2007年10月30日

最後まで闘い抜こう!

サッカーは人生同様、何が起こるかわかりません。
第30節・千葉戦は、サッカーの怖さを改めて感じさせられた試合でした。

エース寿人の12試合ぶりのゴールもあり、89分までは2対0でリードし、素晴らしい試合内容だった、と思います。全選手がよく走り、球際も激しく戦っていて、久しぶりに、サンフレらしい攻撃的なサッカーが甦っていたのではないでしょうか。しかし、その後1点を失い、ロスタイムに突入。3分間のロスタイムに悲劇は起きました。
それまでの積極的なプレーが、この間だけ、受身に回ってしまい、そこをつかれて同点にされてしまったのです。通常では起こりえないことが起こる、これこそ、“J1残留争い”というプレッシャーの仕業でしょう。

サンフレサッカーの良さとは、攻撃面・守備面ともに、積極的な攻めの姿勢、チャレンジャー精神にある、と僕は思います。
ロスタイムの3分間は、それが欠けていたのではないでしょうか。
つまり、技術や戦術の問題ではなく、気持ちの部分にあるのではないか、と。

目の前の勝利がスルスルっと逃げて2ポイントを失い、選手もサポーターも大きなショックを受けているでしょう。僕もそうです。けれど、この失敗を次に活かさなければいけません。残り4試合は、全てが生死を賭けた闘いになるでしょう。
今後、強豪チームを相手に、もしかしたら1点や2点のビハインドを背負う場合があるかもしれません。そんな時も、絶対に諦めないでプレーすること。今回、相手にやられたことを、今度は逆にやり返してもらいたい、と思います。
最後の最後まで諦めずに、勇気を出して戦い抜いて欲しいのです。

それは、サポーターも一緒です。
千葉戦の試合終了後、うなだれてロッカールームへ引き上げる選手たちに向け、多くのサポーターは泣き叫ぶような声で“サンフレッチェ・コール”を連呼しました。
「絶対に諦めるな!」という想いを込めて。
『共闘』を合言葉にして最後まで選手と共に闘った千葉戦のように、残り4試合も選手を力強くサポートして欲しい、と思います。苦しいでしょうが、是非、続けて欲しいのです。

そして選手たちに、これだけは言いたい、と思います。
「こんな力強い味方が、みんなの後ろにはついているんだぞ!」と。
だから、残り4試合、勇気と自信を持って迷わず闘って欲しい!
そうすれば、必ず道は開ける!


sanfre

コメント

吉田さん,初めまして。
サッカーのことはよく分かりませんが,
サンフレは大好きです。宜しくお願いします。

神戸戦は悔しいドローでしたが,
勝ち点1を上げることが出来たのが
せめてもの救いです。

ところで,どうしてサンフレの布陣は
結果が出ていないのにあんまりかわらないのですか?
(多少変わっているかもしれませんが…)

チームの戦術っていうことなんですか?
素人目に見て調子の良い人を起用して
起爆剤にすれば?と思うのは甘いですか?

それとどうして有力な選手を他チームに放出するのですか?

トゥーリオ選手,茂木選手,
上野選手もいつの間にかいなくなってました…。
前田選手はレンタル中なんですね。

そんなことはさておき,
僕も絶対諦めません!
こんなに勝てなくてもまだ残留の望みはあります。
ある意味まだ「ツキ」はあると思います。

12.1のガンバ戦はビッグアーチに行きます。
それまでに勝ち点3がとれることを願って!

せめてサンフレだけは「残留」して!

投稿者 参拝翁 : 2007年11月20日 01:09

コメントをお寄せください

コメント(1)

吉田さん,初めまして。
サッカーのことはよく分かりませんが,
サンフレは大好きです。宜しくお願いします。

神戸戦は悔しいドローでしたが,
勝ち点1を上げることが出来たのが
せめてもの救いです。

ところで,どうしてサンフレの布陣は
結果が出ていないのにあんまりかわらないのですか?
(多少変わっているかもしれませんが…)

チームの戦術っていうことなんですか?
素人目に見て調子の良い人を起用して
起爆剤にすれば?と思うのは甘いですか?

それとどうして有力な選手を他チームに放出するのですか?

トゥーリオ選手,茂木選手,
上野選手もいつの間にかいなくなってました…。
前田選手はレンタル中なんですね。

そんなことはさておき,
僕も絶対諦めません!
こんなに勝てなくてもまだ残留の望みはあります。
ある意味まだ「ツキ」はあると思います。

12.1のガンバ戦はビッグアーチに行きます。
それまでに勝ち点3がとれることを願って!

せめてサンフレだけは「残留」して!