2007年8月21日

価値ある完封勝利

第21節・大分戦、サンフレは2対0で快勝して、連敗を5で止めました。この勝利によって今後、リーグ終盤戦に向けて、上位進出への足がかりをつかむことができたのではないでしょうか。
そして、今回の勝利の影には、2つのポイントがある、と僕は思います。

まずは、サンフレの目指すサッカーである「走るサッカー」を実践できたこと。
それをチームに思い起こさせてくれたのが、これまで出場機会が少なかった、李、高柳、桑田の3選手です。彼ら3人は、それぞれのプレースタイルの特徴を活かしながら、体力の限界まで、チームのためにハードワークをしていました。セカンドボールをほぼ支配し、2次攻撃、3次攻撃に移れたのは、彼ら3選手の惜しみない運動量があってこそのこと。
チームの勝利のために走ること、ハードワークすることの大切さを、改めて気付かせてくれたのが若い3選手であったことに、チームとしての成長を感じることができました。

次に、攻撃的なサッカーで無失点に抑えたこと。
8月にリーグ戦が再開されて以来、3試合で9失点のチーム状況を考えれば、通常、無意識的にディフェンシブな戦いになりがちです。けれど、この試合、全くそんなことはありませんでした。いや、それどころか、今まで以上に攻撃的なサッカーを見せてくれたのです。
その象徴が、最終ラインの3バック。戸田、カズ、槙野の3選手は、常にDFラインを高く保ち、ボールを持った際、前にスペースがあれば積極的にドリブルで押し上げて、攻撃の起点になっていたのです。このように、守備的なサッカーで完封勝利したのではなく、攻撃的に戦って無失点に抑えたことに大きな価値がある、と思うのです。

以上の2点は、ペトロヴィッチ監督就任以来、ずっと選手たちに言い続けていることでもあります。
つまり、5連敗して苦しんでいる中でも、チームの方向性を変えずに、自分たちのサッカーを貫き通した、ということです。これこそが、とても重要であり、そして、評価されることではないでしょうか。

これからもサンフレは、勝つこともあれば、不甲斐なく負けることもあるでしょう。けれど、強い信念を持った監督の下で選手が一丸となって戦っていけば、必ずや、魅力的な素晴らしいチームになるはずです。

美しく楽しいサッカーをするチーム、且つ、強いチーム。
そんな理想を求め続けていきましょう!

sanfre

コメント

コメントをお寄せください