2007年7月24日

若い選手たちへ

リーグ戦再開となる、8月1日の浦和戦が迫ってきました。
戸田、森崎(和)の両DFが累積警告で同時に欠場することになったこの1戦を、サンフレは若い力で挑みます。
おそらく浦和戦は、戸田のポジションには高萩が、森崎(和)のポジションには槙野が入ってくるのではないでしょうか。

7月21日に行なわれた神戸とのテストマッチでは、高萩、槙野ともに、素晴らしいプレーを見せ、浦和戦への手ごたえを掴んだのではないか、と思います。

そこで、今回のコラムは、彼ら若い選手たちに望む、僕なりの思いを書かせてもらいます。

選手は誰もが、それぞれに得意なプレーと、そうでないプレーがあります。
経験の少ない若い選手であれば尚更です。そんな選手が大事な試合を任された場合、いつもより慎重なプレーを意識しがちになるのは当然です。そこで、よくありがちなのが、慎重になりすぎる余り、自分のストロングポイント(持ち味)を発揮できなくなるケースです。

高萩の持ち味は、高い技術を伴った正確なプレーですし、槙野は、1対1での高い守備力とヘディングの強さでしょう。
まずは、自分の得意とするプレーに関しては、ピッチ上では絶対に誰にも負けない、という強い自信を持って挑んで欲しい、と思います。
試合の中でそれが出来ていれば、全てのプレーにおいて何かしらの余裕が生まれ、自分なりのペースを掴めるものです。

ペトロヴィッチ監督は、彼らに対し、経験豊富な戸田や森崎(和)と同じプレースタイルを望んではいないはず。むしろ、この両主力選手にはない、また違ったプレーを期待しているはずです。それは、自分自身のストロングポイントをピッチで表現することに他ありません。そして、この積み重ねこそが、若い選手たちにとって、貴重な経験となり、将来、チームの中心選手へと成長させるのだ、と思います。
8月1日、真っ赤に染まった完全アウェイの地で暴れまくる、若き紫の戦士たちに注目です!

まずは、自分のキャラクターをピッチで思う存分に表現しよう!
それが、自分自身のため、そして、チームのためになるのだから!

sanfre

コメント

コメントをお寄せください