2008年4月22日

油断大敵

今シーズンの初黒星を喫した甲府戦を一言で表すなら、「油断」という言葉に尽きると思います。
早い時間帯に先制した試合で、えてして起こりがちな、典型的な悪いパターンに陥ってしまいました。

ペトロヴィッチ監督就任以来、未だ勝利のない甲府に対し、サンフレッチェは試合開始から積極的に攻め立て、苦手意識を全く感じさせない素晴らしいサッカーをしていました。
そして、前半4分に、大胆なサイドチェンジからチャンスを作り、先制ゴールをゲット!「今日こそ、苦手・甲府に勝てる」。誰もがそう思ったに違いありません。
しかし、結果的には、この(早すぎる)ゴールが、チーム全体に油断を与えてしまうことになりました。
「今日のゲームは、きっと自分たちのペースで優位に進められるだろう」という安易な気持ちから生じる油断です。
その油断から、1つ1つのプレーが軽くなり、イージーミスを連発することによって、集中力が落ちていったのです。

1失点目も2失点目も、相手に完全に崩されて許した失点ではありませんでした。
自分たちの単純極まりないミスによる失点です。
ポジショニングのミス、判断のミスなど、様々な原因があるでしょうが、1番の原因は、油断から生じた集中力の欠如ではないでしょうか。

前節のC大阪戦で、今シーズンのベストゲームをし、「さあ!これから!」という時だっただけに、ガッカリしましたし、裏切られた気持ちで一杯です。
この日も、1万人を超える多くのサポーターが、C大阪戦の時のような攻撃的サッカーに期待し、強いサンフレッチェを見に来ていました。そんな人たちの期待を裏切ってしまったことを、選手1人ひとり、しっかりと受け止めて欲しい、と思います。

けれど、どんなに強いチームであっても、このような過ちは起こりうるものです。
それを良い教訓にしてプラスに転換できるかどうかが、強者の条件ではないか、と僕は思います。
サンフレッチェが真の強者に成長するためには、今回のような過ちを2度と繰り返さないこと。次節の熊本戦は、気持ちを切り替えて、チャレンジャー精神を前面に出して戦って欲しい、と思います。

戦いは常に油断大敵です!


sanfre

コメント

コメントをお寄せください