2007年7月10日

サンフレのチームカラー

クラブ史上初となるナビスコカップ決勝トーナメント準々決勝第1戦、サンフレは、主力5選手(駒野、佐藤寿、柏木、槙野、平繁)を欠く厳しい状況にもかかわらず、ほぼベストメンバーの鹿島に1対0で勝利しました。これは、次節アウェイでの第2戦につながる価値ある勝利であり、今後、準決勝に進出する上での大きな1歩、と言えます。
ただ、この勝利は、また違った意味において、それ以上の価値がある、と僕は思うのです。

各チームには、それぞれに伝統的なチームカラー(特徴・持ち味)があります。
では、サンフレのそれは何でしょう? 僕は、こう思います。強固なチームワークだ、と。

この持ち味は、僕がサンフレに在籍していた時に身をもって感じていたことですが、これは、それ以前から、伝統的に受け継がれてきたものです。
日本リーグ時代のマツダ、東洋工業の時からずっと…。

1人のスパースターに頼るのではなく、チーム全員が気持ちをひとつにして、高い目標に向かって突き進む。これが、サンフレ伝統のチームカラーです。

今回の鹿島戦では、この強固なチームワークが発揮されたからこそ、強豪・鹿島に完封勝利できたのだ、と思います。
そこで、6月のリーグ戦で1勝もできなかった時のチームを思い出してみてください。
あの時、ここまでの強固なチームワークが発揮されていたでしょうか?
選手1人ひとりが、少しずつ違った考えを持ちながらピッチに立っていなかったでしょうか?
今回、主力選手数名を欠き、劣勢が予想される中で、選手たちは、どうすれば強豪・鹿島と互角に戦えるか?勝利をつかめるか?を全員で考えたはずです。その結果、あのような素晴らしいサッカーが自然と生まれたのです。

これは、サンフレ伝統の“チームワーク”でつかんだ勝利であり、それが、冒頭に述べた、違った意味においての価値なのです。

アウェイでの第2戦は、更に厳しい戦いになるでしょう。
けれど、サンフレの伝統としてこれまで受け継がれてきたチームカラーを前面に出せば、第1戦と同様、必ず素晴らしい試合ができるはず。
心をひとつにして“チームワーク”で鹿島に勝り、準決勝に進出するのです!

また再び、広島ビッグアーチに戻ってこよう!

sanfre

コメント

コメントをお寄せください