2007年8月 2日

ポリバレント

日本代表オシム監督就任以来、「ポリバレント」という言葉が頻繁に使用されています。
「ポリバレント(polyvalent)」は、「多様な原子価を持つ」といった意味の科学用語です。

そして、サッカーにおける「ポリバレント」とは、攻撃も守備もできて、複数のポジションを臨機応変にこなすことを言い、現代サッカーにおいて、そういった選手がチームには必要不可欠です。

では、「サンフレで1番ポリバレントな選手は誰?」と問われ場合、皆さんはどう答えますか?
僕は、間髪入れずに“駒野友一”と答えるでしょう。

 



駒野は、サンフレでは右サイドバック、代表では左サイドバックのポジションで、攻守にわたって常に高いパフォーマンスを発揮しています。また、昨年はストッパーを任されたこともありました。そこでも、抜群な守備能力の高さを実証したことは、記憶に新しいのではないでしょうか。



そして今週水曜日、戸田、森崎(和)の両DFを出場停止で欠く浦和戦では、自身初体験となるリベロのポジションに入りました。4失点して負けたことは残念ですが、駒野自身のプレーに関しては、素晴らしいパフォーマンスだった、と思います。また新たなポリバレント能力を発揮したのではないでしょうか。

 



複数のポジションをこなすことのできる選手を「ユーティリティープレーヤー」と言いますが、「ポリバレント」は、それとは少し趣が異なっています。
「ユーティリティー」とは、負傷などで選手が欠場した際、その穴を埋めるための有能な選手、という意味合いがありますが、「ポリバレント」は、それにプラスαがあります。

それは、試合の流れを察知し、さまざまな役割を果たす順応性。

浦和戦で駒野は、間違いなく誰よりもポリバレントな力を発揮したことは確かです。
けれど、彼ほどの選手ならば、試合の流れに応じて、もっと自分の判断で臨機応変にプレースタイルを変えられたはずです。
それほどまでに高いレベルを追求したいプレーヤー、それが駒野友一なのです。
駒野は、ペトロヴィッチ監督が目指す「考えて走るサッカー」における究極の選手と言えるでしょう。


 

日々、進化し続ける駒野のポリバレントな能力は、今後、サンフレの大きな武器になるに違いありません。
いや、日本サッカー界の武器になるのではないでしょうか。

sanfre


 



 


コメント

コメントをお寄せください