 2008年7月10日 22:30

コメントをお寄せください

コメント(2)

カズをボランチで起用しないから。

ただそれだけじゃないですか。

いい加減あの監督に気づいてほしいです。

無理かなー

カズをボランチとか4バックにすれば良いとか
サッカーはそんな単純じゃないですよ