2008年4月30日

受動的⇔能動的

「こういうサッカーを続けていては、勝てなくなります。みんなで考え方を変えていかないと」。
これは、第9節・熊本戦後、森崎(和)選手が興奮気味に発したコメントです。

2対1で勝利した熊本戦は、苦戦しながらも勝ち点3を奪い、首位をがっちりキープしました。けれど、冒頭の森崎(和)の言葉とおり、全く喜べない試合内容だったのです。
では、何が原因で、このような試合になってしまったのでしょうか?

それは、攻撃も守備も、すべての面において受身にまわっていたことではないか、と思います。自分たち自らが「こうしよう」と意図的に行動するのではなく、すべてのプレーが、相手のアクションを受けてから発していたように思います。ですから、出足の1歩が遅れ、球際の競り合いでも負け、すべてのプレーが後手後手になったのです。
自分たちのサッカーを“する”のではなく、サッカーを“させられる”といった感じでしょうか。
受動的(すべてにおいて、ことの対処の仕方が受身)であったことが、この試合における最大の反省点でしょう。

一方、昨日の第10節・徳島戦は、前節の反省を活かした見事な試合内容でした。
熊本戦の受動的なサッカーから一変し、自分から積極的に仕掛けていくサンフレッチェらしい能動的な攻撃サッカーが復活したのです。
パスコースを読んだインターセプト、スペースを作り出すフリーランニング、大きなサイドチェンジ、イマジネーション豊富なダイレクトパス、などなど…。
このようなサッカーが継続して出来るようになった時、J2リーグはサンフレッチェの独壇場になるのではないでしょうか。

連戦が続く5月戦線は、前半戦の山場と言ってもいいでしょう。これが、吉と出るか、凶と出るかは、選手1人ひとりの気持ち次第。苦しい状況でも、積極的に仕掛けていく能動的な攻撃サッカーをどれだけ出来るかが、今後の重要なポイントです。
すべてのチームが連戦で苦しんでいる今こそ、圧倒的な選手層を誇るサンフレッチェが、他チームより1歩先に抜きん出るチャンスなのかもしれません。

強いサンフレッチェが、僕たちのホームに戻ってきます!
GWは、ビッグアーチに行こう!


sanfre

コメント

コメントをお寄せください