2007年10月10日

エースの存在

磐田戦の敗戦後、サポーター席からは、激しいブーイングが発せられました。
2試合連続のホームでの完封負け、しかも4連敗しているチームの低迷に、サポーターは苦しんでいます。けれど、誰よりも苦しんでいるのは、ピッチ上で必死に戦っている選手たちです。今後、選手とサポーターが、この状況をどう打開していくのか、サンフレの真価が問われる時だ、と思います。

さて、磐田戦は前節の鹿島戦同様、いい試合内容ながらも結果に結びつけられませんでした。けれど、この2試合を冷静に振り返ってみて、1つ言えることがあります。それは、守備意識が向上し、安定した戦いができるようになってきた、ということ。
守備が完全崩壊していた一時期の頃と比較すれば、間違いなく今現在のチーム状況は良くなっている、と思います。それは数字(失点数)が示しています。
そして、この守備の立て直しに貢献している1番の要因は、“フォア・ザ・チーム”に徹する佐藤寿人選手の献身的な守備にあるのではないか、と僕は思っています。
ただ、その反面、彼の得点が極端に減っているのも事実。そして、それが勝利から遠ざかっている大きな原因になっているのもまた事実。
この攻守における矛盾が、今現在、チームの抱えている課題なのかもしれません。

リーグ前半戦、チームを勝利に導いたのは、寿人を中心とした爆発的な攻撃力でした。苦しい時、寿人のゴールが、これまで何度もチームを救ってきました。そして今は、J1残留に向けて、チームのために自分を犠牲にしながら、守備面でも貢献し、チームを引っ張っています。

チームのエースが決めた1点は特別なものです。1点以上の重みがあります。チーム全体に勢いを与え、勇気を与えます。そして、“フォア・ザ・チーム”に徹するエースの献身的な守備は、仲間の士気を高めます。特に、チームメイトが苦しんでいる時には尚更です。

ならば、J2降格の危機に直面している今、チームを救えるのは、佐藤寿人ではないか、と思うのです。ストライカーとしてゴールを期待すると同時に、今までと同様に、守備面でもチームに貢献して欲しいのです。これは、容易なことではありません。でも、彼なら、きっとやってくれるはず。

がむしゃらにボールへ食らいついていく寿人の姿は、仲間たちの闘志を増幅させるでしょう。そして、寿人のゴールが、みんなに勇気を与え、チームを蘇らせるのです。
J1残留を賭けた残り6試合、攻守両面における寿人の1つひとつのプレーに注目してください。彼なら、きっと、僕たちサポーターの期待に応えてくれます。

satou


なぜなら、佐藤寿人は、サンフレのエースだから。

sanfre

コメント

コメントをお寄せください